2019年07月17日 (水)【北海道②】原野を抜けると・・・



幌延ビジターセンターから
2日目のスタートは
幌延ビジターセンター展望台から。
サロベツ原野を一望!




原野もチョット散策
周辺をちょっと散策...

 

 

 

 

 


日本海へ・・・

原野を抜けると・・・
日本海へ出た!

 

 

 

 

 

 

オロロンルート
海岸沿いのオロロンルートを行くと
大きな風車が並んでいた。

 

 

 



 

巨大な風車!!
これは、オトンルイ風力発電。
風車を近くで見ると巨大!!

 

 

 

 

 

のっぱらで休憩
野っぱらで休憩。
正平さん、わかるかな??

7時からのとうちゃこ版では
『土曜の一杯のかけそば』事件を捜査する火野刑事が登場!
おたのしみに(^^)/

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

半ドン。令和の世では死語ですね。
昭和の世では、土曜日は午前仕事、午後休みが懐かしいです。

投稿日時:2019年07月18日 20:44 | ヒロリン

オープニングの、階段上りでの監督との攻防~。
お天気が良くなかったのも気持ちが渋る原因になりますよね。

今日も装いが素敵でした。
ピンクのレインコートかわいい~。
脱いだらスカーフ、トップスが青のグラデーション。
上着は真っ白で色のバランスがすばらしいー。
長靴?の長さまで全体のコーディネートが絶妙だー。

お手紙がかわいくてほんわかする内容。
書かれた言葉をよーく吟味して、お父様がおそばを買った場所を
探し当てた(再度記憶を整理してもらった)。解決!

投稿日時:2019年07月18日 04:46 | るる

天塩川歴史資料館。赤レンガはおもむきがあり、重厚さを感じます。明治時代の建物なのかな?
役場、小学校、商店。すべて天塩町の住民の方々達から情報をいただき、ありがたい事ですね。
すべて、最終的には頭がスッキリ解決できて
正平探偵お疲れ様でした。私もスッキリ!
解決できてうれしい~。地元の方々が親切で
ほっこりしました♬

投稿日時:2019年07月17日 23:04 | ☆わいは☆

今日のとうちゃこ版、町でも一際目立つ、お洒落でレトロな『旧天塩町役場』。
仕事の出来る大好きなお父さんがここに勤めていた、小学校低学年の晋さんにとって、子供心にもどんなに憧れであり、自慢だったか……。素敵な建物を見て、何となくその思いが伝わって来ました。
当時の小学校と役場庁舎、そして商店と自宅。すべて整然とした小さな町の中心地、目抜き通りのコンパクトな一角延長線上にありましたね。画面を見ているだけでも分かり易かったです!わざわざ情報整理、訂正に来て下さり、余湖さんを知っておられた地元名士の温かい店主さん御夫婦のおかげで、私も“スッキリ!ガッテン!”出来て気持ち良かったです。
“聞き込み役者”正平さん、御苦労様でしたm(__)m

投稿日時:2019年07月17日 22:08 | こもまま

とうちゃこデカ!お見事です!(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
ズバッと解決!聞き込みはやっぱり足ですね。
ゆるりとしたおじちゃんおばちゃんがお相手で、正平さんも安心して聞き込みできましたね。いつもきゃあきゃあ大騒ぎですからね(笑)
雨、風、高所、聞き込み、果てしない道。今日も盛りだくさんで楽しかったぁ!

投稿日時:2019年07月17日 21:31 | おかか

北海道は、独特な町並みで趣がありました。
正平刑事のみごとな聞き込み捜索で昔おそばを売っていたお店、
役場だった所が現在は記念館、小学校発見、、。お見事でした。
久しぶりとうちゃこ版に間に合った主人、「いつも泣かせてくれるなぁ」。
私も同感です。

投稿日時:2019年07月17日 21:23 | かりゆし5800

853日目の旅、観たよ。
「旧天塩町役場」
雨の中、展望台へ上れて良かった。
風力発電塔、あんなに並んでいるのですね。
余湖さんを知っている人に行きつき
火野さんもすっきりの結末に良かったです。
酒好きお父さんとお手紙の方が
帰宅する場面が想像できました。

投稿日時:2019年07月17日 20:35 | ももの爺

天塩川歴史資料館(旧天塩町役場)は、総赤レンガ造りで、とっても素晴らしい建物で驚きました!
煙突が、又素敵でした。
正確な情報を、伝えに来られたご親切な方にも出会えて良かったですね~
全く知らない方に、躊躇なく、丁寧にわかりやすく聞かれている正平さんが、男らしく頼もしい姿で、カッコいいですよね!
天塩町の皆さん、気持ちいい方が多く、心があったかくなりました。

投稿日時:2019年07月17日 20:02 | kimiちゃん

正平さん、チャリオ君、スタッフの皆様、小雨の中の収録ご苦労様でした。
お手紙の方のお父さんが勤務していた旧役場、趣のある煉瓦造りの見事な建物で、
いつまでも残しておきたい風景(建物)ですね。

納得の行くまで歩き回って、懸命に尋ねている正平さんは本当に優しいなと感じました。
その甲斐があり、最後には見事に謎解きが出来た時は、こっちまで嬉しくなりました。
そして、商店のご夫妻が、お手紙の方のお父さんを覚えてくれていた事に、心が癒やされました。こういうシチュエーションに弱いです。
まさにこころ旅!素敵な番組です。
今夜もありがとうございました。


投稿日時:2019年07月17日 19:55 | 安曇修

朝からの疑問は正平さんも「僕の分は?」って仰ってたが何故余湖さんのお父様はご自分の分だけ作って一人で食べたんだろう?最初はてっきりお父様に作ってもらった(一杯のかけ蕎麦)だと思いました。街中に入ってはいるけど人も居ない静かな風景に正平さんの「あっ!」の声が響き渡る。趣のある建物はやはり直ぐに見つかりましたね。グッドタイミングで現れた当時のお店情報を提供してくれた人のノリのいい事。みんな蕎麦屋だった「入り船」さんを指定する。が正平さんは「蕎麦屋で買った」と書かれてないのが合点がいかない。そのこだわりに親切に答えを出して教えて下さったお話に笑顔でスッキリした正平さんの表情に頭が下がる。いい加減で済まさない心意気が本当にすてきでした。余湖さんを覚えておいでの方も登場してご覧になりながら喜んでおいででしょう。

投稿日時:2019年07月17日 19:32 | GUREKO

2019年春の旅も最終週になってしまいましたね。
   
   また寂しくなります。

   今日の正平さんは、少しご機嫌,ななめでしたね。

   ピンクのカッパがかわいい!

   ドアを開けるとそこは大田区⁉  そんな「どこでもドア」が

   あるといいですね~

   秋の旅も楽しみにしています。

投稿日時:2019年07月17日 16:26 | りょうちゃん

カメラに、たくさんの水滴。
北海道では、初めての雨でしょうか。
ピンク色のレインウエアとレインハットと、素敵な正平さん。
雨の日の明るいファッションの正平さんに、いつも教えられているようです。
正平さんと高鍋監督さんのノリツッコミと、新井さんの明るい笑い声に、楽しくなります。
そして、ホッとするようなBカメさんの映像
草原に咲く黄色い花と、ピンクの花‥
こころ旅チームと、たくさんの風力発電の風車に広がる緑の景色。
今日も、おおらかな自然を見ていると、梅雨のジメジメ感が、吹き飛ぶようです。
“太陽にほえろ”を、なつかしく聴きました。
正平さんの聞き込み、楽しみにしています。

投稿日時:2019年07月17日 14:55 | kimiちゃん

今日の出発はサロベツ原野からでしたね、私にとっても懐かしく木道を歩いた事が昨日のように思い出されます。タワーの上まで行きたくない正平さんと行かせたい監督のせめぎ合い思わずクスクス笑いでしたね、あいにくの天候で利尻富士が見えなっかたのがとても残念、私達が行った時も雲に隠れていて帰りの空港でその姿を見せてくれた時ため息が出るほど美しかったのを覚えています、そろそろお家に帰りたい正平さんそれを支えるスタッフの皆さん頭が下がります、とうちゃこ版も楽しみにしています

投稿日時:2019年07月17日 14:32 | たこポン

旅も終盤。あんまり正平さんに無理させないでくださいませ。。。
上るの嫌だっておっしゃってるじゃありませんか(^-^;
もうここでいいよ~と 画面に話しかけるわたし。
でも さすが。。。文句はおっしゃるけど
ちゃんと監督さんのお言葉通りにされるんですね(*^_^*)
今日のピンクのレインコートは
私のお気に入り♡ 雨の日も楽しくなります

お父さんだけが食べた 一杯のかけそばをめぐる事件。
ドラマで数々の難事件を解決されてきた火野刑事ですもの
きっと 大丈夫(^^)v
なつかしのテーマ曲に 私もテンションアップ( `ー´)ノ
とうちゃこ版 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2019年07月17日 13:39 | norinorimiffy

あら!ピンクのレインコート可愛いい(^O^)と思ったら、、正平さん、
高い所苦手でしたもんね~。
疲労もピークに達し「帰りたい」と一言。
ゴールまで後少し、、頑張ってる正平さん、チャリオ君、こころ旅スタッフのみなさんに頑張って、、と書くと「わかってまんがなぁ」声が
聞こえてきそうですが、ゴールまで後少し、、、。
ファイト~~、正平さん、チャリオ君こころ旅スタッフのみなさん。

投稿日時:2019年07月17日 13:03 | かりゆし5800

正平さんスタッフの皆さんお疲れさんです。
春の旅もあと二日でおしまい・・・
今回も全回朝と晩に見ました。
ありがとうの一言です!!!
秋を待ちます。

投稿日時:2019年07月17日 12:38 | さぬきうどん

正平さん、雨の中、高い所で可哀想。下が見えるのは怖いですよね。あたしも無理。カメラを持って上がる新井さん、すごいですね。高鍋監督チラっと見えました。カッパ着ててもイケメンですね(^.^)

投稿日時:2019年07月17日 12:05 | えみちゃん

果てしない、まっすぐ“向かい”雨風のオロロンルート。晴れていれば、海の向こうの景色が少しは励まし、背中を押してくれたでしょうに、そりゃ〜弱音も出ますよね……。
今頃正平さんも大田区の御自宅で、椅子に座って『こころ旅朝版』を見ている(笑)事を願いつつ、今朝見ていました。
今日のお手紙エピソード、読み始めは正平さんも、お父さんが仕事帰りに、迎えに来た晋さんや家族全員分でなく、自分一人分しかそば玉を買わないのを⁇と思ったものの、その理由に納得、お父さんのお年を超えた今だからこそ寄り添える、息子さんの思いやりを感じてほっこりしました。
高鍋監督、実は“新人さん⁈”
正平さんの口ぶりが、先日の“古希誕生日の大橋渡りプレゼント”をまだ根に持ってる感アリアリ⁉︎で笑えました。

投稿日時:2019年07月17日 10:27 | こもまま

なになに!?水滴まみれのレンズの向こうでもめてる!(笑)久々に高所をめぐる正平さんと監督の攻防だー!さすが、「作品は監督のもの」が信条の正平さん。悪天候のなか抵抗しながらもがんばりましたね!
雨の日の彩り、大好きなピンクのレインコートも久しぶりです。
スタートの頃には雨じゃなくて風。今日は扇風機街道をどこまでも。そろそろ帰りたいわ、風バカとボヤく正平さんは子供みたいでかわいいやら切ないやら。
夜は正平刑事の名(迷?)捜査ですね!太陽にほえろでおなじみのニックネームは、やっぱり「とうちゃこ」でしょう!とうちゃこ刑事(笑)

投稿日時:2019年07月17日 10:18 | おかか

雨降りなのに、高い所が苦手なのに…1番上でお手紙をと譲らない高鍋監督。正平さんが新人ですか?と突っ込んでも、折角だからと。。この掛け合いが、大好きなんです。 秋田県のリンゴ園への旅では、高鍋監督はお手紙読まずにいきなり走り出す何時もと違うパターンでびっくりさせてもらいましたので、今日もまた期待しま〜す。 サロベツ原野の緑一色の中に、ピンク色のレインウェアが映えますね。 ところが昨日に続いて難敵の風に悪戦苦闘でしたね。元来風の強い土地だから風力発電用の風車が数え切れないくらいで、圧巻の景色ですね。 疲労困憊で早く帰りたいの願望が、あのカーブ曲がったら、大田区やったらええのに…と愚痴りが出ましたね。 余湖さんの思い出の旧役場や、お父さんが生蕎麦を買われたお店の捜索に、火野刑事の大活躍ぶりをとうちゃこ版でしっかり見たいと思います。

投稿日時:2019年07月17日 09:51 | ぶらうにぃ

 幌延ビジターセンターからのスタート。展望台の上でお手紙を読んでもらおうとして、階段を上りたくないとだだをこねる正平さんに手こずる高鍋監督さん、お疲れ様でした。おかげで、サロベツ原野を一望できてよかったです。
 風力発電の風車が立ち並んでいる道を風と戦いながら走行されている途中で、海の先が霞んで利尻島と礼文島が見えず「今日はお休みです。」との言葉、遠くに街並みが見えて「あの街並みが大田区だったらいいナ~。そろそろ帰りたい。」とのボヤキを聞くと、頑張る正平さんから元気をもらえます。
 とうちゃこのレンガ造りの建物に、お手紙の方のお父さんとの思い出である旧役場の面影が残っていればいいですね。
 一杯のかけそばの生玉探しに「火野刑事出動!」とは?、「太陽にほえろ」のテーマ曲が流れて何ごとが起こったのか楽しみです。

投稿日時:2019年07月17日 08:59 | ココア

雨の中、苦手な高所に登らされ、出発すれば向かい風、景色の変化もなく… 愚痴が出るのも自然な反応ですね。あたる相手がないから遂には「変な植物!」だって! 路傍の花にまであたっている、おかしくて笑いっぱなしの15分間でした。お察しします、あと少しの辛抱ですから頑張ってください。
半ドンといえば、昭和世代にはそれぞれの思い出があるかもしれませんね。余湖さんの土曜の午後はお父さんとの大切な時間。お便りを聞いていると、週末のほっとした気分が子ども目線で感じられ、静かな映画を見ているような気分でした。
予告ではおなじみのテーマ曲、否応なしに期待が高まります。北海道らしい煉瓦造りの旧庁舎と、聞き込みの成果を楽しみにしています。

投稿日時:2019年07月17日 08:37 |  pon

正平さんと高鍋カントクさんとのやり取りが可笑しくて、笑いながら見ました。その後も、正平さんのボヤキ全開で、また笑いました(^-^) 楽しい番組を、ありがとうございますm(_ _)m

投稿日時:2019年07月17日 08:28 | おかあさん

高い所は苦手な正平さんにこんな丸見え階段を言葉巧みに誘導する監督は・・・チラッと見えました高鍋監督。やっぱりね。下見の時は晴れだったんでしょうね。この乳白色の景色もどこまでも緑でチラチラ花が咲いて綺麗だったのでは?へっぴり腰でも上がり切った正平さんはお仕事となればプロ、凄いです。で、読まれた(余湖さん)のお便り。滋賀の琵琶湖の上の方に余呉湖ってあるが(余湖さん)の名前の由来が気になる。何処を走っても北海道はでっかくて道はきょうも真っ直ぐ。おまけに画面では分からない向かい風。正平さんも大田区へ帰りたくなる気持ちが分かる。お便りの役場はきっと分かりやすいだろう。さてお父様が一玉だけ蕎麦を買った店までは分かるだろうか。役者、火野正平のお得意刑事役になり切って の今夜の捜索が楽しみです。

投稿日時:2019年07月17日 08:25 | GUREKO

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー