2019年07月12日 (金)【北海道】ダラダラ続く上り坂はツラいのです...



4日目も滝川市からスタート
この日は前日とおなじ滝川市からスタート。
石狩川の土手道を走りながら
お手紙を読む場所を探しました。





流水を粉砕する重機
途中、
流木を粉砕する重機を初めて
見ました。
豪快に粉々になる様子を目の当たりにして、正平さんのテンションも
上がりました♪

 

 

 

 

待ち受ける田村カメラマン
坂道の頂点で待ち受けるのは、
田村カメラマン。
すてきな映像なのですが、
走る方はツラいのです・・・。

 

 

 

 

 

リュックの中味は?
「リュックの中身はなんですか?」と聞かれることがあります。
お手紙のシーンや食事シーンなどを撮影するためのカメラが入っています。そんな大事なリュックを置き忘れてしまうとは・・・情けない・・・。

PS:リュック重いんですよ(by監督)

 

 

 


❤❤❤
<今夜7時のとうちゃこ版>
「あ~、死んでもいい❤」!!?
学校へ続く湖底への道。
ダムから見えるこころの風景はいま・・・7時からたっぷりと!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
先週末に、まとめて再放送を見ました。
「名水ふれあい公園」、「夫婦岩」、「旧滝川畜産試験場展望台跡地」、「尾白利加ダム」。
それぞれの方の思い出が、北海道の美しい景色をより美しく思わせてくれました。
正平さんの「この番組やってて良かったと思う。役者やってたんじゃ、こういうところへ来ないもの」は、見ている方も同じくです。
正平さんが訪ねてくれないと見られない場所ばかりです。
景色だけではなく、人との出会いも、、、以前、北海道では、カワイイお伴もいましたよね?
すでに、私の「こころの風景」になっています。
北海道2週目も、楽しみでーす!!

投稿日時:2019年07月15日 05:10 | REIKO

シフォンケーキをたべているときの正平さんのお顔がとっても可愛かったです。美味しいものは人を幸せにしますね。
春の旅もあと1週ですね。でっかいどう、北海道の2週め楽しみにしています。

投稿日時:2019年07月14日 23:34 | はまふよう

北海道1週目。正平さん、スタッフの皆さん
お疲れ様でした。風あり、坂ありやはり北海道はあまくないですね。?
ラスト1週こころ旅応援しますよ~!

投稿日時:2019年07月14日 22:25 | ☆わいは☆

北海道の旅、1週目お疲れさまでした。本日の目的地を地図で確認している時に聞き覚えのある地名が画面に映りました。それは「妹背牛」、今年2月に天国に旅立った義母の故郷で義母の昔の話の中でしか聞いたことがありませんでした。義母も故郷を離れてからは帰っていないと思います。正平さん達が走っている遠く後ろに映っている風景がおそらく妹背牛辺りかなと思いながら、義母の写真をテレビの前に置き、いつもとは違う特別な気持ちで見させていただきました。

投稿日時:2019年07月14日 18:35 | そらまめ

正平さんにハグされて、顔を真っ赤にしてへなへなと、"靴脱ぎ石" の上に座り込んでしまった女性がなんとも可愛らしかった。「そこ? そこは "靴脱ぎ石" の上!」 相変わらず女泣かせですこと(笑)。

投稿日時:2019年07月14日 12:14 | あるきたびすけ

良かったです!
忘れたリュックを取りに行けて(^-^)
北海道ではハプニングがよくありますが、見ている此方としては、これもまた楽しいです。
お手紙の方のバス停から更に八キロも歩いて学校に通勤されていたなんて、今みたいな整備された道路では決してないし、山道ありでしょうし、さぞ大変でしたでしょう。こころの風景は、とても美しい風景でした。
さて、沿道に生えている大きなはす?お芋?の葉っぱを見ると北海道だなあと感じます!「熊出没注意」の看板もお馴染みですね。キタキツネにはまだ会えていませんが最終週では会えるかな?
楽しみに待っています!

投稿日時:2019年07月14日 12:05 | さくらパフェ

3日目も4日目も、風と坂で、身体はボロボロでとても辛そうでした。 北海道の鶯は、空気が良いのでしょう、鳴き声も大きいですね。ステキなBGMになってました。 途中で寄られたカフェでは、明るいオーナーさん、ハグして、全身で喜びを表現されている姿が、可愛らしく、微笑ましかったです。 スタッフさんもお気をつけて〜と声掛けにホッと安らぎました。 シフォンケーキも温州みかんゼリーも、正平さんの満面の笑みを見れば、美味しいに間違いなしですね。今はなき 僻地の小さな学校の元先生からのお手紙。。8キロの通学路の一部もダム湖に沈み、今日の景色からは想像もできませんが、地域全て集団移転って、厳しい土地だったのですね。遠くを眺めていると、子供達の声も聞こえてきそうな気がします。 疲労困憊の正平さん、あと1週。感動の春の旅ラストランを見届けます。涙涙になりそう。

投稿日時:2019年07月13日 10:34 | ぶらうにぃ

ダム湖。湖底には人々が生活した痕跡があります。
ダムに沈む前の学校の風景。活気があったことでしょう。

民家改装のレストランのお母さん。
ハグされちゃったら、若返りますね。

投稿日時:2019年07月13日 07:20 | ヒロリン

民放の某番組のおかげで、北海道のカントリーサインを見る
楽しみがあります。雨竜町もかわいいイラストでした☆

これからは握手&ハグでお願い!が流行るかも!??
カフェがいい感じで行ってみたくなります。

お手紙の最後の一文が素敵だなと思いました。

足がつらかったこの4日間、週末しっかり休んで
最終週がんばってくださいね!!

投稿日時:2019年07月13日 04:43 | るる

ダムの建設で消えた地域、僻地の学校のお便りはこれまでも何度かありましたね。その度に複雑な思いになります。 佐藤様のお便りを聞いていくら想像しても実際の苦労は計り知れないなぁという環境です。バスを降りてまだ8km道なき道のようなところを通われたとは。先生も子供達もタフで強い人間になりますね。 そんな過酷な環境でも四季折々の遊び、行事を通して子供達と触れ合った5年間がキラキラ輝いているお手紙にジーンと感動いたしました。
そして古民家カフェでの出会いも今日の旅路にぴったりな気がしました。
あの店主さんの喜び方もとても自然体で素直でほっこりしましたぁ。

投稿日時:2019年07月13日 00:59 | ゆきぱん

カフェの店主さんの回今日だったのですね
カフェ好きとしては行ってみたいです
正平さんに会えてハグまでされて、テンパる気持ち
よーくわかります、土間に降りて正座とはよほど
嬉しいかったんでしょね
寺本監督さんだったのですね顔と名前がよく分からないので覚えておこう
ゆっくりでいいよと気遣う正平さん
こーいうのがいいのですね


投稿日時:2019年07月12日 21:42 | えみぽん

茂さんの初任地、「上尾白利加小・中学校」。
正平さんがとうちゃこした場所は、ダムの堤でした。

はるかに暑寒別岳が見えます。
そこから、建設中のダムの湖底に降り、原生林の中をさらに8㎞を歩いて進む……。
その先にある、開拓農家の方々の暮らし。
けなげで屈託ない子どもたちのまなざし。
それらすべてが、お手紙から幻のように現れた、正平さんが見つめる先に見えるようでした。

あらためて、このホームページ上でお手紙を読み返させていただき……いちばん、こころに残ったのは、茂さんが街に出てから学校に戻るおりに、このダムの端に立ち、
「さあ、帰るぞ」
と、気持ちを奮い立たせた、という一節でした。
若い新任の先生の、使命感と「こころざし」に、胸が熱くなりました。

今夜のとうちゃこは、想像力で、ひとつの北海道の歴史のドラマを見終えたような感慨に浸らせていただきました。

投稿日時:2019年07月12日 21:11 | 川崎ジンジャーエール

今朝も草むらのなかでお手紙。北国はカイカイになる虫がいないから平気ですね。
旅も終盤でさぞお疲れなのに、力強い漕ぎっぷりに今日もはらはらしたりほっとしたり。監督さん、仕事道具入ったリュック忘れるなんてよほどリラックスした環境と拝察しました。山の1キロは大事と言った先からプラス800メートルとは(笑)笑ってネタになるのもこころ旅ならではです。
そして今日もまた1人…。ハグは絶対妊娠確定でしょ!うらやましいっ!
どうか正平さんの脚が休まりますように。。。

投稿日時:2019年07月12日 21:04 | おかか

 とうちゃこの場所にたどり着くまで上り坂もあり、大変そうでした。正平さんの歌「このみちをゆく♪♪」が流れるシーンで、正平さんとスタッフさんが頑張っている姿をみて、うるっときました。
 ランチは田んぼの中にポツンとあるカフェで、田園風景を眺めながら、シフォンケーキとゼリーをいただいていました。帰り際、店主の女性が正平さんとハグして、とてもうれしそうでした。
 とうちゃこしたところは、鳥の鳴き声がして、山々に囲まれた風景が美しかったです。上尾白利加小・中学校の佐藤茂先生の教え子たち、すでに成人なんでしょうが、喜んでおられることでしょう。

投稿日時:2019年07月12日 21:03 | ココア

ゴールを目前にして、チャリオ君と旅に出ずっぱりの正平さんはもちろん、見えない部分でも大変なお仕事をこなされつつ、入れ替わり立ち替わり旅に合流し続ける監督さん達“チームこころ旅”の皆さんもお疲れなのは当然の事、中でも冷静沈着そうな、寺本監督でも大事な七つ道具を忘れるのもわかるような…、御苦労様です。
お手紙と体力が資本の『こころ旅』、ずっと見続けている方は全く飽きず疲れず、それでいて、大変さを思い心から応援しながらも、演者スタッフ入り乱れて楽しく仲良く頑張る姿、そうして見せて下さるあるがままのお手紙の景色に励まされ、ほっこりしてしまうのです。
奈良十津川村ゆかりの北海道の地名“新”十津川村”。移住者の人々はこの地に故郷に似た印象を抱かれたのですね…。ラスト1週、寂しくて、今から秋の旅が待ち遠しいです。

投稿日時:2019年07月12日 20:59 | こもまま

851日目の旅、観たよ。
「尾白利加ダム」(暑寒湖)、観たよ。
流木を砕く機械、私も初めて観ました。
リュック忘れたには笑えましたが
火野さん要望通り、番組で映像を使いましたね。
カフェのママさんのハグまでした大興奮振り、忘れません。
火野さんのスイートの美味しそうな食べっぷりも。
ダムから8キロ歩くところに学校とは
今では考えられません。
それこそ熊が出そうで。

投稿日時:2019年07月12日 20:53 | ももの爺

腰を抜かさんばかりのカフェの女性、「死んでもいい」そうですが、ハグまでしてもらったから、ご懐妊なさってるかも?ですね! おちおち死ねません。
ダラダラ坂を上って休みながらたどり着いた尾白利加ダム。漢字で示されていますが、音的にはアイヌ語が元になっているのでしょうか。佐藤さんが退職後18年経っても強く印象に残っている五年間、先生として大変な中にも、素直なかわいい子どもたちとの楽しい毎日でいらしたご様子を、想像しています。
何だかんだで実はけっこうキツかった北海道一週目、ラスト週はその疲れも回復してスタートされる事を願っています、あと一週間お気をつけて。

投稿日時:2019年07月12日 20:25 |  pon

自転車での長旅でお疲れだと思いますが、元気な火野さん、スタッフさんを見てるとのんびり癒やされながらテレビを拝見できます。
火野さんの優しい人柄が出ており、是非応援したいと思いコメントさせていただきました。
30代の私より、火野さんの方が体力ある(笑)と思いますが、スタッフさん共々お体に気を付けてお過ごし下さい。

投稿日時:2019年07月12日 19:41 | kayo

今日の石狩川の土手道も、広々と気持ちいい景色が広がっています。
北海道の風景に、毎日ワクワクしています。
ビックリするようなたくさんの流木と、粉砕する重機を初めて見ました。
まるでウルトラ重機。
正平さんを先頭に、チームの皆さんが一生懸命坂を上がる姿と、
それに、Bカメさんに、挨拶される正平さんがとてもカッコよくてしびれます。
正平さんは然り気無いですが、苦しい時に、普通は出来ないと思います‥
忘れ物‥ドンマイドンマイです!
でも、ドキッとされたでしょうね寺本監督さん
良かったです。無事で。
「ゆっくりで、いいよ~」の声が、とっても優しい正平さん!
とうちゃこでは、正平さんラブの方と会えますね。
家族で、楽しみにしていま~す。

投稿日時:2019年07月12日 15:45 | kimiちゃん

奈良からはじまった春の旅。
北海道で 新十津川村に行っていただけて
さらにうれしい今日の旅。

でもダラダラ続く上り坂。
坂の勾配が画面からも伝わってきて
見ている私にも 力が入ります( `ー´)ノ

「リュック忘れた~」の言葉に
この頃忘れ物をよくする私は とっても親近感(*^。^*)
そんな監督さんに 
「ゆっくり行っておいで こっちも休める」と正平さん。
このやさしさが いいんです♡
チームこころ旅のみなさんも あったかい(*^_^*)

若いころ 僻地で先生やりたかった私には
何だか こころに沁みる 今日の旅。
とうちゃこ版 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2019年07月12日 13:13 | norinorimiffy

久しぶりに大笑い

投稿日時:2019年07月12日 12:11 | kawasemi

週担当の寺本監督さん。
このすばらしい北海道での一週間、いろいろな手配に、現場での気配り、こころ配り……。
出発のときに、考えごとしながら、背中のリュックを忘れて400メートルも走っちゃったのですネ。
月曜日ブログの見出し「体力の限界 ?!」は、きっとスタッフの皆さん、いっしょなんだろうナ、と思いつつ拝見しています。

茂さんが、先生として最初に赴任された、こころの風景。
このニッポンでは、どこにあっても、子どもたちはあまねく教育が与えられる。
崇高な任務を負って、日々を生きていらっしゃる先生方に、あらためて思いをいたす朝版です。

「尾白利加ダム」。
こころ旅で訪れる「ダムに沈んだ思い出」には、いつも深い感傷はあっても、明るいなにかを灯してくださる正平さんの姿とコメントがあります。
今夜も、温かいとうちゃこを待っています。

投稿日時:2019年07月12日 11:39 | 川崎ジンジャーエール

Bカメさんおはようございます。 いきなり5人が走り出して。。歌は?お手紙は? スタートパターンが変わって面白い。 今日は、声だけでわかるようになった監督の内のお一人、寺本監督‼︎ 道を間違えたり、走行距離が見積もりと違ったり、ランチの店が休業日だったりと、色々な場面を見せてもらいましたが、休憩ポイントで、大事なリュックを忘れるなんて…そうか…重いからちょっと肩を休めたら …でも見つかって良かったですね。 1人800mのロスに、「ここは使ってよ」隠さない正直な映像が嬉しい。 Bカメ担当のタムタムさんに、3度の挨拶が気持ちいい。 流木を破砕してチップにする機械に、このチップの先はどう活用されるのか気になりました。 正平さんのお洋服を見る度に缶詰汁飛ばし光景を思い出します。いつまで覚えてんねんと言われそうですが。。とうちゃこの景色楽しみに、今日も1日がんばりま〜す。

投稿日時:2019年07月12日 10:21 | ぶらうにぃ

朝からハプニングありの楽しい放送でした。
本来ならカットされてしまうはずだった?シーンをこうやって見られるのは、ただ番組を見ているという感じではなく一緒に旅をしている気分になれるから楽しくて好きです。
Bカメさんのシーンでは正平さんだけでなく、重たい機材を乗せたり背負い、後ろから来る車の確認をしたりするスタッフさんの事もいつもテレビ越しに応援しています。

投稿日時:2019年07月12日 10:08 | えみ平

 石狩川の土手道、少し走ってから「手紙読みましょうか」。いい天気で土手に座り、気持ちよさそう。
 長い上り坂を上る5人、Bカメ隊を通り過ぎるまで途中休まず走行された正平さん、頑張りましたね。
 「リュックを忘れた」と取りに戻られた寺本監督さん、お疲れさま!
 正平さんにハグされた女性、「あ~死んでもいい」。今日だったんですね。
 お手紙の茂さんの「こころの風景」、楽しみです。
 「ダムまで3キロ」の予告、ちょっと気になります。

投稿日時:2019年07月12日 08:38 | ココア

おはようございます! 3回もありましたね(^.^) 休憩後にリュックを忘れて戻られたカントクさん、ご苦労様でした。とうちゃこでは、ハグされて嬉しそうなお姉さんが見れるの楽しみ(๑˃̵ᴗ˂̵)

投稿日時:2019年07月12日 08:35 | おかあさん

「おっはようございま〜す」って明るく元気な正平さんの挨拶からの放送に慣れてしまって今朝も少し片づけをしてて「あれ?今日のお便りってどんなだった?」て慌てました。
新十津川町。数年前の奈良県十津川の水害の折に昔同じような大水害に北海道の新天地に移住して故郷の十津川を地名にしたというニュースを思い出しました。「僻地4級校」新天地でのご苦労が想像できる。北海道の前編も今日で終わり。皆さんの疲労も顔には出ないが監督さんは大切なリュックを忘れてしまう大失態。早く気付いて800mロスで済んで良かったこと。初めて見る流木の処分も見せてもらい今朝もあっという間の15分でした。

投稿日時:2019年07月12日 08:28 | GUREKO

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

バックナンバー