2019年04月09日 (火)【三重】青い空と海の幸



@英虞湾
志摩市英虞湾の小さな船着き場
から旅はスタート!
後ろに見えているのは、
この時期“旬”のアオサノリの棚。
朝ごはんのお味噌汁についていたのを食べたばかりなので、
興味津々!

 




海沿いを行く
こころの風景・浜島港へ向かって
抜けるような青空のもと、
海沿いの道を進みます。

 

 

 

 

 伊勢エビの巨大オブジェに誘われて入った食堂では、

伊勢エビのオブジェに誘われる・・・
伊勢エビとアオサノリの味噌汁と
アコヤ貝(真珠貝)を使った
チャーハンでランチ!
正平さんはアコヤ貝を食べるのは初めて!だそうです。

 

 

 

 

エネルギー充填100%
おいしい海の幸をいただいて、
エネルギー充填100%!
お店の方と笑顔で記念撮影し、
こころの風景・浜島港に向かいます。

 

 

 

  

今夜7時からのとうちゃこ版
<今夜7時のとうちゃこ版>
遠洋に出て行く父を
見送った港は・・・
7時からたっぷりごらんくださいね。

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

浜島港への旅路は終始穏やかで、春の陽光を浴びながら海沿いを気持ちよく走れましたね。
お手紙に書かれた情景通りのキラキラ輝く志摩英虞湾の風景。キレイでした。
お父様の航海の無事を祈った宇気比神社は高台にあって、今は木が生い茂っていたけど当時は沖に出る漁船をずっとずっと見送れた事でしょう。漁師だったお父様も今はリタイヤされてしのぶさんやお孫さん達を見守りつつ穏やかに老後を過ごされているようで何よりです。
家族の絆を描いたほっこりするお手紙でした。

投稿日時:2019年04月10日 09:45 | ゆきぱん

どんなに遠く、小さくなっても、手を振る父の姿が分かる……。
しのぶさんのお手紙を聞きながら、日常に、小さな「別れ」がある暮らしを思います。

遠洋漁業で働くお父さん。残った家族の祈り。
かつては戦争で、家族が生き別れになった時代もあり……平和な時代でも、単身赴任で遠くにある家族を思う日々があります。
人が人を思う深さは、その「距離」に比例するのが、なんともせつない現実だけれど……しのぶさんのまなざしには、そんな家族の歴史が残す、温かいものを伝えてくれます。

『高く鼻つくいその香に/不斷の花のかをりあり……』
唱歌「われは海の子」の一節にある「磯の香り」は――三重県の海では、浜辺にうちあげられたアオサの香りです。
正平さんが走る伊勢志摩の道に、ふと、自分にはすっかり遠くなった、故郷の潮風を思い出しています。

投稿日時:2019年04月10日 06:39 | 川崎ジンジャーエール

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
スタートから、海鳥が一羽スイスイ泳いでいるのが印象的で、、、コメントから、オオバンという鳥と知りました。
海で生活する鳥と山野で生活する鳥、、、どの地点で、分かれたのかなぁ?餌の違い??魚を食せるかどうか??自然は、不思議がいっぱい!!
でも、お手紙に書かれていたように、漁業のお父様もおられるのだから、人も同じかな?皆、頑張って生きてる!!山でも、海でも。
お父様、お元気で、何より!!
やっと、暖かくなってきて、観ている方もほっこりしています。

投稿日時:2019年04月10日 05:43 | REIKO

オープニングの替え歌に笑いましたー。

偶然にも?海の色と、正平さんの上着の色が合わせたような色合い。
空も水色で画面が綺麗な色でした~。

伊勢海老が浮かんでいる、はみ出ているお味噌汁。すごい。
パールチャーハン、アタリを当ててみたいです笑

番組を見ながら、お父様が照れていそうな気がします。
優しいお手紙ありがとうございました♪

投稿日時:2019年04月10日 04:54 | るる

青い海と正平さんのシャツの色が同じで目を引かれました
海を走る船がまさかの高校の実習船とは、さすが海の街
アオサと伊勢海老のお汁、磯の香りが漂ってきそうでお腹がなりました
また行ってみたい所の一つになりました
海が見える神社、お父さん達の無事を守る暖かい感じがしました
正平さんたちの旅の無事も守ってくれる事でしようね

投稿日時:2019年04月09日 22:39 | えみぽん

志摩の海がすごく青い。半分どころか全部青い。
3つ確認できた伊勢エビのオブジェ。そして、パールチャーハン。
新潟に住む者として、太平洋の穏やかな海でとれた海産物、食べてみたい。

投稿日時:2019年04月09日 22:22 | ヒロリン

808日目の旅、観たよ。
「浜島港」
ようこそ三重へ、つっつつっつ・・
上手いこと言う火野さんです。
行くのが嫌になるぐらいまどろんでいる
雰囲気が伝わって来ました。
初かつお食べれ、何より。
漁師町ということで潮の匂いを感じる旅でした。
来週はわが愛知県ですが、今、ロケ中かな。
出会ったら、正平さん頑張ってと声掛けしたいものです。

投稿日時:2019年04月09日 21:07 | ももの爺

家族、親子の愛情がたっぷり見える今日のお手紙。
“ついでと言っては何ですけど‥”と宇気比神社にお参りする正平さん。
“二礼二拍手一礼”、正平さんと一緒にしっかり、こころ旅皆々様の安全をお願いしました。
今日は、たくさんの人が、同じ事をしていると思います。
これからの旅も、お気をつけられて下さいね~

投稿日時:2019年04月09日 20:32 | kimiちゃん

春の海、穏やかな三重の旅が始まりましたね。
パールチャーハン美味しそうです。
あこや貝が食べられていたとは、びっくり。
伊勢海老の味噌汁も身が詰まっていましたね。
お父さんが漁に行ったカツオも今年初の水揚げされた初物。
港では出航の様子が目にうかびました。
懸命に手を振っていたご両親もお孫さんと遊んでいるとの事、幸せが待っていましたね。
春の暖かさが感じられる旅を楽しみにしています。

投稿日時:2019年04月09日 20:09 | TOMOちゃん

真珠貝の貝柱がゴロゴロ入ったパール炒飯に溢れ出そうな伊勢海老とアオサの味噌汁が本当に美味しそうでまたチャンスがあれば是非食べに行きたいと思いました。カツオ漁で留守がちだったお父様、留守を守るお母様、ご家族の生活をお便りに託された今日のお便りにまたまた仕込みのような昨日入ったばかりの鰹を刺身にして出して下さったお店の機転がとても良かったです。海はやっぱり晴天のキラキラ光る青いのが良い。これまた仕込みのように現れた訓練船も見られて海の街を満喫の旅でした。明日も鳥羽。またどんな海が見られるか楽しみです。

投稿日時:2019年04月09日 19:59 | GUREKO

空も海も正平さんの服も青!水面が陽射しでキラキラ、暖かさが伝わります。「行くのやんなるくらい」とぼやくまったり正平さんの前を懸命にかき進む1羽の水鳥(笑)ナイスショットです!今日もはお手紙も風景も一段と素朴な感じ。何気ない風景を切り取って視聴者の心を揺さぶる。これぞ、こころ旅ですね!

投稿日時:2019年04月09日 19:44 | おかか

浜島港は本当に穏やか、青緑色の水面が平らで、時々岸壁に当たる水音がチャピチャピと、可愛らしく聞こえました。
遠洋船のお父さん、一度行ってしまうとなかなか帰ってこないのはお互いどんな感覚なのでしょう、朝見送って夜には帰ってくるお仕事のご家族とは違って、特別な思いがあるのでしょうね。船が離れてもお父さんの姿はわかったという、しのぶさんのお気持ちが、少し切なく感じられました。
ランチ処で「事故に気をつけて」と送り出され、宇気比神社でもお祈りして、旅はやっぱり無事に進んでいけることが何よりですね。この先もお気をつけて。

投稿日時:2019年04月09日 19:43 | pon

遠洋漁業のお父さんも大変
家で待つお母さんも大変
その思い出が子供たちの大切な宝
今日もほっこり有難う御座いました。

投稿日時:2019年04月09日 19:40 | 兵賀正朗

いつも楽しみに観させてもらってます。
パールチャーハンが出ましたね~。
何度か食べましたが、あれは美味い!
火野さん、いつまでも元気で走り続けてください。

投稿日時:2019年04月09日 19:15 | ついあび

昼版を見ながら、ようこそ三重へつつつつ!待ってました。朝版を視聴後発声練習。いっしょに歌いましたよ、正平さん。
今日はブログどおり、☆こころ旅☆、グルメ旅‼️伊勢海老のお味噌汁、ほ〜んとうに美味しいそう!いつも☆こころ旅☆につられて、スーパーに買い出し。残念ながら我が町界隈では伊勢海老は年末年始のみ。夢に出て来そう。

投稿日時:2019年04月09日 17:57 | kawasemi

悠々と泳ぐ1羽のオオバン。
春の穏やかさが漂っているようです。それに、いいお天気でホッとします。
温泉スタンドの看板が、見えました。
志摩市は、アオサも温泉も有名だと知りました。
お碗からはみ出している伊勢エビのお味噌汁のインパクト強すぎ。
お店の人皆さん、こころ旅ファン!
笑顔笑顔が、印象的です!
お天気も、志摩市の人達もみんなあったかい。
見ているものも嬉しくなります。
また、夜のとうちゃこの景色を楽しみにしています。

投稿日時:2019年04月09日 14:55 | kimiちゃん

三重県のスタートは伊勢志摩。先週の奈良よりは暖かいスタートでしたね。
伊勢志摩は関西のノリか、伊勢エビの大きなモニュメントがちょこちょこ出ていましたね。
それにつられてか、お昼は伊勢海老の汁物を堪能していましたね。お昼の予算が厳しい厳しいと以前よく言っていましたが、産地の浜島では値打ちに食せたでしょうか。それとも予算の先使いか?美味し国、三重県のお昼、何が出てくるか楽しみですね。

投稿日時:2019年04月09日 11:21 | 東海の凡人さん

♪ ようこそ三重へ ツッツツッツ ♪ 正平さんの明っかる〜〜い声にクスッと笑い、今日も天気だ‼︎ 調子良さそうだ‼︎ と感じ、こころ旅の中にすーっと引き込まれます。 今日のランチが、あこや貝炒飯、伊勢海老とあおさ入りの味噌汁と豪華版ですね。 いつも夜ご飯の参考にさせてもらうのですが、現地に行かないと食材が手に入りそうにないので、こころ旅コースを追う旅の計画を立てて、是非とも行きたいと思います。 海育ちの私が、一番好きな港の景色が沢山見られそうでワクワクします。

投稿日時:2019年04月09日 10:21 | ぶらうにぃ

英虞湾のアオサノリ養殖棚から清々しい朝の風景。空も海も正平さんのファッションもブルー、ブルー。爽やかな朝、気持ちいいです。
行くの嫌になるくらいまどろんでいる・・ほんとにこのまま日向ぼっこしたくなるような雰囲気でしたね。。
しかし浜島港へスタート。ランチ処の店員さん達から大歓迎され、ご当地メニューで腹ごしらえ。伊勢エビ汁にパールチャーハン? とっても豪華な海の幸づくしですね。
海はキラキラと輝いている。とうちゃこの港風景楽しみです。

投稿日時:2019年04月09日 10:02 | ゆきぱん

テレビで見られる時刻は出勤しています。
パソコンで見られるだけでも幸せです。
読むお手紙がパソコンでも見られると嬉しいなぁ。
病気で入院した時、月曜日が総集編・火曜日から朝15分夜30分と見ました。いつも食事の際に「ごちそうさま」と言って出られる正平さん。
今日は凄い豪華なお食事なんですね。
正平さんは、年齢よりもお元気ですね。ハーハー言っても橋や高い所も以前よりずっと頑張れるように成長?されていると感じます。
父無し子の私には、今日のお手紙みたいに父の記憶がありません。
昔の函館は遠洋漁業の盛んな町でした。きっとお手紙の風景が涙・涙だったのかしら。
これからもスタッフ・チャリオ君・正平様楽しい旅を楽しみに夜パソコン開きますね。

投稿日時:2019年04月09日 09:50 | 渡辺 喜久

つ つ つっつ~♪のお歌ではじまった三重の旅。
朝ごはんに アオサノリのお味噌汁だったんだ。さすが(^^♪

お昼ご飯は イセエビが入ったお味噌汁とチャーハン。
アコヤ貝って 食べられるんですね(@_@)
私は 真珠をとるだけだと思ってました~( ..)φメモメモ

海のある県は やっぱりお空が広い
漁港の景色も 楽しみです(^^)/

投稿日時:2019年04月09日 08:32 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

バックナンバー