2018年10月30日 (火)【宮城】台風一過の気仙沼


台風一過!抜けるような青空の下、旅はスタート!

台風一過!
目の前に見える大島に渡るため、まずは気仙沼港にあるフェリー乗り場を目指します!




ランチは、港のそばで見つけたお店で!

テレビ見てま~す!
お店に着くなり、
中から女の子が飛び出してきました。

 

 

 

 

 

正平さんが大好きらしい
本当に正平さんが大好きみたいで、ランチができるまでおしゃべり
を楽しんでました。
正平さんも楽しそう♪

 

 

 

 

 

宮城に来たから、カキフライ
お待ちかねのランチ!
秋の三陸と言えばカキ!
正平さんはカキフライをチョイス。
外はカラッと、中はジューシー!
もうプリップリ。
大喜びの正平さん。

 

 


今度は親子連れに囲まれる
ランチも終わり、出発の準備を
していると、またまた親子連れ
に囲まれました(笑)
幅広い世代に愛される正平さん、
なんですね。

 

 

  

 

大島へ渡る・・・
<今夜7時のとうちゃこ版>
青い空に青い海。
大島にあるという、
お父さんとの思い出
“キゲ磯”の今は・・・。
7時から、お楽しみに!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

気仙沼1日目、コロッケ屋さんでお世話になりました、水色のワンピースを着ていたこはるの母です❗この度は、思いがけず、正平さんはじめ、皆さんにお会いできて、こはるもとても嬉しかったようです

投稿日時:2018年11月01日 13:53 | こはるの母です


なんだか楽しそうなおじさん
サインの押し売りとは、気取らない正平さんならではですね
おじさんの震災の話しは、あの時の映像思い出しました
今だから話せる事もあるのでしょう
再び登場で鮫のキーホルダー、目を飛び出して見せて嬉しそうな、テレビを前にしても
自然体なおじさん、サインのお礼かわざわざ待ってたのか?
暖かい人柄にホッとしました
フェリー降りて、下り坂と青い空と、青い海とピアノの優しい調べと、心がざわついていた時だったから涙が出そうになりました

投稿日時:2018年10月31日 22:53 | えみぽん

お手紙のエンデングのゲキ磯のカメラアングル、脳裏に浮かんだ恩師の中学卒業サインブックの言葉。若山牧水の「白鳥は悲しからずや空の青、海のあをにも染まずただよう」でした。今だに何故?この言葉を私にです。又反面スクスクと健康に育っようにとの土地のしきたりに御利益大で、丸々と太った赤ん坊が脳裏に浮かびました。ホヤ未経験!(見たことも食したことも)きっと美味しいんでしょうね。宮城の皆さんの優しいこと。‼︎人は....多いほど、人には優しく出来のだから〜‼︎の海援隊の歌です。きっと想像出来ない経験をされたんだろうと、思い至ってます。☆こころ旅☆が宮城を元気に走って下さり、私も一緒に走ります。


投稿日時:2018年10月31日 18:50 | kawasemi

正平さんを見つけてかけよる人たちがたくさん。
子供たちもかわいかったですね。
隣にいると恥ずかしい。
ほや坊やを持ってた子、お母さんにくっついていたけど出発で離れる時にバイバーイ!大きな声で言えてました。

朝露のゆりかご と
風の通り道 いってらっしゃいと たんぽぽ かな?
音楽がぴったりでした~☆

投稿日時:2018年10月31日 05:03 | るる

生まれてすぐに海水に浸けると、病が抜けて、丈夫な子に育つ――。以前のお手紙にも、ありましたね。

きょうのお手紙の、美津さんの文面からは、「われは海の子」の歌詞が浮かびます。
《生まれて しおに ゆあみして/浪を 子守の うたと聞き……》
お父様が美津さんをいつくしみ、丈夫な「海の子」に育てようとした様子が、まるでモノクロの日本映画のような美しさで浮かびました。
今の時代にも、深く人と海とのつながりが連綿と続いていることに感動します。

正平さんの走る今の気仙沼は、どこもまっ白で清潔になった新・気仙沼だけれど……。
《大好きな海も、全てを飲み込んで破かいしてしまいましたが、また私の大好きな海に戻って良かったと思います》
美津さんの優しい文章に、今夜は救われました。
悲しい気持ちが消えて、こころが透明になっていくような感じがしました。

投稿日時:2018年10月31日 03:23 | 川崎ジンジャーエール

朝版での、女の子との可愛い出会い、写真撮影とは違う、港でのおじさんとの出会いが、正平さんのこころ旅らしい、最高の和みの光景でした。7年前の震災当時の話しをしてくださったお礼なのでしょうか、おじさんが大事に被っておられる野球帽に、正平さんの珍しいサインの押売り。。おじさんへの激励に思えます。おじさんからはサインのお礼かしら?正平さんを追ってフェリー乗り場迄、サメの目玉が飛び出るオモチャのプレゼント。小学生か?と照れながら受け取る正平さんの優しさが素敵です。 早速チャリオ君のお友達ですね。 こころの風景の、田中浜からキゲ磯まで、お父さんが浮き輪に子供を乗せて、引っ張って泳いで行くには、相当な距離もありますし、体力も要ります、何よりも愛情の強さを感じました。 明日は、どんな出会い、こころの風景なんだろう。待ち遠しいです。

投稿日時:2018年10月30日 23:57 | ぶらうにぃ

抜けるような青空のもと気仙沼湾に沿って進んでいく正平さんたち。ランチの場所で会った人たちとの会話が楽しいですね。
指で押すと目が飛び出すおもちゃを持って再登場されたおじさん。正平さんとのかけ合いを見ていると、素朴で自然な感じの志村けんさんのようです。こんな穏やかで平和な光景ですが、どうしてもあの時の火の海の衝撃的な映像を思い出します。
フェリーは新しくなって市民の足となって活躍していました。
この番組は投稿者のこころに残る過去の風景へたどり着くものなのですが、その途中に映るゆっくりと進む復興の風景は、見るものに近未来の風景として様々な印象を与えています。

投稿日時:2018年10月30日 23:48 | mountains

朝版出た子どもたち、かわいかった。
恥ずかしいけど勇気を出して近づく女の子がいいですね。
ありとあらゆる年代の女性にモテモテなのが正平さんです。

楽天帽子をかぶったお父さん。年を取っても永遠の少年という風情がいいですね。釣りをしている時間、幸せなんだろうなぁ。

大根島、角島、伊良部島と橋でつながれた島も数々登場しましたが、今回の気仙沼大島。
橋でつなげることができそうな島ですが、それがないおかげで楽しい船旅を見ることができました。
ピーカンな青空で気持ち良さ感度倍増です。

投稿日時:2018年10月30日 21:56 | ヒロリン

こころ旅大好き!応援してしている私達です。
正平さん達が気仙沼へと知り、楽しみにしていました。
3年前に少しでも~応援になればと大島へ旅行に行きました。
宿の紹介で(ゆず狩り)を?" 今日のお手紙の彼女はゆず園の娘さんでした。びっくりで~す。
元気なお母さん、笑顔が優しいお父さん‼を懐かしく思い出させてくれました。あのお父さんと磯まで行き遊んでもらった娘さん‼正平さんにお手紙読んでもらって本当に良かった。

投稿日時:2018年10月30日 21:41 | ミント

776日目の旅、観たよ。
「田中浜・キゲ磯」
2013年の旅の小さな岩は
265日目の「ホッキ島」と振り返りました。
ホヤを食べたことがありますが、日本酒に合う
大人の味と思っています。
七五三詣り、もう観れるとは。
カキフライ定食500円の安さにはびっくり。
話しかけた女の子、番組を観て、喜んでいることでしょう。
星野監督と火野さんサインの帽子のおじさん
いい雰囲気でした。さすが火野さんが話しかけたおじさん。
いろいろな方の応援振りにこころ旅が愛されているのを
再認識しました。

投稿日時:2018年10月30日 21:06 | ももの爺

静かに話される男性
震災のことを聞かせてもらっていたら胸がつまってきました。
‥辛すぎる出来事です。
お土産を渡そうと、正平さんを待っておられたんですね。
温かい方で、ほのぼのしました。
きれいな海 きれいな浜辺
ザブーンザブーンと波がぶつかる音が、心地いい響きでした。

投稿日時:2018年10月30日 19:47 | kimiちゃん

おもしろグッズを手に現れたファンのおじさん、笑える~
鰯の大群も綺麗に見える青い海。この海が震災の時は火の海だったと語る著名人のサイン付き帽子に正平さんも参戦。ほんと、一気に値があがるかも。
ピュっと押すと目がでる気仙沼のサメ、ほんとうに愉快なおじさんが現れたこと。とうちゃこの地を目指して乗ったフェリーも特別待遇のご招待。高見の景色が美しい。この島の被害はどんなだったのか・・・。この青い綺麗な海が凶器になるなんて誰が想像できるものか・・・汗疹も海水浴に行くと治るなんて聞いた事があった。肌の強い子に育つようにとの習わしだったのでは?近そうに見えるキゲ磯も結構な距離。プカプカ浮かぶ子供を運んだお父さんも成長が楽しみだっただろうな~。ほんとうに青が綺麗でした。

投稿日時:2018年10月30日 19:32 | GUREYO

正平さんが、子供達と接する姿にいつも、微笑ましくて大好きです。
「何だよ~」の声かけが、とにかく優しいんです。
人懐っこい正平さんに、みんな近づきたくなるんですね。きっと‥
雲ひとつない青空と静かな青い海
以前の晴れ男Tシャツが印象深い岡崎監督さん
快晴で良かったです。
そして大きくて安いカキフライ。
宮城県は、新鮮な海の幸が豊富と聴いています。
魅力的ですね!
一日目のとうちゃこ楽しみにしています。

投稿日時:2018年10月30日 15:41 | kimiちゃん

揚げたてジューシーな「カキフライ定食‼」 安っ!美味しそう!
決めた!今夜はカキフライです。
庭の「カボス」をかけて、産直に負けてませんヨ (^^♪
ケチャップたっぷりの「ナポリタンスパゲッティ」はいつかな?
夕飯メニューのヒントにしま~す。
「ホヤ」は見た目がチョットだけど、「ホヤ坊や」は可愛いですね。
海の景色は大好きです。波の音、潮の香 ホットとします。
とうちゃこ「キゲ磯」どんなかな?

投稿日時:2018年10月30日 15:34 | みけ

どこまでも清んだ青い空と海が、綺麗な宮城県の1日目。 「今、一生懸命、直し中です」 と、目の前の風景。。 堤防、橋、道路も真新しい。 5年前に見たこころの風景も、面影を消されるほど復旧してますね。 途中の魚市場も綺麗。。その近くに[防潮堤工事、H31年 3月 25日まで] の看板が立っていた。道路は新しいのにセンターラインが薄くなるほど交通量が多いのでしょうね。 七五三詣り、正平さん同様に、私も11月15日とばかり思っていましたが、今は寒い時期を避けたり、早くから遅くまで期間長いんですね。 今日の出会いは、女の子にふふふと笑顔になります。 こはるちゃんとのタッチ、ホヤ坊やを抱っこしている子。。写真撮影に、水さんの「こっち向いて〜、は〜い‼︎」の優しい声も大好き‼︎ フェリー乗ります‼︎ の正平さんの声も可愛い‼︎ お父さんとの思い出の浜と磯の風景、楽しみです

投稿日時:2018年10月30日 13:33 | ぶらうにぃ

朝版で正平さんが覚えておられないと仰っていましたが、確認すると確かに2013年に気仙沼の小島(ホッキ島)を目的地にされ、対岸の木の茂みあたりの突堤でお手紙を読まれていました。途中、漁師さんにホッキ島に船で行けないか確認されていました。周りの景色は、草が生えて野原という感じで正平さんが仰るように景色がだいぶ変わっているようですね。復興が早く進んでいることがわかりました。

投稿日時:2018年10月30日 12:30 | ヒロシです。

10/30(火)朝版
*753詣りの着物姿の女の子、*正平さんについて回る「私の名前は....小春」ブルーのワンピースの女の子、*家族写真のほや坊のマスコットのブルーのシャツの女の子。
ほのぼのとなんと可愛い3人の女の子❤️
画面一杯に広がるスカイブルーの空、果てしなく続く青い海❣️何故か印象に残る朝版でした。
他には目を移したくない気持ちの、私です。

投稿日時:2018年10月30日 12:20 | kawasemi

正平さんの「前に来たことがあるんだけど島の風景は覚えていないなあ」の言葉。島は変わっていないけれど、周りの景色は変わっている。復興が進んでいることの証で、早く日常の景色になじんでほしいと思いました。
昼食がワンコインでカキフライ、産直はお値打ちですね。それから今年も昼のドリンク、月曜日はコーラ続いていますね。これから寒くなりますが、最後まで月曜日のコーラは続くのでしょうか。いつホットドリンクに代わるのでしょうかね。

投稿日時:2018年10月30日 12:18 | 東海の凡人さん

とてもキレイな青空 気持ち良いことでしょう 朝晩の寒暖差が大きそうですね。
毎日楽しみに観ています。私の街にもこないかしらと期待してしまうのですが、
ゴールまで事故無く、ケガなく気をつけて撮影して下さい。

投稿日時:2018年10月30日 11:48 | ハニハニ

ワンコインで食べられる カキフライ定食。
いいな~♡ 粒も大きいし 美味しそう(*^。^*)
私のお腹はいっぺんに 牡蠣食べたいモードになっちゃいました~

ホヤはやっぱりちょっと苦手です(^-^;
でもホヤぼーやは かわいい♡
初めて知った ゆるキャラでした。

青い空 青い海
見ている私も 気持ちいい
とうちゃこ版も 楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2018年10月30日 10:56 | norinorimiffy

気仙沼の秋空、気持ち良いですねぇ。沿岸部の工事風景は刻々と変化しているのですね。前回お便り読んだとうちゃこ地点も見覚えがないと仰ってました。
ブログにも載っている女の子とのおしゃべりタイム。ほのぼのします。ランチ時は老若男女様々な世代からお声がかかり、握手ぜめ、写真タイムとモテモテなシーンは見ているこちらも笑顔になる朝版です。
フェリーに乗ってこころの風景キゲ磯へ。とうちゃこ楽しみです。

投稿日時:2018年10月30日 10:05 | ゆきぱん

真っ青な空と海で正平さんを歓迎してくれた気仙沼からの始まり。2011年の夜まっ暗な闇の中に火に包まれた気仙沼の海のオレンジ色が浮かんでくる。7歳の七五三参りの女の子は震災後の大切な命。正平さんも10月の七五三に興味津々。寒くなる前に・・・との親心ですね。
見えてくるのは新品の道、新品の魚市場。全てが無くなってここまで作り直されたんだと思うけれどまだまだ先は長いんだろう。今夏女川町に転勤になった息子が盆休みに「ホヤ」を持参して帰省した。独特の見栄えに磯の香りの癖のある味。これからテレビで見ても身近かに感じられる。三陸の牡蠣の大きい事。これでワンコインは安い!可愛い女の子のファンの登場で正平さんの目尻もより下がる。優しい声援を一杯受けて今夜のとうちゃこも楽しみ~

投稿日時:2018年10月30日 08:30 | GUREYO

火曜日は、気仙沼でしたねー天気が良くて良かったですね。私も、夏になると良く大島に渡り、民宿にとまりました。景色はかなり変わってしまっていますね。正平さんに偶然会えた方々羨ましいです。宮城県と聞いて、どの辺を走られているか、全く情報もないまま、偶然にお会いできる事を願っていたのですが。今週は楽しみに拝見させて頂きます。そして、同じ場所を巡ってみたいと思っています。

投稿日時:2018年10月30日 08:25 | いちごフロート

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2018年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

バックナンバー