2018年10月05日 (金)【北海道-つづき-】炭鉱の町赤平で炭鉱の味を食す



かつては石炭の一大生産地
赤平(あかびら)市のある
空知(そらち)地方は、夕張、三笠、前日に行った美唄(びばい)などと並ぶ、かつての大産炭地。




シーズンインの鍋焼きうどん
この日の昼食は、和美さんも
行ったことがあるかもしれない
食堂で。
正平さんは、シーズン始まった
ばかりの鍋焼きうどん。

 

 

 

 

アツアツでした
「熱い!熱い!」
と言いながら完食!!

 

 

 

 


 

スタッフは”がんがんラーメン”
スタッフが頼んだのは、
かつて炭鉱で働く人が食べていた
ホルモン鍋をアレンジした
“がんがんラーメン”

 

 

 

 

鍋をストーブで

赤平のいろんなお店で食べられるそうです。
ガンガン煮込み、
ガンガン食べて、
ガンガン働くから
「がんがん鍋、がんがんラーメン」
という名前を付けたそう。
赤平のいろんな店で、食べることができるそうです。

 

 

 

ズリ山を目指す!
ラッキー7なのか?777段、
日本一といわれるズリ山階段。
果たして上りきることができたのか?
今夜7時のとうちゃこ版
をお楽しみに(^O^)/

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

赤平市は、私が生まれて3ヶ月しかいませんでしたが、母の故郷でもあり高校出るまで赤平の住友炭鉱の会館にはよくいきました。
母の姉夫婦が管理していたので遊びに行きました。
懐かしく中学から高校までの記憶を呼びおこしました。
現在の赤平市は人口も減り、街自体もちいさくなりましたね。
懐かしい赤平市を紹介してありがとうございました。

投稿日時:2018年12月26日 16:32 | ゆうじ 

赤平といえば祖父の訃報を聞き急ぎ飛行機で旭川まで飛んで通夜に駆けつけて以来行ってない。
確か赤平駅から歩いて叔母の家に行き、通夜の会場を教えてもらったんだ。
あの時歩いた道を正平さんが走ったんだねぇ

投稿日時:2018年10月12日 00:16 | 昭和世代

777段もの階段お疲れ様でした。凄いな体力。休憩後
一気にかけあがりトンボと戯れ
足笑うと賑やかな掛け声はやんちゃ少年でした。
おすそ分けしないおやつのトマト
とってま美味しそーでした。
真似てみよう作ってみようかな。無理❣️か❤️

投稿日時:2018年10月06日 19:50 | ももくろさんぼ

今週のとうちゃこ版は金曜日しか観れなかったので、今再放送を観ていますが、新蕎麦のざるそば美味しそう。お腹がグゥ〜と鳴りました!何年かぶりに再会された女性も相変わらずお若いですね。

投稿日時:2018年10月06日 11:32 | のりちゃん

撮影中震災に遭い、その後は どうなってしまうのだろうと心配でしたが、
2週に渡っての北海道の旅が無事に終わり、ホッとしました。
最終日の 赤平ズリ山への777段付きの頂上に、無事トウチャコ。
頂上は赤とんぼがたくさん飛んでいる トンボの楽園?になっていましたね〜
馬場さんの懐かしい友の皆さんも、今日のこころ旅ご覧になって、
懐かしく思いだしてくださったら最高ですねー
正平さん、スタッフの皆さん、震災に遭い色々大変だったと思いますが、
そんな時でも、いつも通りのこころ旅届けてくださり ありがとうございました。
三枝監督さん、週担当お疲れ様でした。元気なお顔が見られて 嬉しかったです。

投稿日時:2018年10月06日 09:52 | ひよこ豆

777の階段上りお疲れ様でした、機材を担ってのスタッフの皆さんも、大変だったことだろうと思います。スタート地点の看板のご案内通り、トンボの楽園だったズリ山のてっぺんは、赤平の町や遠くの山々まで見渡せて、気持ち良さそうでした。一段毎に段数とお名前があったのは、皆さんの寄付で出来ている階段なのですね、お祭りで駆け上がったり、地元の「ズリ山愛」が感じられました。昔があって今があるということを、大切にしていらっしゃるのですね。
北海道編は地震もあったりで何かとたいへんだったことだと思いますが、「前を向いて行くよ」が、お互いの大切なキーワードになっていたような気がします。
次週青森県もお気をつけて。正平さん、良くなった歯でたくさん食べてくださいね。

投稿日時:2018年10月06日 09:35 | pon

空知(そらち)、いい響き。
赤平は あかびら と読むのですね。
777段の階段お疲れ様でした!
とんぼたちのお出迎え。北海道はすっかり秋なのです。
最後の、正平さんからの言葉☆


投稿日時:2018年10月06日 04:58 | るる

777段見事登りきりましたね
おめでとうございます
年だけ言ったら初老の年齢層なのに凄い、さすが永遠の少年ですね
今回動物シリーズ、地元の食べ物シリーズ良かっです
楽しめました
うどん食べてる時皆んな見てるっていう映像面白いなぁと
スタッフのちょっとした仕草にスポットを当てるって良いですね
それを見て一人で笑ったり、ツッコミを入れたり、そういう楽しい時間が
持てるから私は元気になれます
青森も楽しみにしてます、気をつけて行ってらっしゃい

投稿日時:2018年10月05日 23:50 | えみぽん

秋晴れのなか、なが~い階段お疲れ様でした。頂上では赤トンボが待っていましたね。眼下に見下ろす眺めは心地好かったです。
私の大好きな北海道、最高でした。
道中くれぐれも気をつけて頑張ってくださいね(^o^)v

投稿日時:2018年10月05日 23:30 | くんちゃん

4日間で4種類の麺類を食べる正平さんの拘りがいいですね。
9月で鍋焼きうどんは北海道らしい。

777段のズリ山踏破、おつかれさまでした。
踏破した姿は、お年を召したグレートトラバースの田中陽希さんって感じでした。

投稿日時:2018年10月05日 23:06 | ヒロリン

北海道2周目お疲れ様でした。777の階段が最後に待ってましたね

投稿日時:2018年10月05日 22:54 | カタツムリ

北海道最終日・炭鉱の町へ。「ズリ山」又、一つ知識がふえました。777の階段・スリーセブンで縁起がいいのかもしれませんが、ハンパない!この3日間で70Kちかく走ってきた正平さん・これを登れば、当然下ることに。「ひざが笑っている」どうぞ、しっかりケアしてくださいね。来週の青森、どうぞ何事も起こりませんように。

投稿日時:2018年10月05日 22:00 | SETSUKO

  777段の階段を上った「赤平のズリ山」の頂上では

無数のトンボが正平さん達をお出迎え! (愛らしい光景)

トンボは前にしか進まないから 縁起が良いと(象徴だという)。

これからも「秋の旅」が順調に続けられることを願いつつ \(^o^)/。

投稿日時:2018年10月05日 21:08 | とんがり姉さん

767日目の旅、観たよ。
「赤平のズリ山」
こんちわーすは、脳みそ夫さんのギャグと
調べて分かりました。
火野さん、先取りしてましたね。
追加したギアが使用出来、良かったです。
飲食店ではのれんから、火野さんはラーメンを食すると
思っていましたが。
スタッフさん達はラーメンだったのですね。
階段挑戦、スタッフも当然ですが、同行ですが
三枝監督を含め脱落者がいず、何より。

投稿日時:2018年10月05日 20:39 | ももの爺

777段のズリ山階段、絶景でした!!!
正平さん、チームこころ旅スタッフのみなさんが赤トンボに歓迎されて
ましたね(^-^)

投稿日時:2018年10月05日 20:37 | かりゆし5800

階段を上る正平さん
いつも思いますが、真っ直ぐできれいな姿勢
で、かっこいいですよね!
階段の数多すぎです!
最終日の北海道も、とてもきれいな風景を見せて頂きありがとうございました。
最後のひと言があったかくて、涙がでそうでした。

投稿日時:2018年10月05日 20:20 | kimiちゃん

最近、脳みそ夫にハマってるらしい正平さん。
「こんちわーっす」から始めるのが、嬉しそうです!
みなさん、体に気をつけて下さいね。

投稿日時:2018年10月05日 19:57 | マルコ

今日は階段たっぷり777段。
たまにはこういうのもいいですね。
階段を上っているところを撮影のBカメの場所は、赤平駅の屋上でしょうか。

投稿日時:2018年10月05日 19:41 | 山山

正平さん、チャリオ君、スタッフの皆さん御苦労様です
毎日楽しく見させて頂いております、777段の階段お疲れさまでした、
私事ですが72歳の同い年の妻と7月の末に山形の山寺の1000段の階段を登って来ましたので今日の正平さんの777段の大変な足腰様子が手に取るように思い出されます、正平さん本当にご苦労様でした、来週からの青森からの東北南下の旅を楽しみにしています、ガンバレ正平✊

投稿日時:2018年10月05日 19:37 | 葵の爺

ランチタイムのお店のご主人が裏からは車で行ける・・・なんて裏情報をくれたけど正平さんはそうはいかない。「777段の半分は・・・」なんてボヤきながらの始まり。ほんと、北海道ラストの馬場さんのミッションはなんともハードだこと。北海道地震から1ヶ月が過ぎたが今朝も震度5弱の余震が起こり週末には台風25号が直撃するとの予報。この黄金色の景色に災害が起こりませんように。JRの赤平駅はホテルのよう。中身は石炭のずり山もいろんな木々に覆われて普通の山にしか見えない。正平さんの好意の探索で見えてきた炭鉱立杭跡の廃墟。こういうオマケが有難い。「クライマーズハイ!だよ」ってノリ良く登って来たけれどちょっと休憩。Bカメさんがちゃんと狙ってましたね。69歳、良く頑張りました。この高さから見下ろす町の風景に込められた町の歴史。こころ旅ですね。お疲れ様でした。

投稿日時:2018年10月05日 19:33 | GUREKO

今日は穏やかな天気の赤平で、よかったです。でも、777段の階段がとても心配です。

昨日は、宮島沼まで、有難うございました。美唄の風!強いんです。まさか、風が吹くなんて。正平さんのハアハアがとても心配でした。
正平さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。おかげで、念願の宮島沼が見られました。とても感激です。もう、あそこしか、入れないんですね。残念です。

赤平のお手紙の方も、感激だと思います。
階段のぼり応援してます。

静岡まで気をつけて。

投稿日時:2018年10月05日 17:02 | さすらいのヤマちゃん

数年前、夫が月曜版に採用になって以来、ずっと赤平に来られないか祈念してました。
それが、まさかわたしの誕生日にオンエア。
しかもウチの前通過して下さったのです。

あまり目立たない生活道路添いの公園がスタートって素敵過ぎます♪
アノ坂をよくぞ登って下さいました。
夫と二人で「まさか、コレまっすぐ行くの?坂あがるの?」ってドキドキ。
カーブ有りの鬼の急勾配です。
火野さん凄すぎます。男っぷりが更に上がりました!
とうちゃこ版も、楽しみにしています。

投稿日時:2018年10月05日 14:24 | 奈ほ子

朝版でごはん時に正平さんが「俺は麺シリーズ仕上げるぞ‼‼」って仰ってましたが、増毛町の放送に昼食シーンがなかったので何を食べられたのかわからなかったのですが、月曜朝版で確認すると、どうも増毛で「こころ」という名のラーメン店に入っているような形跡が映っていました。ラーメンだったんですね‼‼ 幌加内町(蕎麦)、増毛町(ラーメン)、美唄市(スパゲティー)、赤平市(鍋焼うどん)だったのですね。正平さんの食欲にはいつも驚かされます。さて来週の青森では何を食べられるのでしょうか?とっても楽しみです。ちなみに過去、青森では海鮮などの丼類が最多です。〈正平さんの昼食研究家〉

投稿日時:2018年10月05日 14:14 | ヒロシです。

こんちわーっす談議が、おもしろく
つい気になり、探し‥アッ!そっくり!
笑ってしまいました。
楽しみです。正平さんの先取りギャグ。
食事時のたくさんの目と、皆さんの笑顔が、和やかな雰囲気でとても楽しそう~
アツアツで、具だくさんの鍋焼うどんがかなり美味しそうでした。
ピッタリの季節が来たなぁと感じます。
青い空と、プカプカ浮いているような様々な形の白い雲
そして大地には、黄金色に色づいた稲穂、何を見ても北海道だなぁと気持ちよく眺めています。
数字はラッキーですが、体に響くような777段
ホントにエスカレーターがあればいいのに‥

投稿日時:2018年10月05日 13:10 | kimiちゃん

皆さんに見守られ(?)ながらの熱々の鍋焼きうどん、いつも思います、さりげなくチームの皆さんを紹介される正平さん❣️流石です。いつも食事風景を参考に我が家の献立が決まるんですが、奈良は只今29度。鍋焼きは無理‼︎今日は折角庭に出来たムカゴを使い(正平さんが番組で紹介された)ムカゴご飯にしました。やんちゃな少年(正平さんは永遠の少年)の豊かな感性☆こころ旅☆の根底に流れる優しさ、ぽつんと呟やかれる一言一言が私の心を豊かにします。貴重な貴重な番組です。初心者マーク

投稿日時:2018年10月05日 13:08 | kawasemi

「朝版」。北海道の2週目――毎日、雄大な風景、泰然とした生き物たちの姿とともに味わっています。
が、きょうの「赤平駅」の改札口に「終日運休」とあるのを拝見して……ロケ日には、まだ人々には非常時だったのを思い起こしました。
しかし、北海道の静かな秋……。いいですね。自然は、なにごともなかったような顔をして、あるがままです。
夏のにぎわいと違う魅力を、堪能させてもらっています。
ギアが1枚分利いて、軽そうにこがれる正平さんを見るのは、こちらまで身が軽くなったようです。

投稿日時:2018年10月05日 12:48 | 川崎ジンジャーエール

大きな空と広い大地、路地というものが見当たらない道路。二週間見慣れた景色とも今日でお別れと思うと淋しいです。朝の放送でチラリと赤い屋根の電話ボックスが見えたのは、私の錯覚。懐かしかったです。

投稿日時:2018年10月05日 11:30 | ゆっこ

正平さん スタッフの皆さま 地震が心配ですが 毎朝見さしていただいてます。前回の旅で私の思い出の場所へ訪問ありがとうございます。あれ以来 次はいつ旅するのか 待ち遠しく。今回 旅始まるとの事で 楽しみにしてました。 今日はチャリオ君はあまり走る距離なく 山に登るんだなと思い 夜また見たいと思います。 皆さん 旅の無事を祈り 見さしていただきます。

投稿日時:2018年10月05日 11:29 | 佐藤

今週の正平さんの始まりはいつにもまして元気ですね。
チャリオ君の最新ギアは使うのに少しコツがいるみたいですね。でも使うと坂道が歩く感じで進めるような感じですね。
見ているほうはいつそのような坂が登場するのか楽しみデース。それにしてもさすが北海道。ずり山は九州のボタ山より大きいのですね。山越え、野を越え、谷越えて、橋を越えて、静岡に無事のこころ旅ゴールを迎えることを毎日放送を見ながら待っています。

投稿日時:2018年10月05日 10:29 | 東海の凡人さん

北海道最終日も青空と白い雲が浮かびいい日和ですねぇ。「こんちわーっす」ってこれから流行ると先取りされる正平さん、いつも色んな方向にアンテナ張り巡らせてセンサーを働かせているんですね。さすがです。
道中はのんびりチャリオと走ってと言いつつも途中は登り坂、ギアが進化したチャリオにちょっと手こずり、待ち受けるは777段の階段・・
かつて炭鉱で繁栄した町は寂しげですが、立派な赤平駅舎は交通センターに利用されていました。 ズリ山への登頂?楽しみにとうちゃこ拝見いたしますね。

投稿日時:2018年10月05日 10:10 | ゆきぱん

2週に渡った北海道の旅も、今日が最終日。 2週目はピーカンの上天気で澄んだ空が、秋真っ只中を感じさせてくれます。 正平さんのファッションも、毎日素敵だなぁ…心の風景に涙したり、ランチの和気藹々…楽しい‼︎……と、メッセージを送らなきゃ……それが私の日常なのに、送れなくて悶々としていましたが。。ヤッパリ、健康第一‼︎ 正平さんも歯を治されて、食欲旺盛、完食‼︎のブログを見て、ガンバラネバと元気を頂きました。 九州では、ボタ山、北海道ではズリ山って言うんですね。。本当にこころ旅で、勉強させて貰ってます。 物知りだなぁって夫にも言われ…ニンマリ。。えへへ。。 今日は、空知川の地名を見て、中学生の頃から6年間位、雑誌の文通相手募集で知り合った方と、文通していた事を思い出しました。。懐かしい〜。 さてラッキー7の階段。。ぼやきながらの制覇、楽しみにしています。

投稿日時:2018年10月05日 10:06 | ぶらうにぃ

正平さん、スタッフの皆さん、北街道の旅、お疲れさまでした。
あの時はどうするのかなと、思いましたが、無事にロケ終了
よかったですね。連日、秋本番の北の大地がみられて、
嬉しい2週間でした。本州の旅も楽しみにしています。

投稿日時:2018年10月05日 09:48 | 産地は埼玉です

777段と聞いた時
もしかして 777日目?と思いましたが。。。
残念 ちょっと違いました~(^-^;

いつも新しいギャグは正平さんから。。。
今回のも 初めて知りました(*^_^*)
ホント 正平さん 守備範囲が広いです。脱帽(^^ゞ

鍋焼きうどん そろそろの季節になってきましたね。
私は 鍋焼きうどん大好きなので
真夏に注文して お店の人を慌てさせたことがあります。

ボタ山とかズリ山とか いろいろ呼び名があるんですね。
こころ旅 勉強になります。
チラッと見えた階段は 果てしなく続いているように見えました。
とうちゃこ版 楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2018年10月05日 09:11 | norinorimiffy

「こんちわーす!」って? 今までもその時の流行りを正平さんはおもしろがって真似てくれてるが今朝のはまだ先取りなのかピンときません。お休み中に放送されるSP版を見てたら「♫あったかいんだから〜」ってアドリブ付きで歌ってるのを見て「そうか・・・この年だったか〜」って思い出させてもらいます。二周目最後の北海道は空も高く広がる奥行きまで本当に「でっかいどう!」そのもの。ずーっとずっと真っ直ぐな道だったのが今朝は上りに変わりチャリオ君も新しい装備が早速活躍。だんだん慣れればスムーズに行くことでしょう。今日は767日目、そして馬場さんの心の風景は777段の階段。わ〜気の毒、キッツイことだろう。寒くなると食べたくなるのが鍋焼きうどん。少し太麺、少し色の濃いダシはアッツ熱でみんなの視線を感じながらの完食。「まんぷく」の後に見る正平さんの満腹。30分が楽しみです。

投稿日時:2018年10月05日 08:28 | GUREKO

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

バックナンバー