2018年10月03日 (水)【北海道-つづき-】国道231号を増毛(ましけ)へ・・・


 遠くに見える天売(てうり)島は
2014春「356日目」に訪ねました。

遠くに天売島が見えた
正平さんいわく・・・
「平らに見えるけど、
結構アップダウンがあったよナ」

 




ロシア語探し
浜辺に着いた漂着物の中に
ロシア語が書いてあるものはないかと探しましたが・・・
ゴミらしきものはほとんどありませんでした。









不思議な物体
不思議な物体を発見!
コンクリートの塊にひもが付いて
います。
現場では“魚網”を固定する物じゃないかという意見になりましたが、知っている方いらっしゃいますか?



 

 


国道231号を行く

<今夜7時のとうちゃこ版>
国道231号を一路増毛へ・・・
“世界の果てのような風景”に
見えるのか・・・は、
7時からご一緒に(^O^)/

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

今回は録画してみました
釣り人のおじさんの放送今日だった(あー勘違い)
お母さんの看病に行った帰り道の風景何度も見たいと言っておられたのを
最後にぽつりと正平さんが、優しいんだねと言った言葉が深いなーと思いました
悔いのないように看てあげてとエールを送っているような感じがしました

投稿日時:2018年10月05日 00:20 | えみぽん

木嶋さんの手紙のおかげで懐かしい場所が見れました。
増毛駅前の「風待食堂」は1981年の高倉健さん主演の 駅 STATIONのロケ用に使われたままですね。(廃線前にロケ地に行きました)
お手紙と同じ様に雄冬は陸の孤島で、増毛港から母が待つ雄冬まで船で行く話しでした。
木嶋さんが運転される冬の札幌、留萌は大変ではないでしょうか?
映画では留萌、増毛、雄冬の厳しい冬が描かれていました。

投稿日時:2018年10月04日 14:34 | 丹波の國福知山の住人

地震の後、北海道は綺麗な秋晴れの日が続きました。停電や余震の不安の中。あの青空で沈みがちな気持ちも少し上向きになりました。
映像を見ていると、あの時の気持ちを思い出します。
どうか、順調に旅が進みますように!

投稿日時:2018年10月04日 13:43 | びーちゃん

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
水曜日とうちゃこ版、見ました。
どこまでも青い空が、印象的でした。
それと、シャケ釣りのおじさんの迫力!!
ウケました!!
地震の影響を心配していましたが、心配をおじさんが吹き飛ばしてくれました。
♪生きてりゃいいさぁ♪

投稿日時:2018年10月04日 05:34 | REIKO

下り坂を降りてゆくとき、海を横に走るとき
すごくのびのびとした走りに見えて、
悩みや複雑な想いを抱えながらだとすーーーっと浄化されそうで
お手紙の方の気持ちがわかるような風景でした。
母のことを想う気持ちは同じだなあと。年代も近いのでよくわかります☆

釣りをしていた威勢のいいおじさんとの会話から
正平さんも何かしら受けた感じがありましたね♪

投稿日時:2018年10月04日 05:01 | るる

とうちゃこにて。
すべてが美しく、さわやかなこの日。

正平さんがつぶやいた、
抑えていたものが、あふれ出たひと言。

私は忘れません。


投稿日時:2018年10月04日 04:19 | 川崎ジンジャーエール

介護程度の差こそあれ誰もが一度は通る道、義父は認知症で徘徊がひどく捜索願で3度警察にお世話に、丁度私35歳奈良から京都へ転勤の話、退職?折角のいい話受けなさいと主人 通勤1時間 1週間後脳梗塞で亡くなり、孫達に共働きの私達に変わり愛情いっぱい注いだ義父でした。今があるのは義父母のお陰と息子夫婦に話し。亜希子さん北海道の雄大な自然に深呼吸し力をもらい、☆こころ旅☆にクスクス、ゲラゲラ、大爆笑に癒やしと勇気をもらい、健康に留意されお母様のお世話をお願いします。増毛は主人の大恩ある叔父さんの若かりし頃の赴任先で何度となく話題にし初めて見る増毛でした。亜希子さんを癒やしてくれる増毛の雄大な自然、増毛のイメージとして脳裏に焼き付けました。ありがとうございました。

投稿日時:2018年10月04日 03:58 | kawasemi

こんにちは✨ 何時も仕事の為、録画して視ています。
皆さんの色々な人生、思い出を自分と照らし合わせたり
励まされたり、旅先の出会い 面白く楽しく拝見させていただいております。

投稿日時:2018年10月04日 00:51 | 廣村 豪 (ヒロムラ ツヨシ)

鮭釣りしているおじさん、最高。
大声で元気よく、言えないことがありません。
正平さんに「プレイボーイ」と声をかける度胸がすごい。
年の頃は70過ぎか。自分もあの年になったら、あの感じでいたい。

投稿日時:2018年10月03日 23:01 | ヒロリン

月曜朝版で見た海岸、留萌市からだったんですね。釣りをされていた元気で愉快なおとうさん・石と波が奏でる心地よい音。お便りの方の子供のころは、世界の果てと、思われていた岬・今では願いを託す岬に。親には1日でも長生きをしてほしいですね。それにしても、この大変な時に、留萌までの移動は、苦労されたことでしょうね。どうぞ無理をしないように、旅を続けてください。

投稿日時:2018年10月03日 22:41 | SETSUKO

お天気も良く、秋の青空、眼下にキレイな青い海を
眺めながらのくだり坂、、気持ち良さそう〜 !!
昔は陸の孤島だった雄冬岬と、穏やかな海を見ながら、
亜希子さんが少しでも長く、ご両親の元に通えるようにとの
願いが叶うと良いなあ〜と思いました。

投稿日時:2018年10月03日 21:48 | ひよこ豆

秋旅一番の快晴ですが お手紙は悲しいです。

親が生存なら「認知症」との関わりは 誰もが経験する時代。

とりわけ 母と娘の関係は 一線を画していたから大変だ。

心の葛藤や後悔は?人間ですものと自分に言い聞かせてやり過ごす狡さ。

見舞って帰られる 道すがらの風景に 暫し気持ちを休める

青い空は天高く。青い海はどこまでも広く。(羨ましい風景ですね)

増毛町 別刈古茶内から見る 昔の陸の孤島「雄冬岬」は泰然として

人間の営みを眺めているようですね。 頑張りましょう!

投稿日時:2018年10月03日 21:41 | とんがり姉さん

765日目の旅、観たよ。
「国道231号 別苅古茶内から右手に見えてくる風景」
青い空、青い海の終始に
観ている方も、気分が良かったです。
他の方も書いていますが、日焼けした火野さん頭の釣りの
おじさん、笑わせてくれました。
認知症のお母さんのお話に、自分の亡母と重なりました。
356日目の旅「天売島 焼尻島へ泊まった旅行」の
ブログを振り返りました。

投稿日時:2018年10月03日 20:32 | ももの爺

北海道の旅を続けてくださって本当にありがとうございます。
廃線の閉ざされたトンネル、増毛駅前の旅館や食堂にかつての賑わいを、
オロロンラインに車が走り、時代は変わって行くのですね。
お母さんも施設で穏やかに過ごされいる様子でホッとしました。
私も亡くなった母に、ともこは何処に居るの?と聞かれてびっくりしました。
言わなくていい事も言い後で後悔していました。
一日でも長くお母さんに会いに行く日が続きますように。

投稿日時:2018年10月03日 20:29 | TOMOちゃん

鮭釣りの楽しいおじ様
飾り気なく、面白く、そして然り気無い優しさあって、北海道の自然のように、人もおおらか~
見ているだけで元気もらえました!
海のそばには、山々がそびえ、海沿いの道は、本当に綺麗で、最高の景色でした。

投稿日時:2018年10月03日 20:26 | kimiちゃん

「天売島、利尻島、日本海でーす」 そうか、北海道のこの海は日本海なんだ。なんだか不思議・・・。今までも時々紹介される認知の親にまつわるお便り。ついこの間まで元気で多くの友達と旅をしてカラオケを楽しんでた母がまさかアルツハイマーだったと分かった時から現実の大変さを体験しお便りの受け止め方が変わりました。なのでこの池田綾子さんの澄んだ美しい歌声さえポロリと涙が出て溢れます。
鮭ってこんな海に向かって竿を立てて釣るんだ。日焼けして元気いっぱいの釣り人の賑やかな事。同じヘアスタイルの元気な話が楽しい〜。誰しもがこんな老後を送りたいだろう。
思い出を辿りながらお母様の元へこの国道を往復されてる亜希子さんのお便りが胸にしみて今夜もポロリです。良いお天気に恵まれて目で追う北海道の景色を堪能させてもらいました

投稿日時:2018年10月03日 19:34 | GUREKO

オロロン街道を疾走する正平さん気持ち良さそう。ここはニシン街道でもあるんですね。
海の青さといい、秋空の青さといい最高のサイクリング日和。数日前の地震が嘘のようですもの。
威勢のいい真っ黒に日焼けしたシャケ釣りのオヤジさん、迫力があります。正平さんとの絡み合いもテンポ良くて絶妙な感じですねぇ。
願いを託す亜希子さんのこころの風景はどんなかしら?とうちゃこ楽しみです。

投稿日時:2018年10月03日 15:55 | ゆきぱん

今日のお手紙を拝聴しながら、母を思います。
1日でも1分でも長生きしてほしい、ただその思い一心で介護していた日々
‥ちょっとしんみりの朝です。
千望台から、ず~っと下り坂
先の方に見える真っ青な海が、とっても素晴らしく
何もかも忘れられるような‥
もっともっと眺めていたい
北海道らしい雄大な風景でした!
打ち寄せる波と石が奏でるカラカラの音
最高~!
楽しい方に出会えるとうちゃこ
正平さんとの会話が楽しみです。

投稿日時:2018年10月03日 15:20 | kimiちゃん

亜希子さんの、お母様を介護される中での思いをつづったお手紙。
私のこれから行く道を照らされているようで……あまりに共感が深く、今朝の「朝版」の、すばらしい天気の中の景色が、ほとんど記憶から飛んでしまうほどでした。

でも――正平さんのセリフ、
「いい景色だ。……もったいないから、ゆっくり行こう」
が大好きです。
この言葉を聞いたら、私もその場で手を止めて深呼吸し、画面をしかと味わうことにしました。

思えば人生、つらいことばかり。――でも、しんどい先にも、安らぎの瞬間がときどき訪れます。
「そのときくらい、スピードを落として、自分を慰めんと」
そう正平さんから言われているような気がしています。

投稿日時:2018年10月03日 10:49 | 川崎ジンジャーエール

 やっぱりそうだった!月曜朝版で正平さんが親しげに抱き寄せていらしたのを見て、あれっ?と思っていました。2012年の多度志への旅で会った方でしたね。大阪からご夫婦で入植されたという話を聞いて「勇気あるなぁ」と感心したのを憶えています。二度も正平さんと会えるなんて羨ましい限り(涙)。
 馬糞の話には笑ってしまいました。可愛いお手紙でしたね。私は聞いたことがなかったのですが、一緒に見ていた主人は子供の頃「馬糞を踏むと足が速くなる」と言われていたそうです。踏んだことは無いといってましたが・・・。
 北海道ではまだまだ余震もあった時期。旅を続けるのは大変だったと思います。予定通りに走ってくださって有難うございます。

投稿日時:2018年10月03日 09:52 | なもないのばな

おはようございます。穏やかな日本海ですね。青い空、光る海、
にこやかな正平さん、コスモスも歓迎していました、
冬は厳しいオロロン街道、ペタルもあまりふまず
下り坂最高に見えました。さわやか気分、さあさあ今日も
がんばるぞー

投稿日時:2018年10月03日 09:23 | 産地は埼玉です

木嶋さんのお便り紹介に今朝はお茶を飲みながらしばし考え込みました。10年に及ぶ認知のお母様にまつわる景色。私も昨日は多動行動が頻繁になり急遽8月末から入院した母を見舞って来たばかり。転倒防止のベルトを外せ!と睨みつけて興奮する姿が頭から離れません。こうして木嶋さんのようなご家族、私と同じ体験をされてる方々がきっと多くいらっしゃるだろう。コーヒーに変えて気持ちを切り替えました。
もう最上級の青空の下を今朝も元気に正平さんがこれまた青い海に向かって下り坂最高!
あ〜気持ち良い。お便りには北海道らしい地名が次々登場して今夜のとうちゃこも(別苅古茶内)って。(増毛)って見た途端にいつだったか髪の毛フッサフサって被り物で登場した正平さんを思い出してクスリと笑っちゃいました。今夜は月曜に登場した元気な釣り人も登場、楽しみです。

投稿日時:2018年10月03日 08:40 | GUREKO

出発から 下り坂
海へ続く 気持ちの良い 下り坂
自転車の車輪の音 タタン タタンと続く段差の音
今日も 一日がんばるぞ そんな気持ちになれました(^^)v

小石の浜は カラカラカラと すてきな音がすることを
教えてもらったのも こころ旅
いい音だな~って聞き入っていると
正平さんも 耳を傾けてくださった。
一緒に旅してるんだな~って思える 瞬間です。

楽しいおじさまとの出会いは 今日の旅なんですね(*^。^*)
とうちゃこの風景と共に 楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2018年10月03日 08:25 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

バックナンバー