2017年05月04日 (木)【兵庫】山笑う1日


スタート地点は平福。

宮本武蔵に由来のある場所
平福は、宮本武蔵が少年時代の
一時期を過ごした場所。
初決闘は13歳の時だとか。



@久崎駅
智頭急行の久崎駅で
「特急スーパーはくと」を見送り。

 

 

 

 

 

ニヤニヤとなにかを準備中。
昼食後、ニヤニヤと何かを準備中。

 

 


 




ザリガニ釣りに挑戦!
アメリカザリガニを目にした
正平さん。お昼のおかずをエサに
ザリガニ釣りにチャレンジ!

 

 

 





空振りに終わる。。。
空振りに終わり、、、
ご自分がザリガニに!?

 

 

 


 

今夜7時からは・・・
<今夜7時のとうちゃこ版>

お天気もよく絶好調だったのに、
突如「難敵」が正平さんに襲いかかる。。。
7時から一緒にピクニックに出かけましょう(^o^)/。

 

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

毎回、楽しく拝見しています。
有年駅が、画面に映った時、まさしく「こころの風景」でした。今ではすっかり寂れてしまいましたが、私が子供の頃は
田舎でもそれなりに賑わっていました。千種川は夏には学校の授業で泳ぎに行き、唐船は潮干狩りと、流下式塩田…
思い出は尽きません。
正平さん、チャリオくん、スタッフの皆様、ありがとうございました。これから暑くなる中、道中のご無事を祈っています。

投稿日時:2017年05月09日 22:52 | 忍冬

この大型連休は2017春・こころ旅(兵庫県)に出てきた場所を辿ってきました。とりわけこの回は通学で使った電車や駅、千種川、潮干狩りに行った唐船の砂浜等々が。全てが思い出の風景でした。年月を経ていろんなものが変化していましたが、故郷の空気は変わっていませんでした。それを映像で伝えてくださってありがとうございました。本当にうれしかったです。引き続き楽しく応援しています。道中気をつけていい旅を。

投稿日時:2017年05月08日 12:54 | ろっこうおろし

ここ数年は牡蠣の時期に赤穂旅行を楽しんでます。今年2月は有年駅から正平さんとは反対の北改札口を出て、古墳群を見に行きましたよ。赤穂高校は常宿のすぐそば、千種川河口の御崎公園から赤穂御崎の道は散歩にちょうどいいし、毎年11月のマラソン大会のコースにもなってます。日本のナポリ!というキャッチフレーズもあるらしく普段は穏やか内海ですね〜。赤穂の方は親切、あたたかでおもてなし上手です。
お手紙の方の青春ロードに想いを寄せつつ、自分の思い出も振り返りながら拝見しました。

投稿日時:2017年05月08日 11:53 | ゆきぱん

解ります!私も「ワイルドライフ」って言うときは正平さんのように発音を真似します。
そしてそして正平さん、やっちゃいましたね。
テレビを見ながら、キャア〜〜と叫んでしまいました。
こんなハプニングもこころ旅の楽しみの一つです。


投稿日時:2017年05月07日 18:24 | 新津っ娘

何時も見れない景色や音、正平さんの優しさに触れ心癒されています。兵庫県の旅でチャリオくんの後ろにあのキモ可愛い人形が無くなっています?洋服の製作中かと思いましたがズ~と無くて寂しいです!又の登場を待っています。北海道まで無事に楽しく旅が出来ます様に。

投稿日時:2017年05月07日 12:32 | なごみママ

何気なく見ていたら、びっくり! 正平さんが降り立った駅は「有年駅~」「え、え、え~!」思わずTV画面30㎝に近寄りました。そこは紛れもなく私が3年間赤穂高校(当時はまだ赤穂城のお堀の中にありました)に通学するために使っていた地元駅。そしてチャリオくんは千種川に沿って唐船山へ。千種川こそ私の心の風景です。探検ごっこにはまった川原。中学校の教室から見た夕日に染まる川面。今ではすっかりさびれてしまったふるさとですが一瞬にしてタイムワープできました。この景色がみられて嬉しかったです。スタッフの皆さん、チャリオくんありがとうございました。

投稿日時:2017年05月06日 14:16 | ながれぼし

あのこころ旅が火野正平さんが有年駅に降り立つなんて!!もうびっくりで!即有年出身の同級生達にメールしました。私が高校生だった頃毎日有年駅から電車に乗って通学してました。今も実家に行く度有年駅前を通ります。以前は山陽本線のメインだったけど数年前から赤穂線が本線になってしまい有年駅からは一度相生駅で乗り換えないといけません、実家から見える電車も4両くらいの短い黄色い電車に変わり何か寂しく感じます。7日のとうちゃこ版録画して楽しみにしてます。
赤穂高校は息子が通った高校で唐せんは貝掘りに行った場所でした。

投稿日時:2017年05月06日 12:03 | ブタさん

車窓から手を振る正平さんに、こちらも手を振る。

あれ?今日は正平さんの姿を確認できない。定位置にいるはずなのに、こころなしかBカメさんも遠いような気がする。
ぎりぎりでブラインドを上げて「ここだよ」と言わんばかり。服の色と列車の色同じだし・・・。

同じ木にたくさんの鵜の巣、本当にワイルドライフでした。

投稿日時:2017年05月05日 17:52 | やまもも

先ほど、録画していたとうちゃこ版を見ました。
今日の朝版の発音のいい「わいるどら~いふ」は、鵜の団地からつながっていたのか~と、ナットクいたしました。
そして、缶詰事件の後、お召し替えがあったのかと思っていましたが、服装はそのまま、でも、スタッフさんたちの努力の甲斐あり、お汁の色はかなり薄くなっていましたね。
広い兵庫県、県民だとかえって知らないような行かないような場所をご紹介いただき、楽しんでいます(*^^*)

投稿日時:2017年05月05日 16:24 | ゆみねぇ

古代ロマンあふれる唐船山への旅、強風の中お疲れ様でした。
缶詰汁飛び事件、こういうの、お茶目に見えてまたまた女心をくすぐるんですよね。スタッフさんにシミ取りのお世話をされてる姿は、いたずらっ子のようにも見えて。
敦さんのお便り、ともに若い日々を過ごした仲間の喪失は、身内の喪失とはまた違う種類の哀しみがありますね。旧い友は、たとえもう滅多に会う事がなくなっていたとしても、どこかで日常を暮らしているだろうという事自体が心の支えになっているような気がします。正平さんの朗読を、朝版・とうちゃこ・録画と、何度聞いてもホロリとさせられています。

投稿日時:2017年05月05日 09:51 | pon

いつかどこかで火野正平さん御一行に出会わないかと
思っていたら・・・。
まさかまさかの地元赤穂市へのご訪問。
しかも目的地はわが家からそう遠くない場所。
ぜひお会いしたかった!

投稿日時:2017年05月05日 06:03 | COLTVAN

ここに投稿してよいのやら?
最近見た雑誌に載っていた「空也上人像」の写真を見て、どこかで見たことのある人の気がしていて、、、。さっき、気づいた!!「正平さんや!!」
口から六体の阿弥陀仏、ふくらはぎの筋肉はマラソンランナーのように美しい、、、ね?正平さんやん!!
お念仏の代わりに冗談や軽口で皆を笑わせて、全国行脚。
神々しい姿に見えてきました。
「そんな大したもんじゃない」と、正平さんはおっしゃるでしょうけど、、、私には、空也上人に見えます。

投稿日時:2017年05月05日 05:45 | REIKO

今日は、朝版を観ていないと正平さんの服のシミがなぜできたのかがわからないですね?笑 お弁当シーンの会話もいいなーと思いました。
唐船山、知らなかったですよ。低い山でもそれなりに上っていてけっこう大変そう。
お手紙の、同級生を想う気持ち、同年代なのでとくに沁みました。

投稿日時:2017年05月05日 05:18 | るる

缶詰のシミが…とうちゃこで映る度に朝を思い出しふふってなってしまったワタシをお許し下さい。あ、やな予感って思ったら、あ~猫に集られる(笑)そういう問題ではなくてね(爆)そんな正平さんが好きです。そのあとしばらく身動きとれない状態にも笑った。キレイな色なのに残念…でも缶詰はホント気をつけて開けないと、ワタシもたまにあります、ホントお気に入り着てる時に飛ぶんだあれは(´Д`)やっちまったーってなる

投稿日時:2017年05月05日 00:33 | なみこ

こころ旅毎回楽しみに見てます。保存版でDVDに残したり。。
今回わが町(町内)赤穂にお越しいただいて、懐かしい場所(旧赤穂線後の周世坂の近道)長年通勤で通った千種川沿いの道、毎日ウォーキングしている河口の土手道、主人の子供の頃の遊び場の唐船、毎日スポーツで汗する海浜公園、御崎のホテル街と高台の灯台、青い海と家島諸島、お天気のいい日は明石大橋まで見えます。日の出、夕日も素晴らしく、癒されます。
正平さん、スタッフの皆さん、頑張ってください
次回は何処かしら?と心待ちにしております    お疲れ様です

投稿日時:2017年05月04日 22:30 | 細木 八千代

河部さんの 部活の思い出がたくさん詰まった「唐船山」。
低山でありながら 海や島が望め、眺めの良い素敵な場所でした。
河部さんの追伸の文章に、まさに私も同じ気持ちです !!
正平さん、こころ旅スタッフの皆さん、ステキな放送をいつも届けて下さり、
本当にありがとうございます〜〜 ^_^

投稿日時:2017年05月04日 22:11 | ひよこ豆

623日目の旅、観たよ。
「唐船山山頂」
1両列車が川を渡る映像、良かったです。
鯉が恋している場所を音で見つけたのは
火野さんの感性の賜物。
缶詰の汁を飛ばした服を着たまま山頂着でしたね。
鵜の巣作りといい、鯉の産卵といい、生き物も春を満喫。
まだ若い友人を亡くすというのはお辛いものでしょう。
チャリオにまだ、赤い鯛のマスコットが付いていましたが
これからも同行を。

投稿日時:2017年05月04日 20:43 | ももの爺

正平さんご一行。生き物見つけるのすごい。
朝版のコイの逢瀬の場面にとうちゃこ版の名前わからないけど黒い鳥の新婚家庭。正平さんが見つけるとなぜが頬が緩みます。

昼ご飯。青空の下、シートを敷いて持ち寄りの食材を食べるもよし。
缶詰をパッカーンと開けたら、正平さんに汁がドバーッ。見てるこっちは大笑い。

唐船山。山というより崖か岬。部活で足腰鍛えるにはちょうどいい場所。
ドラマのロケ地でもよくある風景でしたね。

投稿日時:2017年05月04日 20:40 | ヒロリン

朝 素敵な黄色のパーカーを見て
「お昼ご飯はお外で 缶詰事件?がある日」と
月曜版のワンシーンを思い出しました。
果たして 朝版ではしっかりとその場面(*^^)v
なぜか やった~という気分に( *´艸`)正平さんごめんなさい(^^;

赤穂高校は 私の二つ上の先輩の出身校。
つながりが感じられて 唐船山にも親しみを感じました。

同じ年ごろの友達との別れは 寂しいです。
私も 幾人かとお別れしましたが
みんな 今も心の中に 生きています。

兵庫県 新緑が美しく 楽しんでいます。
明日は 最終日。どこへ連れて行ってもらえるのかしら?
楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2017年05月04日 20:34 | norinorimiffy

千種川ですか、もう20ん年前に職場の先輩と同僚達で同僚の実家に遊びに行きました。暑い季節だったと思います。ヤスを持って千種川にアユ取りに行きました。僕はボウズでしたけど経験者の同僚と先輩が突いたアユをその場で焼いて食べました。魚嫌いの僕でも美味しく食べたこと思い出します。そんなこと思いながらテレビ見てたらまた泣きそうになってきた。

投稿日時:2017年05月04日 19:45 | はにゅけん

「正平さん、スタッフのみなさん、こんばんは」
木曜日とうちゃこ版、見ました。
赤穂市は、向かい風がお出迎え、、、お疲れ様でした。
兵庫県で一番低い山、唐船山も初めて知りました。
低いけれど、いい眺めでしたね?
また、鵜の巣作りまで見せてもらって、番組跨いで、、、楽しい映像でした。
お友達を偲ぶ思い、投稿者さんも、ナイスガイです!!
優しい気持ちが集まる「こころ旅」、、、いいね!!

投稿日時:2017年05月04日 19:38 | REIKO

目に青葉、山の緑が晴天に綺麗ですね〜。快調に飛ばしてると思ったら春風が邪魔をしに来たんですね〜〜。まるでじゃれ付いてるみたい。正平さんのマイカメラには猫ちゃんが寄って来そうな汁の染みがバッチリ見える。月曜に見た鵜の団地。春は鵜も鯉も繁殖期、出た番宣「ワイルドライフ!」正平さんは時事ネタも強いけど何時見てるんだろうな〜(^^;)
この真っ直ぐの道から低い山が想像できないと見てたら目前にいきなり「出た!!」何故に「唐船山」なのか、いわれも面白い。自転車で鍛えた正平さんの脚力披露にしても危なっかしい・・・。標高19m。でも迫力あるこの風景。山と海、ベストな風景。私も同窓会の知らせが来る度に訃報が載るようになった。親友を偲んでのこころ旅。お疲れ様でした。ところで、この素敵なコート、再び見る事があるだろうか・・・(^^;)

投稿日時:2017年05月04日 19:32 | GUREKO

正平さん!サバ缶の油染みをつけたまま、とうちゃこしたのですね‼︎
このところ、岡山も兵庫も風が強く、本当に自転車は大変だなあ〜と思いながら、岡山県に住む者として、申し訳ない気持ちでいっぱいです。正平さん、スタッフの皆様の安全を願いながら見ています。晴れた日の海はきれいですね‼︎

投稿日時:2017年05月04日 19:29 | かみほ

今回の兵庫の旅は私が住んでいる大阪のとなりに位置する兵庫とは違いすぎて、兵庫県の旅というより、中学・高校を過ごした九州の田舎を思い出して、懐かしく画面を拝見しています。正平さんといつかバッタリお逢いしたいので、次回の兵庫の旅は是非とも兵庫の阪神地区を走ってくださいね!笑

投稿日時:2017年05月04日 17:19 | のりちゃん

今日も、素敵な所から‥
どっしりとした構えの平福駅と、新緑の山々!
ラベルなしの缶詰に、月曜から頭の中が?マークでいっぱいに‥
今日他の方の文面で、やっと納得です‥
ザ・NHKです‥ね。
鈍感さに恥ずかしくなります。
“缶詰パッカーン事件”
自分に置き換えると、きっと醜態七変化です。
正平さんは、騒がず、腐らずデーンと‥
もしかして、周りの方に心配かけないようされていたかもしれませんが‥
でも本来穏やかなお人柄の正平さん。だから長い間チームメンバーも全く変わらないことが、色んなことを表していますよね。
爽やかな青空、ワイワイガヤガヤのお弁当が、とってもとっても美味しそうでした!

投稿日時:2017年05月04日 16:41 | kimiちゃん

鯉の恋の季節、琵琶湖編を思い出しました。
恥も外聞もなし、恋の真理を鯉に見ました。参りました・・
水さん(水崎さん)ちょんまげでした!!似合います。
油まみれの水さんの出番をヒソカニ期待していますョ。
ホンマです・・・!!

投稿日時:2017年05月04日 15:07 | さぬきうどん

春山淡冶にして笑うが如し!チームのみなさんもカット・編集無しのあっさりとしたcocoroまる出し解放感!缶詰飛び汁、奇声、ティッシュペーパー、飛び込み介助、飛び交う笑い声、会食時のフリートーキング。私たちもいきなり共感したのかアッチャー!ヤヤヤ!と奇声連発。チームのおひとりの話、「缶詰は弁当と同じような値段」・・・・。なるほど高いよねとテレビに話しかけているワシ等。チャリオくんとの景色旅にももちろん感動しますがチームのみなさんの会話やたむろしている様子、台本に縛られない思いつき会話が楽しくてたまりません。さあ。PM7時は逆風人生ですよね。こころして!

投稿日時:2017年05月04日 12:08 | Hima

兵庫県も3日目。 チャリオ君と17kmの道のり。 お天気も良く、赤穂鉄道の廃線跡の道が竹林があったり、木々の木漏れ日がキラキラしてましたね。景色のいい路線だったでしょうね。 電車からしか見られなかった景色を見ながら、走れる爽快感は格別ですね。 ランチは、私の大好きなブルーシートの上での、サポート隊も入っての青空ランチ〜‼︎ おにぎり、缶詰、あらら、お野菜が足りないわ.。 正平さんの缶詰汁飛ばし、、やってしまいましたね〜、それもかなり派手に。スタッフさんが機敏な動きで拭いてくださっている中、正平さんは、水戸黄門様、いやいや手も足も出ない赤ちゃんの様でした(大爆笑‼︎) ザリガニ捕りもされたけど空振りだったとか。。今日はついてないですね〜。 兵庫県最低峰の「唐船山」の登山の日。今日が山笑う日? 山頂からの瀬戸内海の眺めも楽しみにしています。

投稿日時:2017年05月04日 10:34 | ぶらうにぃ

世の「ころ旅」ファンでまだブログの存在を知らない方々にもここで知る情報でもっと楽しくなるのを教えてあげたい。駅舎が映った途端にアレは何だろう?って気になったパネルの疑問がブログのおかげで無事解決。 そうか、そうだったんだ・・でした。有難うございます。春うらら、お天気も良くて廃線跡のサイクリングの気持ち良さそうな事。今朝のコーディネートを見た途端に月曜の放送が蘇った。「ア〜、汁、飛ばす日だ(^^;)」毎日のコースを決めてランチタイムの予定を組み、スタッフ全員無事撮影が終わるまでの段取りは缶詰め、お茶、ラベル剥がしの綿密さで分かるように大変だろう。この大自然の中で耳にした水音で鯉に恋する恋の季節を察した正平さんの恋の探知機の高性能には本当に拍手!!! 左手にチラッと見えた海面。とうちゃこの山は低いはずなのにえらいことになっているぞ〜気になる〜

投稿日時:2017年05月04日 08:44 | GUREKO

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索

バックナンバー