2016年04月21日 (木)ぶどう郷から桃源郷へ・・・


鉄道遺産記念公園にて
正平さんが降りた勝沼ぶどう郷駅の横は「鉄道遺産記念公園」。
もう少し時期が早ければ、桜が
満開だったのでしょうね。


ピザをいただく
ぶどう郷でのランチは、この日で
3日連続のパスタ(※洋風ほうとうを含みます!)

 

 

 


ピザもいただきました。
ピザ屋さんだったので、
ピザもいただきました。
ちなみにピザには辛いソースは
かけず・・・。(笑)

 



 

ハナミズキ満開!
ピザ屋さんの軒先では、
ハナミズキが満開でした。

 

 

 

 

これは観賞用の花桃。
観賞用の花桃も、実がなる桃の花もまっ盛り!!
こちらは花桃。

 

 

 



桃の花のピンクのジュータンはとうちゃこ版で!≪今夜7時のとうちゃこ版≫
2年前の旅での、桃農家との偶然の出会いがきっかけとなった今回の旅。正平さんは記憶の中の桃畑を探して、チャリオを走らせます。
桃作りに生涯を捧げたお父さんが、大好きだった桃の花・・・ピンクのジュータンは今夜7時のとうちゃこ版で!!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

私が感動した日はみんなも感動してるんだ!!!という今日でした。やさしいお父さん、投書した娘さん、知り合いのおばさんの情報、どれも文句なし。それを上回る正平さんの手向けの合掌、触れた桃の花、そしてひとひらの花びら、発した言葉。そして余情に浸ることなく次へといざなう。どの場面ももんくなし。よかったデス。
今週のだらこちゃん。明るい色の水玉模様のお洋服、桃の花に押されて隅っこにいた日もあったけど、よく映っていてうれしかった。

投稿日時:2016年04月29日 13:41 | 大阪のおばちゃん

21日放送のこころ旅の皆さんのブログを読んで皆さんの温かい一言一言にこの番組を観ている人たちの温かさが文面を通して伝わり葵の爺が涙を流しながら読んでいるのを見てこの人の温かさを今更ながら感じております。正平さんの合掌の姿にこころ洗われその後の照れ隠しの一言にに拍手を送ります正平さん、チャリオ君、スタッフの皆さんこれからも楽しくこころ温まる番組を楽しみにしてます、涙を流して読んでいる葵の爺に代わり葵の婆が書きました。

投稿日時:2016年04月26日 10:53 | 葵の婆

お手紙を読む時に 曇っていたお天気がさあ〜と晴れて、
桃のお父さんが「よく来たね!」って 言ってくれているようでした。
穏やかな優しそうな笑顔のお父さん。番組で知ったお会いしたことも
ない方なのに、涙が溢れてきてしまいました。
お父さんのご冥福と娘さんのお幸せを お祈りします。
私にとっても心に残る風景となりました。ありがとうございました。

投稿日時:2016年04月25日 13:49 | ひよこ豆

「桃の花のピンクのジュータン」
「こころ旅」に映られているお父様の、明るい笑顔を拝見していると、実父を看取った経験がある自分自身と、娘さんの想いとどうしても重ね合わせてしまって、胸が痛み涙が流れました。
桃を愛したお父様のご冥福を心よりお祈り致します。

投稿日時:2016年04月25日 12:29 | kimiちゃん

朝晩楽しみに見ています
今回のお父様の映像見て涙が…ティッシュなしでは見れませんでした
私も両親を亡くしているのでダメですね
もっと親孝行しとけばよかったと
ところで桃の花きれいですね〜
やっぱり正平さんは声がいいですね!
これからも楽しみにしていますので適当に頑張ってくださいね
今度はまた静岡も走って下さいね

投稿日時:2016年04月22日 16:30 | おかのう

こころ旅よかったです。親父さん、ガン治療の帰りだったのですね。正平さんが思い出の桃の木に声をかけ、タッチし、自転車をこぎ出した際、花びら一枚舞ったのが心にしみました。

投稿日時:2016年04月22日 16:27 | ふき太郎

お亡くなりになった桃農家のお父さんを偲び、娘さんの優しさがとても印象的でした。いい構成と正平さんのことばがなんともいえないほどの効果がありました。天国のおとうさんも桃園とこの番組を見て喜んでいることでしょう。だんだんと私のいる新潟に近づいています。もしかして今新潟かな?

投稿日時:2016年04月22日 13:48 | 五泉のせーちゃん

火野様が「娘さんに会えますように」とお祈りしたけど、会えないのがこの番組の良さだと思いました。お父さんが火野様に会えて本当に喜んでおられた事が、近所の農家の女性の証言からも伺えました。本当に良い番組。

投稿日時:2016年04月22日 10:50 | ふがじ

519日目、こころ旅ベストテン入りする旅がまた一つ増えました。長い事やってたらこんなことあるんやねぇ〜、ほんまですね。朝版見た時点で、ウルウルします。
道中はこれから青葉を成長させ、たわわに実をつけるであろうブドウ畑、途中から桃源郷が現れて、ピンクや白や立派な花が咲き誇り、フルーツ王国のゆえんを感じます。
本当にちょうどいい時期に、チャリオ君と走れましたよね(^ ^)
あの小屋と、桃を取らせてもらった木も見つかり、お父さんを忍び手を合わす正平さん。
あぁ来てくれたんか〜、とお父さんも空の上で笑っておられる事でしょう!
巡り合わせの旅、ありがとうございます。

投稿日時:2016年04月22日 10:26 | ゆきぱん

山梨の旅桃農家さんの今でもはっきり覚えてます。昨日のでお父さんの笑顔と正平さんのお父さんのことを思う気持ちに涙が出ました。ほんといい番組です..
来週お休みしたら次はいよいよ長野県の旅。前回は私の地元長野市の茶臼山に来てくださり涙が止まらなかったものです(笑)持病で寝込んでいたのが悔しかったです。会いたかったなぁ~。長野県の旅楽しみにしていますね(^∀^)

投稿日時:2016年04月22日 09:59 | 美海

     桃の収穫のお手伝いをしたシーンは覚えています。

     人の生き死には、解らないもの。だからこそ生きて           いるときは精一杯輝いて、感謝の気持ちを忘れない           ことだと思います。
     当事者でもなく、ただ画面の中でしかお会いしてい           ませんが、これもまた「縁」。
     残されたご家族に幸あれと、お祈り申し上げます。

投稿日時:2016年04月22日 09:08 | 兵賀正朗

今回の旅は、「こころ旅」の内容に相応しい、素晴らしい旅だったとおもいます。
長年こころ旅を観ていますが、私の中では、ベスト3になる放映でした。。
感動を有難うございました。

投稿日時:2016年04月22日 08:49 | はやて君

美和さんのお手紙で正平さんのこころ旅。
色褪せた道と小屋、けれど鮮やかな桃の花。
ご冥福をお祈り致します。
これはこれ、それはそれ。
次のこころ旅が待っている。 チャリオも。

投稿日時:2016年04月22日 08:14 | いぐ爺

正平さんの記憶が頼りとなった桃畑。無事にとうちゃこできました。でも、そこに人影はなく。。。「おれのこと覚えとらんか」桃の木に尋ねたくなりますよね?(返事していたのかもですよ?)ちょっと切ない回でした。桜がかすむほどの桃の花、綺麗でした。ありがとうございます。

投稿日時:2016年04月22日 05:40 | るる

街を眼下に見下ろす高台の駅スタート。芽が出始めた葡萄畑から、満開の桃畑エリアになり、Bカメさんからの遠景も黄、白、桃色と色とりどりで美しかったです、朝版から、桃の木が見つかると良いなと思っていたので、2年前の時のスタッフさんが1人もいなかった中で、正平さんの「任しとけ」は心強く、記憶もええ加減でなく見つけられましたね。「あのオヤジの木の下で手紙読みたい」と切望され、以前のVTRが流れると、人の世の儚さ、、泣けて泣けて。 正平さんが2度もお祈りされた姿も凄く感動しました。お手紙を読まれる時に晴れ間になったのは、お父様からのお礼だったのですね、きっと、、。ピーチラインを走られた時、♪ちょうどいい♪の歌が聞けて安らぎました。 私も、これはこれ、それはそれ、今日は今日、明日は明日、切り替えなくては……。さぁ、明日のこころの風景は何処かな?

投稿日時:2016年04月22日 02:34 | ぶらうにぃ

笛吹川の土手の上から、お手紙読むのかなー・・と思ったら
あの親父の木のしたで、読みたいょ・俺は」に、正平さんらしさが出て
感動・・桃の木に手を合わせた時も、涙みせまいと、娘さんに、合わせて
くれとか・・正平さん、素敵すぎます。

投稿日時:2016年04月21日 23:56 | まりも

「その娘さんの汗、あれ真夏だったから汗かいて、背中に汗の筋があって、わあ、何とも色っぽいなんて思ったのが・・・・」とつぶやかれたのを見て、場所が桃源郷ということもあり、久米仙人を彷彿とさせました。
大和国の竜門寺にこもり空中飛行の術を体得したが、吉野川で衣を洗う女の白い脛に目がくらんで墜落。とあります。
自転車から転げ落ちないよう、気をつけて、こころ旅を長くお続けください。火野仙人様

投稿日時:2016年04月21日 23:45 | 奈良仙人

正平さんの歌う「ちょうどいい」が大好きです。
「ふわふわ行くよ」の後の「えへっ」に心和みます。

投稿日時:2016年04月21日 23:24 | ゆみねぇ

今日の朝版、とうちゃこ版はとても感動しました。
最初に手紙を読んで懐かしみ、現地に行ってまた手紙を読んで懐かしむ。
「こころ旅」ならではの感動だと感じました。
この「こころ旅」を考えたスタッフさんは素晴らしいと改めて思いました。
また火野さんの優しさを再認識し、モテ男の片鱗を感じる放送でした。
これからも楽しく優しい放送を楽しみにしております。
また旅の無事をお祈りしております。

投稿日時:2016年04月21日 22:43 | ヤン

初めて見ました。まさにそこは「桃源郷」でした。なんて素晴らしい風景でしょう。前回の旅での出会いがあったから繋がった春の桃色の絨毯!
こころ旅の風景が、次のこころ風景にも繋がるのですね!!
正平さん、こころ旅スタッフの皆様、益々、こころの風景を繋げて下さい!
追伸 初つばめのカメラマンは、ジュンさんでしたね

投稿日時:2016年04月21日 22:38 | ハピネス

見事なピンクのジュータン、地面から浮き上がっているのがまた、幻想的でした。これほどの景色ならとても大切だし、多くの人に見てもらいたい、なるほどと納得です。
思い出の木のそばで、手を合わせた正平さん、心がそうさせたのでしょうね。少し茶化していらしたけれど美しい瞬間でした。
見ている側の反応を予測したような番組が多い中、今日もこころ旅で「流れのままに」という思いが確認でき、だからこその感動を味わうこともできました。また、ラストの「それはそれ、これはこれで」という言葉は、大人らしくて、今私が分からない事の答えをいただいたようでした。ありがとうございました。

投稿日時:2016年04月21日 22:30 | pon

正平さんがナポリタンを食べるのを見るといつもとっても食べたくなります。今日のお昼はナポリタンにしました( ^ω^ )

投稿日時:2016年04月21日 22:01 | 福島あんこ

素敵な旅人に素敵な映像と音、まさに『こころ旅』!!。
ありがとう! 『こころ旅』。

投稿日時:2016年04月21日 21:37 | ニャニャポコパパ

519日目の旅、観たよ。
「笛吹川沿いから見た桃の花のピンクのジュータン」
ナポリタンでの蒸せかえりの披露
ありがとうございました。
2013年7月の旅ということで復習しました。
247日目の旅でしたね。
ブログにも父と娘さんの写真が出てました。
火野さんが当時を思い出したように
私もその時の場面を思い出しました。
今日は電動自転車を使いたくなるような道程でなく
何よりでした。

投稿日時:2016年04月21日 21:32 | ももの爺

今日のこころ旅は、本当にこころに響く一遍でした。
お手紙の方はもちろん、全国のこころ旅ファンはみんなそれぞれ毎日の暮らしがあって、さりげない1日を過ごすその中でこころ旅という番組、正平さんと出会っているんですね。2年前のお父さんは、病院帰りだとは全然思いもしないような笑顔でした。
桃のおやじさん、ピンクのジュータン、見せてくれてありがとう。

投稿日時:2016年04月21日 21:29 | 奈良のJUN

 今日は涙腺崩壊とともに心温まる放送でした。正平さんのお人柄もあって、素晴らしい内容でした。
 この地域は、私にとっても凄く馴染んだ所です。若い頃はドライブで、社会人になってからは出張で何度も訪れました。中央高速が開通する前は時間をかけて国道20号線を走り大月から笹子トンネルを抜け、今は中央高速で一走り。桃の花が咲く頃に高台から見ると一面ピンクの絨毯!正に桃源郷です。お便りにあるお父様が愛されたことはとてもよく分かります。
 「こころ旅」、私は普段はブルーレイに残してファイリングしているのですが、3年前のこの放送はレコーダーからは消却せずに残して時折見ていました。あの人の善い方がお亡くなりになっていたとは・・・。また、ご葬儀に放送を再生して送られたご様子、私もご冥福をお祈りいたしました。投稿された娘さん、墓前に良い報告ができますね。
 人との縁を深く感じさせられ、感動した回でした。

投稿日時:2016年04月21日 21:13 | Shonan-life

毎日、楽しく拝聴させていただいております。
本日の桃園の回、この数年間で最も感動した回になりました。
旅の途中で偶然であった、桃農家のお父様の出会い、
桃狩りの楽しいひと時、可愛い娘さんとの出会い、
3年前は、いつもの旅の途中の、出会いの1シーンに過ぎなかったと思うのですが、
娘さんから知らされた事実。
その桃園に今度は通りすがりではなく、とうちゃこ地として旅する。本当に感動しました。

火野さん、偶然出会うかもというほのかな期待は裏切られましたね。
会えなかったことで、余計に今日の会が心に滲みる思い出深い会になったように思います。(ごめんなさい)

桃のピンクはサクラとも、梅とも違う力強いピンクで、
甘い香りがテレビのこちら側にまで漂ってくるようでした。

これからも素敵な旅を続けてください。
坂道がちょっとずつ。おつらそうですが、
お体に気をつけて、これからも素敵な毎日を。

投稿日時:2016年04月21日 21:02 | えるも

今日のこころ旅涙無しには見れませんでした、ちょうどテレビを見ている時に次男の嫁から孫の動画が送って来ました、いつもなら直ぐに動画を見るのですが今日はテレビに釘付けでした。
本当に素晴らしい番組ありがとうございます、これからもよろしくお願い致します。

投稿日時:2016年04月21日 20:51 | 磐田のあんこ

桃の花、きれいですね。まさに桃源郷とはこのことかもと思いました。在りし日のお父様とのやり取りを見て、私もジーンときて涙がでました。優しいお父様と親思いの娘さん、そこへ現れた自転車軍団の正平さん。2014年春の旅から観始めたのでリアルタイムで観られなかったのが残念ですが、正平さん、娘さんと再会できなくて、おまけに結婚なさっていてがっかりでしたね。桃の木に手をあわせていらっしゃるお姿にうるうるだったのに、ちょっと妄想が入ったのは正平さんらしくて笑ってしまいました。山梨県には行ったことがありませんが、美しい富士山といいブドウ畑、桃畑のきれいな風景といい、いつか訪ねてみたいなと思いました。自転車軍団の皆様の走る様子が、数字の5を倒したかたちに見えるのは私だけでしょうか。

投稿日時:2016年04月21日 20:28 | 不二子ちゃーん

今夜のとうちゃこ版にきっと大勢の方が日野原さんのご冥福を祈り、桃畑に手を合わせた正平さんの姿に涙したことだろう・・・
「何か証拠ないのか・・・」って正平さんの答えに心の何処かで娘さんとの奇跡の出会いを期待していたが偶然の証人の登場で畑の現状やら、2013年の放送が流されたと言う葬儀の様子まで聞けて正平さんも心に区切りを付けられたことだろう・・・
きっと、桃畑の何処かから日野原さんも元気に旅を続けられてる正平さんにエールを送っておいでなのでは・・・あ〜、涙がこぼれる・・・
生きてればこそ見られる景色、毎年出会えるツバメの飛来。
「さ、これはこれ。それはそれ」と又、明日、4個目、最後の山梨の旅を続ける正平さんを応援し続けよう・・・

投稿日時:2016年04月21日 20:21 | GUREKO

2013年春の旅にまつわる桃源郷のこころ旅を見ました。正平さんが「時給700円」て言われたことは憶えていました。 映像を見てお父様のやさしいお人柄に涙しました。その年の秋の旅で私共の、こころの風景を紹介していただきました。当時、夫は術後2年 小さな入退院をしてその2回目 12月朝版放送前日に退院でき二人並んでテレビの前に正座してみ した。とにかく感激して、ますます正平さんとこころ旅に魅かれていきました。 内田美和さん、お寂しいでしょうが素晴らしい思い出と映像をこころの宝としてお過ごしください。

投稿日時:2016年04月21日 20:09 | 老夫婦

正平さん 泣かせるような事して もう 涙ポロポロ 天国のお父様にも きっと届いた事でしょう 優しいね ありがとう

投稿日時:2016年04月21日 20:02 | ぴよぴよ

とうちゃこ版、感動しました。涙涙です。
正平さんが、亡くなられたお父様に何度も何度も手を合わせられる姿に涙腺決壊です。
桃のピンクのジュータン、こんな素敵な風景を初めて見ました。美和さんのお手紙に感謝感謝です。
こんなにあったかい番組に出会えて、本当に幸せです。

投稿日時:2016年04月21日 19:50 | JUSAN

心が動きました。涙しました。あの桃畑にたどり着いて良かった。火野さんを導いてくれたのでしょう。桃の木に「俺を覚えてないか?」手を合わせる火野さん。「おやじさんの木」でお便り読む火野さん。参りました。桃色のじゅうたん綺麗でした。桃の花ってこんなに華やかだったのですね。お便りを送って下さった娘さんに感謝します。ありがとうございました。

投稿日時:2016年04月21日 19:48 | のたり

今夜のとうちゃこ版、感動の一言でした。

ピンク色の絨毯が想像以上に鮮やかで、切なくなった気持ちを温かく包んでくれました。
日本には素敵な風景、残さなければ行けない風景がたくさんあるんだと改めて感じました。

それと、正平さんの履いていたパンツ、可愛かったです。

投稿日時:2016年04月21日 19:44 | ねこしっぽ

今日の山梨の旅桃の花が咲き誇り2年前の夏の出会いがほのぼのとしました。今熊本地震で私の住むみやま市高田町も地震とは縁がないものと思っていた者にとって震度5強の揺れは恐ろしくその日一日はずっとめまいがしているようでした。今は揺れの回数も少なくなりましたが、又いつ揺れるか不安があります。こころたび本当にいいですね!火野さんS24年生、同年です
頑張ってください。お体に気を付けて!

投稿日時:2016年04月21日 19:43 | reiko

 私がこの世で一番好きな食べ物は、桃です♡ 桃の花があんなに濃いももいろだとは思いませんでした!桃の木に手を合わせた火野さんに改めてお人柄の良さを感じました。2013年夏の映像のお二人の笑顔がとってもステキでした。

投稿日時:2016年04月21日 19:42 | お良し

こころの旅が、また別のこころの旅を呼ぶ…。
そして、見も知らない方の大切な風景が、テレビを観た、そこを訪れたことのない人間にとってもこころの風景となる…。
うーん。やっぱりすてきな番組です。

正平さん、はあはあしながらも愚痴りながらもむせながらも、続けてくださってありがとうございます。

桃畑のおとうさんのお葬式で、番組のVTRが流れたとのこと。おとうさんにとっても、ご家族にとっても、正平さんと出会ったあのシーンが、あたたかなよい思い出だったのですね。
じーんとしてしまいました。

投稿日時:2016年04月21日 19:39 | 火野正子

「正平さん、スタッフのみなさん、こんばんは」
3年前の正平さんの桃の収穫体験覚えていました。
桃畑は、満開で美しかったですね?まさに、桃源郷でした!!

娘さんの思いと亡きお父さんの思い、、、、正平さんの「長く番組を続けていると、こういうこともあるんやな?」感慨深げな言葉に、ウルウル。そして、桃の木に合掌されたところで、大泣きでした。
「娘さんに会わせてくれ、、、」茶化すところも、正平さんらしくて。
長く番組を観ていると、こういう感動も味わえるんですね?
お父さんのご冥福をお祈りしながら。

投稿日時:2016年04月21日 19:38 | REIKO

何時も楽しみに見ています。

きょうの桃畑のピンクの絨毯がきれいで目にしみいりました。
お天気も晴れわたり、火野さんが合掌した姿に又うるうるです。

投稿日時:2016年04月21日 19:36 | はるこま

とうちゃこ版、、
胸が熱くなってしまいました。

火野さんの優しさを感じました。

投稿日時:2016年04月21日 19:31 | 桃色吐息

ピンク色の絨毯有難うございます。
昨日やっと桃の花を見に山梨へ行けました。
もうまちは桃の花は終わっていて、
御坂でピンク色を見られ満足していました。
でも、こころ旅で偶然見られてうれしかったです。
このピンクで1年間がんばれます。

御坂峠から河口湖小立ミュウズ館へも行ってきました。
初めて小立へ行きました。
6月から7月ごろにまた行きたいと思ってます。
ラベンダーがいっぱいです。
とてもいいところです。
教えて下さって有難うございます。

いま放送で桃の花の中を正平さんが走ってます。
きょうはうれしい一日です。

投稿日時:2016年04月21日 19:15 | ハクレン

正平さん、ピンクの絨毯の山梨にようこそお越しくださいました。
前回の山梨の放送時、春に来てくれればよかったのになぁと思ったのですが、
あの夏の桃農家のご主人と娘さんとの出会いが、
正平さんを春のピンクの絨毯の山梨に呼んでくれたのかと思うと、
感慨ひとしおです。

先日、東京の知り合いが山梨に来た時にドライブしたコースそのままで、びっくりしました。
今夜のとうちゃこ版、楽しみにしています。

投稿日時:2016年04月21日 17:23 | wineglass

火野正平様、チームこころ旅スタッフの皆様。今日の朝版の放送を拝見しながらウルウルしました。一瞬、駒村多恵様担当の「月曜日朝版」と間違うくらいでした。
三年前の桃畑のシーンは私も覚えています。朝版の放送が終わった後ブログを読みました。実は我が故郷岡山は、白桃の産地です。山梨県の方は赤い桃ですよね。こんな巡り合わせは滅多に無いです。朝から涙腺が決壊したので、夕方のとうちゃこ版は泣きそうです。

投稿日時:2016年04月21日 16:45 | yukokibi

朝版。なんだか切なすぎて涙が溢れました。
覚えていました桃の収穫…
私も四年前に父を亡くし
昨年その父の事も想いながらお手紙を書き
月曜版で読んでいただきました
こころ旅…本当に大切な番組です。大好きです。
正平さんもスタッフさん達も本当に優しい。
そしてファンの皆様も優しい あったかいです。

投稿日時:2016年04月21日 16:39 | くみ

以前、正平さんが桃をとってあげた時のことが書かれたお手紙、つい感動して、泣いてしまいました(;O;)今はお父さんも他界されたのですね、でも娘さんは正平さんと3人で桃をとった時の思い出を大切にされているんですね(*'▽')とうちゃこ版、じっくり観たいです(*^-^*)

投稿日時:2016年04月21日 16:27 | あおぞら

山梨県は、真っ白、真っピンクの咲き誇る満開の桃の花!
とっても綺麗ですね!
2013年の旅覚えています。
温厚そうなお父様と、寄り添って働かれていた優しそうな娘さん
あの時の桃達と再会する事が、せつなく感じますね。
悲しいお手紙でした…
熊本は、まだ不安な日が続いています。
“負けるな!頑張れ!”の言葉が、優しく胸に響きます。
正平さんの楽しいトーク、心地いい音楽が、待ち遠しくなっています。

投稿日時:2016年04月21日 15:02 | kimiちゃん

初めて桃の畑の春景色を見ました。本当にきれいなのですね。そして、これが真の「桃色」であることを実感しました。
 あれだけたくさんの花が咲いていて、その中のいくつかに小さな実がなり、それから摘果してようやく私たちが食べられる桃になるのかと思い、その間の桃農家の人たちのご努力に頭が下がる思いでした。
 それにしても道端に植えられた花桃はきれいだったですね。一度見てみたかったと残念に思っています。

投稿日時:2016年04月21日 14:29 | セントポーリア

この春は、植物の開花時期が少し早いようで、桃の花真っ盛りの時に桃源郷に入ることができて、まさにグッドタイミングでしたね。

薄墨色の桜、菜の花の黄色、青紫のムスカリ、ハナモモの濃紅・白・薄桃色に淡い色混じりの枝・・・自然界の色彩って、こんなに美しくて強くて鮮やかなのに、どうして目に煩くないんだろう。。。

長い旅ゆえのしんみりするめぐり逢いも、正平さんならではの艶っぽい思い出も、精一杯咲きこぼれる花たちが、すべて優~しく包んでくれているようですね。
とうちゃこ版では、正平さん、何を語るのでしょうか。

投稿日時:2016年04月21日 13:08 | ojo

3年前、幻では無かった「幻の休み台」を、あの酷暑の中、訪ねて頂いた投稿者の松村です。有難う御座いました。今朝のお手紙はあの日、桃畑でお会いした方からでしかも、あの時のお父様が亡くなられたとお聞きしてびっくりしました。TVでもVTを流されましたが私も早速残してあったDVDを再現させ人の世の儚さをしみじみ感じました。御冥福をお祈りします。今晩の「とうちゃこ番」は勿論拝見します。 ところで、話は戻りますが、休み台の位置は正にあそこで、ベンチは兎も角、桜の木がまだあったとは!幻などと云って申し訳なかったです。実家には時々帰っていましたが、私の意識の中では桜もベンチも思い出の中に入ってしまっていたのです。放送の翌年、桜の咲いている時、あの場所を訪ねて謝ってきました。あの放送は海外でも見られているそうで、米国では友達の姉さんが、NZでは私の甥がみていて懐かしがってくれました。

投稿日時:2016年04月21日 11:06 | 松村澄江

2日続けて見えた富士山の登場もないし曇り空の山梨3日目。 2013年夏に立ち寄られた桃畑の方からのお手紙。正平さんも収穫体験を覚えてみえましたし、立ち寄られた場所が心の風景になって再び行かれるとは、感慨深げでしたね。本当にこんな事有るんですね〜。力強く「よし行く‼︎」に思わず拍手しました。 電動自転車をレンタルしなくてもいい距離、コースが有難い。本当は、正平さん電動乗りたかった⁇ ピンクピンクと一面の桃畑、花桃、見た事のない、なんて美しい風景なんでしょうか。記憶に留めて置きたい風景です。ランチは、今日こそナポリタン。食べ方2バージョンも見せてもらいました。むせた方がうまいとは、、ナポリタンを極めた人ならでは(笑) 「俺の記憶もええ加減やな」と言いながら当時走った道を思い出して桃の木に「俺知らんか?」の問いかけ、木が答えてくれるといいですね。とうちゃこ版、待ち遠しいです。

投稿日時:2016年04月21日 10:51 | ぶらうにぃ

おはようございます。今日はまさに桃源郷ですね。内田美和さんのお手紙素敵で、冥利につきますね。正平さんらしい思い出も楽しいです

投稿日時:2016年04月21日 10:08 | ねじ花

今夜のとうちゃこは泣けてしまいそうです。そんな事情があったとは・・・。「これ以上手伝うならバイト料もらわないと!!」と言いながら、楽しそうな火野さんを見て笑ってしまったのを覚えてます。お便り下さって良かった。火野さんのおっしゃる通り、こんな事もあるのですね。

投稿日時:2016年04月21日 09:33 | のたり

山梨の春は、花いっぱいで鮮やかな色彩を楽しませてもらっています。桜の薄ピンク、菜の花の黄色、昨日はムスカリの紫も可愛らしく。 あーあの花は花桃というのか! と、一本の木に二色の花色で不思議だった木の名前も知りました。
フルーツ王国らしく出発はブドウの木、やがて桃の木の花盛り、朝版でもう十分きれいだけど、とうちゃこではさらにゆっくりと絨毯を楽しませていただきます。
今朝は、途中挟み込まれた当時の映像で、期せずしてウルっとしてしまいました。知らないご家族の話なのに、何故だろう。正平さんが当時の状況を思い出して語ってくださった言葉もあたたかく感じられました。

投稿日時:2016年04月21日 09:20 | pon

出会いがあって別れもある。
今朝のお便りと2013年の回想シーンに重なるよに黒澤明監督の「夢」と言う映画が脳裏に浮かんだ。確か、映画の中の桃畑も山梨がロケ地だったはず。
「こんなん、あるんすね・・・」感慨深げにお便りを読まれた今朝の正平さんのお顔。
なんでやろう・・・熱いものがこみ上げてくる。
美和さんの心旅であり、正平さんにとっても「こころ旅」なのでは・・・
今年も登場のカラフル・パッチワーク柄パンツに合わせるような真っ黄色の靴下、もう、オシャレすぎる〜。
そして、出た・出た!! 赤いパスタにゲホッ! ゲホッ!! (≧∇≦)
ピンク・ピンク・ピンクの桃源郷。最高の時期の訪問。
優しい笑顔の日野原さんを偲び今夜は拝見しよう・・・

投稿日時:2016年04月21日 09:10 | GUREKO

正平さん、チャリオ君、スタッフの皆さま おはようございます!
朝版 見ました

投稿日時:2016年04月21日 08:48 | こころおごじょ

お手紙を聞いたとき
すぐに その時の映像が頭の中によみがえりました。
「俺 アルバイトしてる」みたいなセリフも思い出しました。
いろんな人たちとの出会いが また次の旅につながっていくんですね。
しみじみ感じる 今日の旅です。

正平さん流の言い方を許してもらえるのなら
「わたし 桜より 桃の方が好きです♡」
桜は 確かにたくさん咲いてきれいだけれど
ちょっと すました感じがして・・・
でも 桃は 私の中では リボンをつけたかわいい女の子。
美しい といより かわいいな と思えます。

でも なかなか桃がたくさん咲いている風景には出会えません。
朝版を 見ながらも 「かわいい♡」を連発していたわたし(*^。^*)

ピンクのじゅうたん 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2016年04月21日 08:43 | norinorimiffy

おはようございます。正平さんがお手紙読んでる時からウルウルきそうな感じでした。
昨日は「黄色、きいろ」でしたが今日は「ピンク、ピンク」ですね
桃の花のピンクに桜の花が負けてましたね
それに1本の木から白い花とピンクの花が咲いて絵の世界に
飛び込んだ感じでした。

ナポリタンも咽ないバージョンと例の物をかけて咽るバージョンまで
正平さんはファンサービスでハート♡を掴むのですね❤

さて とうちゃこ版はお手紙をくれた娘さんとの再会で涙涙になるのでしょうか?

投稿日時:2016年04月21日 08:37 | ガーデニング おばさん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索

バックナンバー