2013年12月10日 (火)トウキョウ裏道物語


大都会、東京。

目黒川沿いを走る
人も車も多いので、できるだけ静かな道を選びました。
自転車スタートの地・品川からは、しばらく目黒川沿いの道をいきます。

あせらず、ゆっくり・・・
ところどころ自転車を降りなければいけない場所も・・・
でも、あせらずゆっくり進んでいきました。

 


 

 住宅街の細い道も・・・
品川区から目黒区にかけては、
住宅街の中の細い道を。

 

 

 

 



呑川沿いをいく
目黒区から世田谷区にかけては、呑川という小さな川沿いの道を主に走りました。静かで緑も多くてよい道でしたが・・・

 


 

 停止疲れ・・・
全体的に、一時停止ばかりの
ルートになってしまいました。
正平さん「止まってスタートするの、疲れるんだよなぁ。停止疲れ・・・」
でも、、、最後まで頑張ってくれました!(^^)!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

東京の旅では車通りの少ないコースを考えるのにご苦労があったことと思います。
世田谷の坂では、日没後にうっすらと富士山が見られて良かったですね。

投稿日時:2013年12月15日 16:13 | 山山

正平さん、スタッフのみなさんお疲れ様です。
えっ、岡本三丁目の坂?あんな激坂登るのか?ワクワクとしながら見ていました。

そうですよね、上から眺めるのが一番です(笑

投稿日時:2013年12月13日 23:12 | Kライダー

東京の旅正平さん嬉しい気持ちを隠しきれない感じが伝わって来ます。お母ちゃんに会い元気が蓄えられた様子ですね。大都会の旅くれぐれも気を付けてそして皆さんに元気を届けてくださいませ。

投稿日時:2013年12月11日 10:02 | 三重の村ママ

富士見坂! 昔『俺たちの旅』と云うドラマのオープニングでこの坂がよく出ていました。学生時代に坂の下の自動車教習所に通ったことを、懐かしく思い出して、感無量でした。ここから見える富士山は、本当に素晴らしいですよ。東京も毎日寒いので、正平さん、風邪をひかないように、頑張って下さいね。

投稿日時:2013年12月11日 06:36 | ヒバチャン

正平さん、“愛するおかあちゃん”のもと東京へ~
逸る心を押さえながらの東京入りでしたね?(●^o^●)
“バッチリおしゃれ”と“そわそわ”感が 見事に
証明していましたよ

アクアラインを渡るバス、Bカメさんは まさか海上から
撮影されたのでしょうか?
海鳥(鵜?)も竿の上で 正平さんを応援してましたね? 

今日はさっそく「正平さんのこころ旅」そのもので 
同級生のところに寄り道や 出身校のご紹介、興味津々でした
隣の区に15年余り住んでいたので 呑川・目黒川など懐かしい響きです
良いお手紙が来て よかったですね?
そして お母様の先見の明には舌を巻きました!

まだまだ続く「停止疲れ」ご苦労さまですm(__)m

投稿日時:2013年12月11日 00:28 | bouya

正平さん☆スタッフのみなさんお疲れ様です!
東京の旅~♪
楽しみにしています(#^.^#)
正平さんも嬉しそう♪
母校の前での、正平さん少年のようで素敵です。

田舎とちがい道も狭く師走で車も急いでるように感じますが、くれぐれもお気をつけて!


投稿日時:2013年12月10日 21:56 | 裕蘭

正平さん、スタッフのみなさん。
いよいよ東京編ですね。
正平さんの『こころ旅』にもなっているようで、
小学校の門の所でキラキラした目で
劇団に入った経緯を話されましたね。
素顔の正平さんを拝見出来て嬉しくなりました。


富士見坂から見る風景を土曜版で楽しみに待っています!!

投稿日時:2013年12月10日 20:29 | 裕子

袖ヶ浦公園・アクアラインをみてスタート。「嬉しいような、怖いような」気持ちわかります。アクアライン 私は何度渡っても怖い。正平さん 大丈夫でしたか?さすが交通量 多い。「五反田駅 通過したよ」正平さんが通っていらした小学校 当時とは様変わり。50年以上前のことですものね。転校ばかりしていたから友達ができない暗い子だった。ちょっとにわかには信じられません。正平さんにとって「こころの風景」がいっぱい詰まった場所でしたね。さて 坂からの風景は・・・・楽しみ・楽しみ!

投稿日時:2013年12月10日 20:07 | SETSUKO

正平様・スタッフの皆様
ついに東京に!「あっ、東横線!小田急線!」もう朝から興奮
皆さんがご自分の地元に「チームこころ旅」が走った時の喜びを投稿された気持が良~く分かりましたよ。嬉しいですね。
今週は寒いです。風邪など引かれませんように。

投稿日時:2013年12月10日 19:43 | Mako

正平さんスタッフのみなさんお疲れさまです
楽しい番組をありがとうございます(^v^)
東京は正平さんにとっては、庭でしょう
地方に住んでいるとイベントなどで上京する位です
とても一人では歩けないです

今日のファッションも一段とダンデイーでした。お似合いです^^

正平さんの生い立ちが分かって良かったですよ
ご自分が育った場所をスタッフに説明される笑顔が
素敵でした
”転校が多くて友達が出来ない暗い子”?それは
信じられませんな~(^u^)
お母様の勧めで俳優さんですか?
お母様に感謝ですね
そして私達も正平さんにお会いできました♪
明日も楽しみです~♡

投稿日時:2013年12月10日 19:36 | sara.jyu

ここかなだvancouverの正平さんと同い年の叔母さんたちも応援しています。正平さんのセクシーさと、おしゃれ感覚にみなのっくあうとされています。お互い健康には気をつけましょう。絶対に無理はしないでください。

投稿日時:2013年12月10日 18:55 | 齊藤まり

火野様スタッフの皆様
県境越えの瞬間をいつも楽しみにしていますが
千葉県と東京の境目は気づかないでしまいました。
東京に入った途端、車の間をぬって走る自転車に
ハラハラドキドキしました。
のどかな道に慣れすぎていた目には刺激的です。
すぐに自転車道に入られほっとしました。
今日のお手紙に感心しました。
「富士見坂から見る景色」でしたが、坂の上から
見るようにとの注釈があり、コース作りにも
大いに役立ったのではないでしょうか。
東京の旅はある意味スリルがありますが
どうぞ、ご無事で!

投稿日時:2013年12月10日 18:16 | みとのしーちゃん

春の旅では、中学・高校を過ごした豊中を懐かしがっていましたが、小学校は目黒区立を卒業されたんですね!
ステキな関西弁で話されるので、まさか東京でも暮らしていたなんて、驚きました。もしかして、てやんでぃ!もお得意?(笑)
幼なじみの酒屋さんは不在で残念でしたね。息子さんもお父様から正平さんのことをよく聞いているようでしたね^^
ところで、目的地までの道、よくもまあ人通りの少ない道を探しましたね~監督さん頑張った!? 坂からは富士山見えたかな?土曜版楽しみにしています。

投稿日時:2013年12月10日 18:15 | あさつき

2歳の息子の子育てに毎日奮闘する中、楽しく拝見しています。

東京編は、どこを走るのが楽しみにしていたらビックリ!
呑み川・大岡山・知ってるキーワード・馴染みの景色。
正に私の地元。
しかも、父・私達兄妹も中根小卒業生です。
因みに、父兄妹は子供の頃に正平さんと一緒に遊んでいたそうです。

またフラリいらして下さい♡応援しています。

投稿日時:2013年12月10日 17:48 | 遼ママ

「正平さん、スタッフのみなさん、こんばんは」
火曜日版、見ました。
トウキョウには、正平さんの思い出の場所もいっぱいあるんですね?
小学校前で正平さん、「友達が出来ない、暗い子だったんだ」って。
そういう時期もあって、やさしい思いやりのある大人に成長されたんですね?なんだか、腑に落ちました。
児童劇団入りを薦めたお母様、見る目がありましたね。
正平さんの人生が垣間見られた15分、いい時間でした。

投稿日時:2013年12月10日 17:06 | REIKO

いよいよ東京に入りましたね!
高層ビルがそびえ立っていたり、多くの人が行きかう街を見ると
あ~、東京に戻ってきちゃったぁ・・、という旅行から戻ってきて
現実に一気に引き戻される、あの何とも言えない淋しい気持ちを
思い出してしまいます。
わたしの知らないTOKYO、楽しみにしています!
チャリオ君ご一行様の旅のご無事をお祈りしています(^^)/

投稿日時:2013年12月10日 16:47 | ぽぴ

こんにちは。
東京を今日の番組のように拝見出来たのは初めてです。
正平さんの通われた小学校や街も正平さんの案内で見れて嬉しかったです。

正平さんは やっぱり 東京が似合うと思いました!

投稿日時:2013年12月10日 12:45 | ゆうさん

今日は正平さんのこころ旅でもありましたね。当時のことを話す正平さんの笑顔に、可愛い小学生の正平さんの笑顔を想像してしまいました(あ、今もカワイイです)。
あの坂からの風景、土曜日に続きを見るのを楽しみにしています。

投稿日時:2013年12月10日 12:04 | 矢車草

火野正平さん、大好きです。
いつも番組、楽しく拝見させていただいています。
今日紹介された「富士見坂」、私も思い出の場所です。
私は坂の下の町で生まれ、母は私を乳母車に乗せ、坂の上の砧公園までよく散歩したそうです。
車の免除をとって初めて車であの坂を下ったとき、ジェットコースターで一番高いところから落ちるときみたいに足がすくんで怖かったことを覚えています。
今は東京近郊に住んでいるため、何年もあの坂を下りていませんが、またあの坂を下りるときのドキドキ感を味わってみたいです。
火野さん、スタッフの皆様、これからも楽しみにしています!!!

投稿日時:2013年12月10日 10:31 | ミラクル

285日 東京都世田谷区 富士見坂(岡本3丁目)

正平さんの何時もとは違いダンディな姿のビックリでした(^^ゞ

始めの言葉『嬉しいような。ちょっと怖いようなです』
は嬉しそうに嬉しそうな顔してましたね

景色もさすが東京です高いビルがあり。車の量もはんぱでないですね

正平さんが小学校の頃の転校生での話がポロリ。もっと聞きたかったな

土曜日版が楽しみです 

投稿日時:2013年12月10日 10:28 | ガーデニング おばさん

285日目の旅、観たよ。
「富士見坂」
アクアラインはチャリオで渡れるかどうか分かりませんが
渡れるとして、火野さんにさせたら、絶対拒否でしょうね。
突然に結婚を・・・のお手紙
凝った文章でした。
母ちゃん、五反田の駅、通過だよとか
小学校同級生のお店訪問とか
火野さんのこころ旅も味わいました。
久し振りに大垣話題も出たりして。

投稿日時:2013年12月10日 10:08 | ももの爺

都内に入るのにとってもおしゃれな装いでステキ(^_^)
「嬉しいような怖いような...。」と言っていた正平さんも色々思い出がよみがえり
口笛、歌も出てウキウキ嬉しそう。
なじみの駅名や地名が次々出てきて地図広げて見ていました。
折角寄ったのに同級生に会えなくてガッカリでしたね(>_ 小学校の卒業記念の学芸会で主役にならなかったら劇団にも入らず
こころ旅にも会えなかっかも。巡り合わせって不思議ですね。

投稿日時:2013年12月10日 09:18 | みこちゃん

今日は正平さんご自身の「こころ旅」のご紹介でしたね^_^

世田谷と目黒の区界に育った私にとっても、懐かしいお話です^_^

呑川の支流(?)の九品仏川が、私のテリトリーでした。
まだその頃は暗渠化されていなくて、下水が臭ったり、大雨が降ると溢れたり・・(涙)
それでも川沿いの道はアップダウンがないので、疲れた時には、川の流れに沿ってわざわざ遠回りして、学校から帰ったりしました。

今は緑道化されて、オシャレな子連れママたちがベンチで休んだり、高貴なわんこ連れのマダムがお散歩してたり、すっかりおすましした道になっていますね(^_^;)

後ろベンツのジャケットが都会的で、オサレな街並みにとてもマッチしていますよ(^_^)vGood!

投稿日時:2013年12月10日 09:17 | ojo

今年も目黒川の桜は綺麗でした。昔呑川だった今は遊歩道の桜も大きくなっていて綺麗でした。中根小学校でらしたんですね。校庭の桜の木は立派でしたよね。東京工大にもお花見に行きました。都立大学〜緑ヶ丘〜大岡山あたりはたくさん桜の木があり、毎春楽しみにしています。

投稿日時:2013年12月10日 08:27 | みっき〜

誰だってあるんだろう
こころの奥に
宝物の地図 大切な場所へ

東京には
正平さんのこころの風景
たくさんあるんですね

坂の上から 富士山は見えるのかな?
楽しみです

投稿日時:2013年12月10日 08:11 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー

    2019春の旅