明日へ つなげよう

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

澁谷朱美さん(しぶや・あけみ/当時40歳) 美波ちゃん(みなみ/生後2か月) 宮城県山元町

朱美さんは、長女の美波ちゃんを抱いて沿岸部の自宅から避難する際に津波に巻き込まれたとみられています。夫の崇幸さんは勤務先にいて無事でした。

「こころフォト」ニュースリポート

  • 12月11日放送

    歌で震災の経験を 〜 迷い乗り越えて

    (おはよう日本)

夫の崇幸さん(38)からのメッセージ

美波へ
2か月しか一緒に過ごせなかったけど、美波が生まれてからの2か月は、それまで以上に笑顔の絶えない家庭になっていたんだよ。パパとママの間に生まれてきてくれてありがとね。

あけちゃんへ
まだ、首が据わってない美波を抱いて逃げるの大変だったよね・・・
怖かったよね・・・一緒に居てあげられなくてゴメンね・・・

これからも、2人はずっと俺の心の中にいるからね。

こころフォトのページをご覧になった、長野県高森町の佐々木昌(ささき・あきら)さんより

昨年2015年10月31日に山元町どらごえサークルのみなさんと町内を案内していただいた後、公民館でタラコメシをいただきながら合唱交流をしました。
「この町で」と「ひまわりのおやくそく」すばらしい合唱でした。
「この町で」のバックで崇幸さんはベースを弾いてくれました。控えめでいて力強い、のびのびした音が歌を包んでいました。
そのせいでしょうか、最近ベースを買いました。うたごえ喫茶などで弾き始めました。
崇幸さんのような、あたたかい演奏をめざしてがんばります。
美波ちゃん、朱美さん、いつも聞いててね。

「こころフォト1min」の放送をご覧になった生和くにみさんより

放送を見て、涙が止まりません。奥さんと生後2ヶ月の赤ちゃんが避難途中に津波に流されてしまったとのこと。本当に本当に残念で悲しいです。
何の力にもなれませんが、遠い空の下で心を痛めている人間がいることをせめて伝えたく、思い切ってメールしました。
お二人のご冥福をお祈りしています。

こころフォトのページをご覧になった、北海道札幌市の荒野鷹虎(あらの・たかとら)さんより

このたびの大震災はあまりにも自然の想定外な怒りでした。
美波ちゃんと朱美さんへの御主人の思いは永遠に神の世界に通じる素晴らしい純粋な心だと思います。
きっとお二人へ届いていると信じます。
今後の生活は苦しい道のりと思いますが、強い気持ちで頑張ってください。
国民全体が見守っています。
感激で胸が震えます。

澁谷美波ちゃん、朱美さんへのメッセージ・写真を募集しています。


お寄せいただいたメッセージは、ホームページへの掲載や番組への活用などに限って利用いたします。
メッセージは掲載できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆様の個人情報の扱いに関しては、「NHKにおける個人情報保護について」をご参照ください。

お名前(*)
ふりがな(*)
本人との関係(*)
電話番号(*)
(半角数字)
住所(*)

ページへの掲載は区市町村までとします。(例)東京都渋谷区の※※さん より

メールアドレス(*)
(半角数字)
確認用メールアドレス(*)
(半角数字)
メッセージ(*)

※内容は800文字以内でお書きください
(800文字を超えた場合は送信できません。ご了承ください)

※文字化けしてしまうため、機種依存文字は使用しないでください。

※写真を投稿したい場合は、こちらの写真投稿フォーム をご利用ください。


郵送の場合はご意見・お問い合わせページに
「郵送希望」と記して住所をお書き下さい。
こちらからメッセージの記入用紙や返信用封筒を送ります。
送っていただいたお写真は返却します。

ご意見・お問い合わせ

  • >> メッセージを投稿する
写真一覧へ戻る