NHK高校講座

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

近現代の朝鮮半島

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(30秒)
  • 今回のビュー・ポイント(1分47秒)
  • 朝鮮の開国と近代化(4分43秒)
  • 韓国併合と日本の植民地支配(5分1秒)
  • 分断国家の成立と南北関係(5分0秒)
  • Deep in 世界史(1分52秒)
  • まとめ(1分3秒)
  • 1/7
    オープニング(30秒)
  • 2/7
    今回のビュー・ポイント(1分47秒)
  • 3/7
    朝鮮の開国と近代化(4分43秒)
  • 4/7
    韓国併合と日本の植民地支配(5分1秒)
  • 5/7
    分断国家の成立と南北関係(5分0秒)
  • 6/7
    Deep in 世界史(1分52秒)
  • 7/7
    まとめ(1分3秒)

【今回学ぶこと】
19世紀後半に朝鮮は日本・欧米との間で開国し近代化を目指す。しかし、日本の朝鮮半島への進出が本格化し、1910年に朝鮮は日本の植民地となる。植民地期の朝鮮において、日本は統治の度合いを強めていった。第二次世界大戦での日本の敗戦により、朝鮮は植民地から解放されたが、その後、アメリカ・ソ連の対立関係を反映した冷戦構造を背景に、朝鮮半島の南北は分断され、その分断状況は今日まで続いている。今回は、近現代の朝鮮半島の歴史を国際関係の推移と関連付けながら学ぶ。

  • 世界史監修:東京大学准教授 三ツ井 崇
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約