NHK高校講座

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

アメリカ合衆国の独立とフランス革命

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(30秒)
  • 今回のビュー・ポイント(2分1秒)
  • アメリカ独立革命(5分23秒)
  • フランス革命(3分50秒)
  • ナポレオンの台頭と没落(4分10秒)
  • Deep in 世界史(3分4秒)
  • まとめ(58秒)
  • 1/7
    オープニング(30秒)
  • 2/7
    今回のビュー・ポイント(2分1秒)
  • 3/7
    アメリカ独立革命(5分23秒)
  • 4/7
    フランス革命(3分50秒)
  • 5/7
    ナポレオンの台頭と没落(4分10秒)
  • 6/7
    Deep in 世界史(3分4秒)
  • 7/7
    まとめ(58秒)

【今回学ぶこと】
今回は18世紀末の2つの革命について学ぶ。イギリス領アメリカ植民地では、財政を立て直すために課税を強化する本国に対する不満が高じ、戦争が勃発した。1776年には人民主権をうたう独立宣言が発表され、1783年には植民地側が勝利して独立が達成された。他方、財政難に陥ったフランスでも課税強化に反発した貴族や聖職者が三部会の開催を要求、1789年には国王の弾圧を警戒するパリの民衆が蜂起して革命が始まった。しかし、大規模な干渉戦争のなかで革命は混乱し、ナポレオンの登場後、帝政がしかれることになった。

  • 世界史監修:東京大学教授 西崎 文子
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約