NHK高校講座

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

ヨーロッパの主権国家

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(30秒)
  • 今回のビュー・ポイント(2分8秒)
  • フェリペ2世のスペイン(3分58秒)
  • エリザベス1世のイギリス(4分29秒)
  • 経済大国オランダの登場(4分50秒)
  • Deep in 世界史(3分7秒)
  • まとめ(55秒)
  • 1/7
    オープニング(30秒)
  • 2/7
    今回のビュー・ポイント(2分8秒)
  • 3/7
    フェリペ2世のスペイン(3分58秒)
  • 4/7
    エリザベス1世のイギリス(4分29秒)
  • 5/7
    経済大国オランダの登場(4分50秒)
  • 6/7
    Deep in 世界史(3分7秒)
  • 7/7
    まとめ(55秒)

【今回学ぶこと】
西ヨーロッパでは、16世紀ごろから、それまでの封建制下の分権状態にかわって、主権者の下に統合される集権的な「国」が形成され始めた。国の成り立ち、範囲、構造、主権者(特定個人とはかぎらない)のありかたは、国によってさまざまである。今回は、16世紀に強大な勢力をもったスペイン、小国としての自立性を保とうとしたイギリス、スペインから独立して17世紀に経済大国となったオランダを取り上げる。

  • 世界史監修:國學院大学教授 大久保 桂子
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約