NHK高校講座

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

明代の中国 〜東西文化交流〜

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(30秒)
  • 今回のビュー・ポイント(3分11秒)
  • 明の対外政策(5分17秒)
  • 明と日本の交流(3分23秒)
  • 宣教師の来訪(3分46秒)
  • Deep in 世界史(2分55秒)
  • まとめ(54秒)
  • 1/7
    オープニング(30秒)
  • 2/7
    今回のビュー・ポイント(3分11秒)
  • 3/7
    明の対外政策(5分17秒)
  • 4/7
    明と日本の交流(3分23秒)
  • 5/7
    宣教師の来訪(3分46秒)
  • 6/7
    Deep in 世界史(2分55秒)
  • 7/7
    まとめ(54秒)

【今回学ぶこと】
モンゴル帝国がユーラシアをめぐる人と物の行き来を盛んにしたあとを受けて、中国で成立した明朝は、朝貢と呼ばれる仕組みで他の国々との関係をもった。中国皇帝と諸国の君主とのあいだの上下関係に基づいて、朝貢貿易が行われた。15世紀初頭の永楽帝は、鄭和に命じて東南アジアやインド洋沿岸の諸国へ大艦隊を率いて赴かせ、朝貢することを促した。日本とのあいだでも足利義満が貿易を行った。17世紀には西洋の宣教師が中国に来訪し、西洋の科学の知識を伝え、中国の文化をヨーロッパに紹介した。

  • 世界史監修:立教大学教授 上田 信
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約