NHK高校講座

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

古代インド 〜仏教とアショーカ王〜

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(30秒)
  • 今回のビュー・ポイント(2分9秒)
  • 世界宗教の生成(4分35秒)
  • 仏教の隆盛と伝播(4分40秒)
  • 仏教のインドでの消滅(4分37秒)
  • Deep in 世界史(2分25秒)
  • まとめ(1分0秒)
  • 1/7
    オープニング(30秒)
  • 2/7
    今回のビュー・ポイント(2分9秒)
  • 3/7
    世界宗教の生成(4分35秒)
  • 4/7
    仏教の隆盛と伝播(4分40秒)
  • 5/7
    仏教のインドでの消滅(4分37秒)
  • 6/7
    Deep in 世界史(2分25秒)
  • 7/7
    まとめ(1分0秒)

【今回学ぶこと】
2千数百年前のインドで釈迦(ガウタマ・シッダールタ/ブッダ)が生まれ、仏教が誕生した。仏教は、その後世界の三大宗教となり、日本人の信仰にも大きな影響を与えてきている。今回は、始めに仏教がどのような社会背景の下で生まれ、何を唱え、どのような人々に、なぜ支持されたのか、仏教はどのように実践されたのか、アショーカ王はどのようにして仏教を広めようとしたのかを見ていく。

  • 世界史監修:東京大学教授 水島 司
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約