NHK高校講座

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、昨年度の再放送です。

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

自律神経による調節

Adobe Flash Player を取得
  • 今回学ぶこと(2分33秒)
  • 1.自律神経(5分50秒)
  • 2.交感神経と副交感神経(3分59秒)
  • 3.交感神経と副交感神経のはたらき方(4分2秒)
  • 生物案内人の部屋(1分17秒)
  • エンディング(1分16秒)
  • 今日のおさらい(1分0秒)
  • 1/7
    今回学ぶこと(2分33秒)
  • 2/7
    1.自律神経(5分50秒)
  • 3/7
    2.交感神経と副交感神経(3分59秒)
  • 4/7
    3.交感神経と副交感神経のはたらき方(4分2秒)
  • 5/7
    生物案内人の部屋(1分17秒)
  • 6/7
    エンディング(1分16秒)
  • 7/7
    今日のおさらい(1分0秒)

脳(間脳視床下部)は、常に、体内環境の変化などを感知し、これに対応するための信号を各器官へ送っています。そんな信号が伝わる神経の中で、無意識のうちに、体の状態を調節しているのが自律神経です。自律神経には、活発に活動するときにはたらく交感神経と、静かに休むときにはたらく副交感神経があります。

  • 生物監修:成城学園中学校高等学校教諭 中村 雅浩
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約