NHK高校講座

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2018年度の新作です。

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2018年度の新作です。

今回の学習

生命活動を支える代謝

Adobe Flash Player を取得
  • 物質でできている細胞(6分33秒)
  • 身体を作る物は入れかわっている(4分0秒)
  • 生き物を支えるエネルギー・ATP(4分37秒)
  • ATPがエネルギーを運ぶ仕組み(1分41秒)
  • 生き物の間をめぐるエネルギー(1分57秒)
  • 今回のまとめ(1分9秒)
  • 1/6
    物質でできている細胞(6分33秒)
  • 2/6
    身体を作る物は入れかわっている(4分0秒)
  • 3/6
    生き物を支えるエネルギー・ATP(4分37秒)
  • 4/6
    ATPがエネルギーを運ぶ仕組み(1分41秒)
  • 5/6
    生き物の間をめぐるエネルギー(1分57秒)
  • 6/6
    今回のまとめ(1分9秒)

動物はなぜ成長期を過ぎても食べ続けなければならないのでしょうか?実は,生物の外見は変化しなくても,体内の物質は常に入れ替わっているのです。生体内で起こる物質の合成や分解などの化学反応を代謝といい,運動以外にも生体物質の合成にたくさんのエネルギーが必要なのです。代謝に伴うエネルギーの受け渡しにはATP という物質が重要な役割を果たしています。今回は細胞レベルの生命維持に不可欠な,代謝とエネルギーについて学びます。

  • 生物基礎監修:東京都立西高等学校指導教諭 渡邊 正治
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約