NHK高校講座

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、昨年度の再放送です。

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

生命活動を支える物質とエネルギー

Adobe Flash Player を取得
  • 今回学ぶこと(2分39秒)
  • 1.始まりは太陽エネルギー(3分2秒)
  • 2−1.エネルギーを蓄えるATP(1分9秒)
  • 生物案内人の部屋(2分21秒)
  • 2−2.エネルギーを蓄えるATP(2分22秒)
  • 3.ATPと呼吸(6分19秒)
  • エンディング(1分7秒)
  • 今日のおさらい(59秒)
  • 1/8
    今回学ぶこと(2分39秒)
  • 2/8
    1.始まりは太陽エネルギー(3分2秒)
  • 3/8
    2−1.エネルギーを蓄えるATP(1分9秒)
  • 4/8
    生物案内人の部屋(2分21秒)
  • 5/8
    2−2.エネルギーを蓄えるATP(2分22秒)
  • 6/8
    3.ATPと呼吸(6分19秒)
  • 7/8
    エンディング(1分7秒)
  • 8/8
    今日のおさらい(59秒)

生命活動のためにエネルギーを利用することは、すべての生物に共通する特徴の1つです。生命活動に使われるエネルギーの正体はATP という物質です。動物や植物、さらには微生物までもが、その生命活動のためにATP を利用しているのです。動物は呼吸により食べ物から得られるエネルギーをATP に蓄えます。植物は光合成により太陽の光エネルギーを有機物のエネルギーに変換し、呼吸によってATP に蓄えます。生物の生命活動は光合成や呼吸によりATP を合成することで維持されています。

  • 生物監修:東京都立武蔵高等学校教諭 山藤旅聞
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約