NHK高校講座

ロンリのちから

Eテレ 隔週 金曜日 午前11:20〜11:30
※この番組は、前年度の再放送です。

ロンリのちから

Eテレ 隔週 金曜日 午前11:20〜11:30
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

第4回

ロンリのちから (4)接続表現・ことばをつなぐ

  • 監修:立正大学教授 野矢 茂樹
学習ポイント学習ポイント

接続表現・ことばをつなぐ

接続表現・ことばをつなぐ
  • 僕はもうすぐ転校しなければならない
  • “しかも”って何か違和感

校庭で映画の撮影が続いている。

テレス(礼央) 「僕はもうすぐ転校しなければならない。」

アリス(マリー) 「さみしい。転校してもずっとつながっていたい。」

テレス 「僕も・・・。」

手をつなごうとして、「はっ」と手を離す2人。

テレス 「なぜ心や手をつなぐ・・・。感情というものは我々アンドロイドには良く分からない。」

アリス 「感情を持つのは人間らしい事だ。しかも感情を持つ動物もいる。 ・・・ん? しかも? “しかも”って何か違和感がある。」

アリス役のマリーが台詞に違和感をもったようです。演技を中断してしまいました。

杏奈 「カット! マリー、何が変なの?」

  • 文のつなぎが変?
  • 接続表現がおかしいから

マリー 「なんか文のつなぎが変っていうか・・・。しっくりこないっていうか・・・。」

杏奈 「感情を持つのは人間らしい事だし、感情を持つ動物もいるっていうのも、その通りじゃない!動物は感情を持たないって言いたいの?」

マリー 「そうじゃなくて、“しかも”でつないだ『感情を持つのは人間らしい事だ』と『感情を持つ動物もいる』の関係がおかしい気がするのよ。」

杏奈 「関係って・・・。」

そこに溝口先生が登場です。

溝口先生 「それは接続表現がおかしいからね。」

マリー&礼央 「溝口先生!」

杏奈 「接続表現?」

溝口先生 「接続表現とは接続詞のように、言葉と言葉をつなぐ役割を持つ言葉のことよ。」

杏奈 「言葉と言葉をつなぐ役割を持つ言葉・・・。」

溝口先生 「論理的に意見を言うためには、適切な接続表現を選ぶ必要があるの。接続表現の使い方を考えてみましょう。」

「しかも」と「そして」
  • しかも感情を持つ動物もいる
  • 最初に言ったことをいっそう強めるための接続表現

溝口先生 「杏奈、まずはあなたの書いたシナリオを検証してみましょう。」

--------------------------------------

感情を持つのは人間らしい事だ。しかも感情を持つ動物もいる。

--------------------------------------

溝口先生 「“しかも”という接続表現は、例えば、

 『雨が降ってきた。しかも風も強くなってきた。』

というふうに使うの。『さらにその上』と同じで、最初に言ったことをいっそう強めるための接続表現ね。」

杏奈 「私は別に・・・強めたかったわけじゃない。」

溝口先生 「そうなの?では他の接続表現は思いつくかしら?」

杏奈 「“そして”ならどう?」

溝口先生 「やってみなさい。」

  • は意見を続けたり加えたりするための接続表現

--------------------------------------

感情を持つのは人間らしい事だ。そして感情を持つ動物もいる。

--------------------------------------

杏奈 「あれ。言いたいことがはっきりしない感じがする。」

溝口先生 「そうね。“そして”でつなぐと、“しかも”でつないだ時のような違和感は薄れた。“そして”というのは、意見を続けたり加えたりするための接続表現なの。」

杏奈 「確かにまだ意見は続けたいけれど、でもちょっと違うっていうか・・・。」

  • 二つをつなぐ接続表現は?

溝口先生は、杏奈に問い続けます。

溝口先生 「杏奈、自分の言いたいことを論理的に考えて。あなたはどうして 『感情を持つのは人間らしいことだ』 の後に『感情をもつ動物もいる』 と続けたの?」

杏奈 「感情はとても人間らしい。まずそう思ったの。その後で、それだけじゃない、感情はけっして人間だけのものじゃないって考えたの。」

溝口先生 「そう。」

杏奈 「そういう時に使う接続表現は・・・。」

「しかし」と「ただし」
  • “しかし”なら?
  • “ただし”も逆のことをつなげる時の接続詞

マリー 「“しかし”はどうかな?」

礼央 「“しかし”か。なんか良さげ、マリーもたまにはアイデア出すんだね。」

マリー 「礼央、うるさい!」

溝口先生 「『感情は人間的だ』と『人間だけのものではない』というのは、逆のことを言っているから、“しかし”は良さそうね。ほかにもあるかしら?」

礼央 「“ただし”なんてどうかな?」

溝口先生 「“ただし”も逆のことをつなげる時の接続詞。だけど、“しかし” と “ただし”ではつなぎ方がずいぶん違ってくるの。」

杏奈 「どう違うの?」

溝口先生 「では、“しかし” と “ただし”を検証してみましょう。」

  • 高い”ということが強調される

--------------------------------------

このレストランは美味しい。しかし高い。

--------------------------------------

溝口先生 「この人は、“美味しい”ということと“高い”ということのどちらを強調したいのだと思う?」

杏奈 「“高い”ということの方が強調されてると思う。美味しいけど、高いから食べるのはやめようか、みたいな・・・。」

溝口先生 「そう。それじゃあ、“ただし”だとどうなるかしら?」

  • “美味しい”ということの方が強調される

--------------------------------------

このレストランは美味しい。ただし高い。

----------------------------------------------

溝口先生 「今度は、どちらを強調したいのだと思う?」

杏奈 「これだと“美味しい”ということの方が強調されてると思う。美味しいから入ろう。ただし、高いから覚悟しとこうね、って感じかな。」

溝口先生 「そうね。 “しかし”の場合は“しかし”の後に続ける言葉がより強調したいことで、“ただし”の場合は“ただし”の前に言う言葉の方がより強調したいことになる。並べてみましょう。」

  • 逆のことを言う時のつなぎ方でも、伝わり方は違う

-------------------------------

このレストランは美味しい。しかし高い

このレストランは美味しいただし高い。

-------------------------------

杏奈 「“しかし” と “ただし”はどちらも逆のことを言う時のつなぎ方だけど、伝わり方はまったく違うんだ・・。」

溝口先生 「そうね。ところであなたは『感情を持つのは人間らしい事だ』の後に、『感情を持つ動物もいる』と、逆の意見をつなげようとしたのよね。その続きは?」

杏奈 「そうね・・・。そんなにはっきり考えていたわけじゃないんだけど、こうやって考えてみると、感情は人間だけのものじゃない、他の動物だって持っている。ひょっとしてアンドロイドにも感情が持てるかもしれないってことが言いたかったんだと思う。」

溝口先生 「これでやっと、言いたいことが論理的につながったわね。だったら、それを的確な接続表現でつなげること。さあ、やってみなさい。」

杏奈 「ロールキャメラ!レディー、アクション!」

  •  “しかし”でつながった
  • アンドロイドにも感情が持てるかもしれない

テレス 「なぜ心や手をつなぐ・・・。感情というものは我々アンドロイドにはやはり良く分からない。」

アリス 「感情を持つのは人間らしい事だ。しかし感情を持つ動物もいる。」

テレス 「感情という物は人間だけの物ではないということ。アンドロイドの僕らにも・・・。」

杏奈 「カット!つながった!」

マリー 「良かったね、杏奈。」

礼央 「しっかりつながったね。」

杏奈 「言葉と言葉をどうつなぐかというのは、本当に大事な事なのね。」

溝口先生 「そう、きちんと的確につなぐ。それが、ロンリのちから。」

「なぜなら」と「だから」
  • 『卵は落としちゃいけない』と『卵は割れやすい』はどうつなぐ?

アリス 「ねぇねぇ、接続表現面白かったね。私たちもやってみよ!」

チェシャ猫 「それじゃあ、『卵は落としちゃいけない』 と 『卵は割れやすい』 の2つはどうつなぐのがいいと思う?」

アリス 「 私は“ただし”がいいな。」

  • 逆のことを言っているわけじゃないから、“ただし”は変
  • 理由を述べているから、“なぜなら”が正解

-------------------------------

卵は落としちゃいけない。ただし卵は割れやすい。

-------------------------------


チェシャ猫 「 不正解!逆のことを言っているわけじゃないから、“ただし”は変。すごく変だ。」

うさぎ 「“なぜなら”かな。」


-------------------------------

卵は落としちゃいけない。なぜなら卵は割れやすいから。

-------------------------------


チェシャ猫 「正解!『卵は割れやすい』は、卵を落としてはいけない理由を述べているから、“なぜなら”がいいのさ。」

  • 理由を先に言って、結論をそのあとに言ってるから、“だから”

チェシャ猫 「ところで、“なぜなら”に一見似てる“だから”は結論を言うためのもの。ひひひ、逆にな〜れ〜。」


-------------------------------

卵は割れやすい。だから卵は落としちゃいけない。

-------------------------------


チェシャ猫 「理由を先に言って、結論をその後に言ってるから、“だから”になる。“なぜなら”とは逆だ。」

アリスとうさぎ 「面白い!」

科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約