NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第33回 大正デモクラシー

問題 解答
Q1 第一次護憲運動と大正政変に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 立憲国民党の尾崎行雄らは「憲政擁護・閥族打破」をスローガンに第一次護憲運動を始め、藩閥ではなく政党が政治を主導する政党政治の実現を目指した。
  • 尾崎行雄らによる内閣不信任決議案に対し、桂太郎内閣はまたも詔勅による議会の停会で対応したため、数万の民衆が議会を取り囲み、桂内閣は退陣に追い込まれた。
  • 護憲運動とはそれまでの元老などの議会勢力による政治から、憲法政治、すなわち藩閥中心の政治システムを構築することを目指すものであった。
Q2 要その2「第一次世界大戦とその影響」に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 大戦期を通じてヨーロッパ各国では民主主義的要求から多くの社会的改革が実現し、フランス革命やアメリカの女性参政権獲得などは日本にも大きな影響を与えた。
  • 吉野作造は、政治は主権者に関係なく一般民衆の幸せのために行われるべきであるとする、いわゆる「民族主義」の理論を唱えた。
  • 吉野作造は普通選挙によって民意を政治に反映すべきと唱え、大正デモクラシーの潮流を生み出すとともに普通選挙を求める運動が全国に広がっていった。
Q3 本格的政党内閣の成立と成立の背景に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • シベリア出兵をきっかけに米騒動が全国に波及し、寺内正毅内閣は軍隊を派遣して鎮圧にあたったが、政府内からも首相の退陣を求める声が上がり、内閣は総辞職した。
  • 米騒動に衝撃を受けた元老らは立憲政友会総裁で平民の原敬を首相に推薦し、陸軍・海軍・外務の3大臣すべてを政友会党員で組織する本格的政党内閣が成立した。
  • 原敬内閣は米の緊急輸入や産業の奨励、高等教育機関の拡充など、民意を反映した政策を行ったが、普通選挙の要求に対しては時期尚早として反対の態度をとった。
Q1
第一次護憲運動と大正政変に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 立憲国民党の尾崎行雄らは「憲政擁護・閥族打破」をスローガンに第一次護憲運動を始め、藩閥ではなく政党が政治を主導する政党政治の実現を目指した。
  • 尾崎行雄らによる内閣不信任決議案に対し、桂太郎内閣はまたも詔勅による議会の停会で対応したため、数万の民衆が議会を取り囲み、桂内閣は退陣に追い込まれた。
  • 護憲運動とはそれまでの元老などの議会勢力による政治から、憲法政治、すなわち藩閥中心の政治システムを構築することを目指すものであった。
Q2
要その2「第一次世界大戦とその影響」に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 大戦期を通じてヨーロッパ各国では民主主義的要求から多くの社会的改革が実現し、フランス革命やアメリカの女性参政権獲得などは日本にも大きな影響を与えた。
  • 吉野作造は、政治は主権者に関係なく一般民衆の幸せのために行われるべきであるとする、いわゆる「民族主義」の理論を唱えた。
  • 吉野作造は普通選挙によって民意を政治に反映すべきと唱え、大正デモクラシーの潮流を生み出すとともに普通選挙を求める運動が全国に広がっていった。
Q3
本格的政党内閣の成立と成立の背景に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • シベリア出兵をきっかけに米騒動が全国に波及し、寺内正毅内閣は軍隊を派遣して鎮圧にあたったが、政府内からも首相の退陣を求める声が上がり、内閣は総辞職した。
  • 米騒動に衝撃を受けた元老らは立憲政友会総裁で平民の原敬を首相に推薦し、陸軍・海軍・外務の3大臣すべてを政友会党員で組織する本格的政党内閣が成立した。
  • 原敬内閣は米の緊急輸入や産業の奨励、高等教育機関の拡充など、民意を反映した政策を行ったが、普通選挙の要求に対しては時期尚早として反対の態度をとった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約