NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第28回 立憲政治の開始

問題 解答
Q1 憲法の制定過程や諸制度の整備に関するのうち、正しいものはどれか。
  • ドイツで立憲政治の難しさを目の当たりにした伊藤博文は、円滑な政治運営のためには憲法は必要なく、政府の組織を固めることが必要であると痛感した。
  • 伊藤博文は1882年に華族令を出し、1885年には太政官制を創設して自ら太政大臣に就任するなど、議会開設に先立って行政府の強化を図っていった。
  • 1887年、諸外国憲法などを参考に、伊藤博文は司法省の井上毅らとともに憲法草案の作成を始め、伊藤の夏島の別荘で憲法の最終草案を作成した。
Q2 大日本帝国憲法の内容に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 大日本帝国憲法には緊急勅令の発布や陸海軍の統帥など、天皇の強大な権限が定められており、天皇の立法権も議会の同意なしに行使できると規定されていた。
  • 帝国議会は貴族院と、選挙で選ばれた議員で構成する衆議院の二院制であり、立法と予算の承認を行うことが定められていた。
  • 国民には納税・勤労・教育の義務が定められ、その一方で信教や言論・結社・居住・婚姻の自由などが国民の権利として認められていた。
Q3 最初の選挙や初期議会に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 第1回衆議院議員総選挙時の有権者は納税額や性別、年齢で制限されていたため総人口の1.1%に過ぎず、有権者率は当時の先進国と比べてはるかに低いものであった。
  • 第1回衆議院銀総選挙では立憲改進党や立憲自由党などの民党が圧勝し、政府系の吏党を上回る、過半数の議席を獲得した。
  • 第1回帝国議会は軍備拡張を主張する政府と、減税して国民の負担を減らそうとする民党が予算案をめぐって対立し、議会は混乱した。
Q1
憲法の制定過程や諸制度の整備に関するのうち、正しいものはどれか。
  • ドイツで立憲政治の難しさを目の当たりにした伊藤博文は、円滑な政治運営のためには憲法は必要なく、政府の組織を固めることが必要であると痛感した。
  • 伊藤博文は1882年に華族令を出し、1885年には太政官制を創設して自ら太政大臣に就任するなど、議会開設に先立って行政府の強化を図っていった。
  • 1887年、諸外国憲法などを参考に、伊藤博文は司法省の井上毅らとともに憲法草案の作成を始め、伊藤の夏島の別荘で憲法の最終草案を作成した。
Q2
大日本帝国憲法の内容に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 大日本帝国憲法には緊急勅令の発布や陸海軍の統帥など、天皇の強大な権限が定められており、天皇の立法権も議会の同意なしに行使できると規定されていた。
  • 帝国議会は貴族院と、選挙で選ばれた議員で構成する衆議院の二院制であり、立法と予算の承認を行うことが定められていた。
  • 国民には納税・勤労・教育の義務が定められ、その一方で信教や言論・結社・居住・婚姻の自由などが国民の権利として認められていた。
Q3
最初の選挙や初期議会に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 第1回衆議院議員総選挙時の有権者は納税額や性別、年齢で制限されていたため総人口の1.1%に過ぎず、有権者率は当時の先進国と比べてはるかに低いものであった。
  • 第1回衆議院銀総選挙では立憲改進党や立憲自由党などの民党が圧勝し、政府系の吏党を上回る、過半数の議席を獲得した。
  • 第1回帝国議会は軍備拡張を主張する政府と、減税して国民の負担を減らそうとする民党が予算案をめぐって対立し、議会は混乱した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約