NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第27回 自由民権運動

問題 解答
Q1 自由民権運動や運動への政府の対応に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 民撰議院設立の建白書が政府に提出され、自由民権運動が始まった。運動は各地に広まり、1875年には全国的な連合組織「立志社」が創立された。
  • 自由民権運動が広まる中、政府は新聞紙条例を制定して言論を新聞紙上のみに限り、さらには集会条例を制定して民権派の集会を警察署内に限るなど、弾圧を加えていった。
  • 演説の禁止など政府による弾圧が強まる中、民権派の活動はオッペケペー節のような歌、芝居や講談、懇親会の開催などを通じても行われるようになった。
Q2 明治十四年の政変とその前後のできごとに関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 1881年、薩摩藩出身の企業が所有していた北海道の農場や工場を政府が破格の値段で買い取るという、いわゆる開拓使官有物払い下げ事件が起こった。
  • 開拓使官有物払い下げ事件に乗じ、伊藤博文は国会開設などで対立していた大隈重信を「民権派と手を組んでいる」として政府から追放した。
  • 国会開設の勅諭が出されると来るべき国会開設に備え、大隈重信は自由党を、板垣退助は立憲改進党をそれぞれ結成した。
Q3 松方財政と自由民権運動に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 大蔵卿の松方正義の行った増税と緊縮財政、紙幣整理などにより、米・生糸などの農産物の価格が下落し、社会は深刻な不況に陥った。
  • 松形財政による不況によって多くの農民が没落した。こうした社会状況を背景に自由民権運動は秩父事件のように過激な運動へと転換していった。
  • 自由民権運動が激化していった背景には商人や豪農たちの資金提供があり、民権運動は景気回復を目指す彼らの援助により、秩父事件直後に一層活発となっていった。
Q1
自由民権運動や運動への政府の対応に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 民撰議院設立の建白書が政府に提出され、自由民権運動が始まった。運動は各地に広まり、1875年には全国的な連合組織「立志社」が創立された。
  • 自由民権運動が広まる中、政府は新聞紙条例を制定して言論を新聞紙上のみに限り、さらには集会条例を制定して民権派の集会を警察署内に限るなど、弾圧を加えていった。
  • 演説の禁止など政府による弾圧が強まる中、民権派の活動はオッペケペー節のような歌、芝居や講談、懇親会の開催などを通じても行われるようになった。
Q2
明治十四年の政変とその前後のできごとに関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 1881年、薩摩藩出身の企業が所有していた北海道の農場や工場を政府が破格の値段で買い取るという、いわゆる開拓使官有物払い下げ事件が起こった。
  • 開拓使官有物払い下げ事件に乗じ、伊藤博文は国会開設などで対立していた大隈重信を「民権派と手を組んでいる」として政府から追放した。
  • 国会開設の勅諭が出されると来るべき国会開設に備え、大隈重信は自由党を、板垣退助は立憲改進党をそれぞれ結成した。
Q3
松方財政と自由民権運動に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 大蔵卿の松方正義の行った増税と緊縮財政、紙幣整理などにより、米・生糸などの農産物の価格が下落し、社会は深刻な不況に陥った。
  • 松形財政による不況によって多くの農民が没落した。こうした社会状況を背景に自由民権運動は秩父事件のように過激な運動へと転換していった。
  • 自由民権運動が激化していった背景には商人や豪農たちの資金提供があり、民権運動は景気回復を目指す彼らの援助により、秩父事件直後に一層活発となっていった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約