NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第26回 明治維新

問題 解答
Q1 日本の中央集権化や封建的諸制度廃止に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 1869年の版籍奉還によって藩主は新政府から知藩事に任命され、藩に対する支配権は交付されなかったものの、税の徴収権や軍事力は各藩が保持したままであった。
  • 廃藩置県によって藩主は知藩事を罷免される一方、新たに置かれた府や県の知事や県令に任命され、引き続き各藩の軍事・租税の権限を与えられることとなった。
  • 藩主・藩士の主従関係が廃止されるとともに江戸時代の身分制度も廃止され、公家と大名を「貴族」、一般武士を「士族」、農民や町人らの庶民を「平民」に改めた。
Q2 明治政府の近代化政策に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 秩禄処分によって経済的特権を失った士族は金禄公債を元手に商人となり、大部分の士族がこの方法を通じて生活基盤を安定させることに成功した。
  • 徴兵令の公布によって満20歳以上の男子に兵役の義務が課され、江戸時代まで兵役の義務を負っていた平民に士族を加えた新たな軍事制度が整えられていった。
  • 地租改正によって課税対象は米の収穫高から土地の価格へ、また物納から貨幣納(金納)へと改められ、全国一律に貨幣で徴収する近代的な租税制度が確立されていった。
Q3 学制公布後に設立された小学校に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 小学校では思い思いの場所に座る子供たちを先生が個別に指導する体制が採られ、それまでの寺子屋で行われていた一斉授業と呼ばれる方式はほぼ消滅した。
  • 教科書は高価で購入する余裕のない子供が大半を占めていたため、明治時代の小学校では教科書の代わりに主に掛図が使用されていた。
  • 学制公布の頃には30%もなかった就学率は35年後にはほぼ100%に達し、教育の普及充実が日本の近代化を支える大きな役割を果たしていった。
Q1
日本の中央集権化や封建的諸制度廃止に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 1869年の版籍奉還によって藩主は新政府から知藩事に任命され、藩に対する支配権は交付されなかったものの、税の徴収権や軍事力は各藩が保持したままであった。
  • 廃藩置県によって藩主は知藩事を罷免される一方、新たに置かれた府や県の知事や県令に任命され、引き続き各藩の軍事・租税の権限を与えられることとなった。
  • 藩主・藩士の主従関係が廃止されるとともに江戸時代の身分制度も廃止され、公家と大名を「貴族」、一般武士を「士族」、農民や町人らの庶民を「平民」に改めた。
Q2
明治政府の近代化政策に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 秩禄処分によって経済的特権を失った士族は金禄公債を元手に商人となり、大部分の士族がこの方法を通じて生活基盤を安定させることに成功した。
  • 徴兵令の公布によって満20歳以上の男子に兵役の義務が課され、江戸時代まで兵役の義務を負っていた平民に士族を加えた新たな軍事制度が整えられていった。
  • 地租改正によって課税対象は米の収穫高から土地の価格へ、また物納から貨幣納(金納)へと改められ、全国一律に貨幣で徴収する近代的な租税制度が確立されていった。
Q3
学制公布後に設立された小学校に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 小学校では思い思いの場所に座る子供たちを先生が個別に指導する体制が採られ、それまでの寺子屋で行われていた一斉授業と呼ばれる方式はほぼ消滅した。
  • 教科書は高価で購入する余裕のない子供が大半を占めていたため、明治時代の小学校では教科書の代わりに主に掛図が使用されていた。
  • 学制公布の頃には30%もなかった就学率は35年後にはほぼ100%に達し、教育の普及充実が日本の近代化を支える大きな役割を果たしていった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約