NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第23回 幕藩体制の危機

問題 解答
Q1 「外国船の来航」に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 1804年、ロシア使節レザノフが長崎に来航して日本との通商を求めたが、日本側はこれを拒否し、これをきっかけに以後、ロシアとの緊迫関係が生じることとなった。
  • 1808年、イギリスの軍艦フェートン号が交戦国フランスの商船を探して長崎港に侵入した。危機感を覚えた幕府は1825年に進水給与令を発した。
  • 1837年、日本攻略を目的にアメリカのモリソン号が浦賀沖に現れ、砲撃を加えたが、日本側の応戦が功を奏して退去した。
Q2 「天保の改革」に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • アヘン戦争の結果に危機感を抱き、それまでの対外強硬方針を改めて1842年に異国船打払令を出した。
  • 物価高騰を抑えるため株仲間の解散を命じたが、かえってそれまでの流通機構が崩れて経済の混乱を招いた。
  • 財政再建を名目に、幕府の直轄地であった江戸・大坂周辺を大名・旗本らに支配させる「上知令」を発布したが、大名・旗本らの猛反発により失敗した。
Q3 江戸末期の各藩の財政改革に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 長州藩では村田清風の主導による藩政改革が行われ、多額の負債の37年据え置きや、下関に「越荷方」を置くなどして財政立て直しに成功した。
  • 薩摩藩では調所広郷による改革が行われ、借金の250年賦無利子返済、砂糖専売や琉球を通じた密貿易などで多額の利益をあげた。
  • 佐賀藩は陶磁器の専売を行い、海外にも輸出して利益を上げた。その利益をもとに反射炉を建設し、日本で初めて青銅製の大砲の鋳造に成功した。
Q1
「外国船の来航」に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 1804年、ロシア使節レザノフが長崎に来航して日本との通商を求めたが、日本側はこれを拒否し、これをきっかけに以後、ロシアとの緊迫関係が生じることとなった。
  • 1808年、イギリスの軍艦フェートン号が交戦国フランスの商船を探して長崎港に侵入した。危機感を覚えた幕府は1825年に進水給与令を発した。
  • 1837年、日本攻略を目的にアメリカのモリソン号が浦賀沖に現れ、砲撃を加えたが、日本側の応戦が功を奏して退去した。
Q2
「天保の改革」に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • アヘン戦争の結果に危機感を抱き、それまでの対外強硬方針を改めて1842年に異国船打払令を出した。
  • 物価高騰を抑えるため株仲間の解散を命じたが、かえってそれまでの流通機構が崩れて経済の混乱を招いた。
  • 財政再建を名目に、幕府の直轄地であった江戸・大坂周辺を大名・旗本らに支配させる「上知令」を発布したが、大名・旗本らの猛反発により失敗した。
Q3
江戸末期の各藩の財政改革に関する文のうち、誤っているものはどれか。
  • 長州藩では村田清風の主導による藩政改革が行われ、多額の負債の37年据え置きや、下関に「越荷方」を置くなどして財政立て直しに成功した。
  • 薩摩藩では調所広郷による改革が行われ、借金の250年賦無利子返済、砂糖専売や琉球を通じた密貿易などで多額の利益をあげた。
  • 佐賀藩は陶磁器の専売を行い、海外にも輸出して利益を上げた。その利益をもとに反射炉を建設し、日本で初めて青銅製の大砲の鋳造に成功した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約