NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第20回 近世の経済と産業

問題 解答
Q1 江戸時代の江戸と江戸に住む人々の様子について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 江戸は18世紀初頭に100万人が暮らす大都市となったと推定されるが、人口の半分を占める町人の居住地は武家地の約5分の1ほどであった。
  • 江戸の膨大な人口を支えたのは関東農村の豊かな生産力がその背景にあり、江戸で消費される物資はほぼ江戸近郊の農村からの移入でまかなわれていた。
  • 「江戸の飲みだおれ」の言葉が示す通り、江戸の人々は酒を大量に消費した。色鮮やかで緻密な作りの徳利が江戸後期の遺構から大量出土することもその様子を物語っている。
Q2 江戸時代の産業の発達に関連する文のうち、正しいものはどれか。
  • 江戸時代、江戸では独自の技術によって口当たりの良い酒が作られるようになり、大量の酒が江戸から京都・大坂へと出荷されていった。
  • 江戸時代に上方の職人が現在の千葉県で作り始めた「薄口しょうゆ」のように、江戸近郊にも上方と並ぶ産業が始まり、特産品が作られるようになった。
  • 現在の群馬県では京都で生まれた高度な技術を導入して「桐生織物」が江戸中期頃に開発され、やがて「西の西陣」「東の桐生」と呼ばれるまでに成長した。
Q3 江戸時代の交通の発達に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 「天下の台所」と呼ばれた江戸の港には全国の船が行き交い、菱の実を運んだことに由来する菱垣廻船など、多くの船が江戸−大坂間を運航するようになった。
  • 江戸の商人・河村瑞賢によって東廻り・西廻り航路が整備された。これによって江戸と大坂を中心とした全国的な物資の流通網が完成した。
  • 参勤交代のため全国の陸路の整備も必要となり、東海道や中仙道などの脇街道が、また各地の城下町をつなぐ五街道が整備された。
Q1
江戸時代の江戸と江戸に住む人々の様子について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 江戸は18世紀初頭に100万人が暮らす大都市となったと推定されるが、人口の半分を占める町人の居住地は武家地の約5分の1ほどであった。
  • 江戸の膨大な人口を支えたのは関東農村の豊かな生産力がその背景にあり、江戸で消費される物資はほぼ江戸近郊の農村からの移入でまかなわれていた。
  • 「江戸の飲みだおれ」の言葉が示す通り、江戸の人々は酒を大量に消費した。色鮮やかで緻密な作りの徳利が江戸後期の遺構から大量出土することもその様子を物語っている。
Q2
江戸時代の産業の発達に関連する文のうち、正しいものはどれか。
  • 江戸時代、江戸では独自の技術によって口当たりの良い酒が作られるようになり、大量の酒が江戸から京都・大坂へと出荷されていった。
  • 江戸時代に上方の職人が現在の千葉県で作り始めた「薄口しょうゆ」のように、江戸近郊にも上方と並ぶ産業が始まり、特産品が作られるようになった。
  • 現在の群馬県では京都で生まれた高度な技術を導入して「桐生織物」が江戸中期頃に開発され、やがて「西の西陣」「東の桐生」と呼ばれるまでに成長した。
Q3
江戸時代の交通の発達に関する文のうち、正しいものはどれか。
  • 「天下の台所」と呼ばれた江戸の港には全国の船が行き交い、菱の実を運んだことに由来する菱垣廻船など、多くの船が江戸−大坂間を運航するようになった。
  • 江戸の商人・河村瑞賢によって東廻り・西廻り航路が整備された。これによって江戸と大坂を中心とした全国的な物資の流通網が完成した。
  • 参勤交代のため全国の陸路の整備も必要となり、東海道や中仙道などの脇街道が、また各地の城下町をつなぐ五街道が整備された。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約