NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第15回 戦国大名

問題 解答
Q1 応仁の乱について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 乱の勃発当初、室町幕府の実権を握ろうとしていた山名持豊は日野富子・足利義尚を、細川勝元は足利義視を支援して戦った。
  • 応仁の乱では守護大名に代々仕える身分の高い家臣が重装の「足軽」として活躍し、兵士としての秩序を重んじて戦った。
  • 応仁の乱によって守護大名の権威は失墜し、守護大名の勢力が弱まるとともに将軍の強固な独裁体制が敷かれるようになった。
Q2 戦国大名について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 戦国大名の成り立ちはさまざまであり、甲斐の武田氏や薩摩の島津氏のように国人から頭角を現し、その地位についたものもいた。
  • 上杉謙信は信濃国への勢力拡大を目指して川中島近辺まで支配下に治め、武田信玄の領地に迫ったため、戦国時代最大級の川中島の合戦が始まった。
  • 戦国大名たちが常に戦った背景には家臣に与える恩賞を得るため、また家臣たちに下剋上の暇を与えない、農地や港を手に入れて領国経済を発展させるなどの理由があった。
Q3 室町〜戦国時代に成立した都市に関する以下の文のうち、誤っているものはどれか。
  • 戦国時代には城下町や港町が各地に作られた。中でも堺は城の周りに家臣や鍛冶や大工などの商工業者を集めた日本有数の城下町として発展した。
  • お寺や伊勢神宮などの神社に多くの人が参詣したことから、その周囲には門前町と呼ばれる町が発達した。
  • 戦国大名たちは当時の流行の最先端を伝えるため、領国に京都を模した町を作っていった。現在も「小京都」と呼ばれる町が各地に存在している。
Q1
応仁の乱について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 乱の勃発当初、室町幕府の実権を握ろうとしていた山名持豊は日野富子・足利義尚を、細川勝元は足利義視を支援して戦った。
  • 応仁の乱では守護大名に代々仕える身分の高い家臣が重装の「足軽」として活躍し、兵士としての秩序を重んじて戦った。
  • 応仁の乱によって守護大名の権威は失墜し、守護大名の勢力が弱まるとともに将軍の強固な独裁体制が敷かれるようになった。
Q2
戦国大名について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 戦国大名の成り立ちはさまざまであり、甲斐の武田氏や薩摩の島津氏のように国人から頭角を現し、その地位についたものもいた。
  • 上杉謙信は信濃国への勢力拡大を目指して川中島近辺まで支配下に治め、武田信玄の領地に迫ったため、戦国時代最大級の川中島の合戦が始まった。
  • 戦国大名たちが常に戦った背景には家臣に与える恩賞を得るため、また家臣たちに下剋上の暇を与えない、農地や港を手に入れて領国経済を発展させるなどの理由があった。
Q3
室町〜戦国時代に成立した都市に関する以下の文のうち、誤っているものはどれか。
  • 戦国時代には城下町や港町が各地に作られた。中でも堺は城の周りに家臣や鍛冶や大工などの商工業者を集めた日本有数の城下町として発展した。
  • お寺や伊勢神宮などの神社に多くの人が参詣したことから、その周囲には門前町と呼ばれる町が発達した。
  • 戦国大名たちは当時の流行の最先端を伝えるため、領国に京都を模した町を作っていった。現在も「小京都」と呼ばれる町が各地に存在している。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約