NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第8回 武士の登場

問題 解答
Q1 武士誕生の過程や10世紀頃の武士の活動について述べた文のうち、誤っているものはどれか。
  • 藤原純友は常陸の国府を襲うなど東国から国司を次々に追い出し、自ら新皇と名乗って東国の支配者になろうとした。
  • 朝廷に仕えていた貴族の中には都を離れて現地へ下向する者がおり、そうした勢力が徐々に力を得て武士になっていったと考えられている。
  • 豪族や有力農民など、現地の有力者が力をつけて武士へと成長し、中央や地方の治安維持にあたっていたと考えられている。
Q2 武士団の行った弓馬の練習や当時の環境について述べた文のうち、誤っているものはどれか。
  • 弓と馬の技術は当時の武士たちにとってとても重要なものであった。その訓練の様子は各地に伝わる流鏑馬の神事として今に伝えられている。
  • 重い大鎧を着て乗馬するには大型の頑丈な馬が必要であり、日本の在来種、つまりサラブレッドなど現在の競走馬よりもはるかに大きい長足の馬が古代から使用されていた。
  • 東国で武士団の成長が見られたのは、この地が良馬を育てるのに適した環境にあったことが関係している。
Q3 源氏と平氏について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 1028年、平忠常が東国の反乱を平定し、さらに平氏は前九年・後三年の役を通じて東国での棟梁の地位を確実なものにしていった。
  • 前九年合戦・後三年合戦の後、東北は奥州藤原氏が清衡、基衡、秀衡の三代にわたって統治し、平泉を中心に独自の文化と繁栄を築き上げていった。
  • 源氏は忠盛が西国の海賊討伐などで上皇の信任を得、貴族の身分を得て、上皇の近臣として朝廷内での地位を築いていった。
Q1
武士誕生の過程や10世紀頃の武士の活動について述べた文のうち、誤っているものはどれか。
  • 藤原純友は常陸の国府を襲うなど東国から国司を次々に追い出し、自ら新皇と名乗って東国の支配者になろうとした。
  • 朝廷に仕えていた貴族の中には都を離れて現地へ下向する者がおり、そうした勢力が徐々に力を得て武士になっていったと考えられている。
  • 豪族や有力農民など、現地の有力者が力をつけて武士へと成長し、中央や地方の治安維持にあたっていたと考えられている。
Q2
武士団の行った弓馬の練習や当時の環境について述べた文のうち、誤っているものはどれか。
  • 弓と馬の技術は当時の武士たちにとってとても重要なものであった。その訓練の様子は各地に伝わる流鏑馬の神事として今に伝えられている。
  • 重い大鎧を着て乗馬するには大型の頑丈な馬が必要であり、日本の在来種、つまりサラブレッドなど現在の競走馬よりもはるかに大きい長足の馬が古代から使用されていた。
  • 東国で武士団の成長が見られたのは、この地が良馬を育てるのに適した環境にあったことが関係している。
Q3
源氏と平氏について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 1028年、平忠常が東国の反乱を平定し、さらに平氏は前九年・後三年の役を通じて東国での棟梁の地位を確実なものにしていった。
  • 前九年合戦・後三年合戦の後、東北は奥州藤原氏が清衡、基衡、秀衡の三代にわたって統治し、平泉を中心に独自の文化と繁栄を築き上げていった。
  • 源氏は忠盛が西国の海賊討伐などで上皇の信任を得、貴族の身分を得て、上皇の近臣として朝廷内での地位を築いていった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約