NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第7回 摂関政治の展開と国風文化

問題 解答
Q1 藤原氏による権力掌握の方法や過程、また摂関政治に関する説明として正しいものはどれか。
  • 藤原氏は自身の息子を天皇の娘と結婚させ、その子供を天皇として即位させる、いわゆる天皇家との婚姻戦略によってその地位を不動のものとしていった。
  • 貴族同士の権力争いによって応天門の変が起こり、この事件により藤原良房は成人した天皇を補佐する関白の職に就任した。
  • 当時の貴族の重要な仕事に儀式があり、藤原道長の「御堂関白記」のように、貴族たちはその儀式の詳細を子孫たちの参考として残すため日記に書き留めた。
Q2 地方政治の変質の様子や摂関政治が行われていた頃の地方支配の様子について、その説明として正しいものはどれか。
  • 農民たちを治めていたのは政府から諸国に派遣された国司であり、現地に赴任した国司のトップは受領と呼ばれるようになった。
  • 偽籍の横行が示すように、重い税から逃れようとする者が後を絶たなくなったため、課税方法は従来の土地への課税ではなく人に対して課税する方法へと変わっていった。
  • 受領たちは多くの富を蓄えようと任地で厳しく税を取り立てた。その様子は藤原陳忠の悪政を訴えた「尾張国郡司百姓等解文」からもうかがうことができる。
Q3 国風文化やその文化を代表する人物、また当時の貴族の結婚の形などに関する説明について、誤っているものはどれか。
  • 「ひらがな」は特に女性たちによって使われ、紫式部の「平家物語」など、多くの女流文学が誕生した。
  • 紫式部は藤原道長の娘、彰子の教育係・家庭教師に選ばれ、彰子はやがて天皇に気に入られ、後の後一条天皇を出産した。
  • 当時の結婚は男性が女性の元に通う「通い婚」が基本であり、母方のお祖父さんは生まれた子供に対して強い発言力・影響力を持つこととなった。
Q1
藤原氏による権力掌握の方法や過程、また摂関政治に関する説明として正しいものはどれか。
  • 藤原氏は自身の息子を天皇の娘と結婚させ、その子供を天皇として即位させる、いわゆる天皇家との婚姻戦略によってその地位を不動のものとしていった。
  • 貴族同士の権力争いによって応天門の変が起こり、この事件により藤原良房は成人した天皇を補佐する関白の職に就任した。
  • 当時の貴族の重要な仕事に儀式があり、藤原道長の「御堂関白記」のように、貴族たちはその儀式の詳細を子孫たちの参考として残すため日記に書き留めた。
Q2
地方政治の変質の様子や摂関政治が行われていた頃の地方支配の様子について、その説明として正しいものはどれか。
  • 農民たちを治めていたのは政府から諸国に派遣された国司であり、現地に赴任した国司のトップは受領と呼ばれるようになった。
  • 偽籍の横行が示すように、重い税から逃れようとする者が後を絶たなくなったため、課税方法は従来の土地への課税ではなく人に対して課税する方法へと変わっていった。
  • 受領たちは多くの富を蓄えようと任地で厳しく税を取り立てた。その様子は藤原陳忠の悪政を訴えた「尾張国郡司百姓等解文」からもうかがうことができる。
Q3
国風文化やその文化を代表する人物、また当時の貴族の結婚の形などに関する説明について、誤っているものはどれか。
  • 「ひらがな」は特に女性たちによって使われ、紫式部の「平家物語」など、多くの女流文学が誕生した。
  • 紫式部は藤原道長の娘、彰子の教育係・家庭教師に選ばれ、彰子はやがて天皇に気に入られ、後の後一条天皇を出産した。
  • 当時の結婚は男性が女性の元に通う「通い婚」が基本であり、母方のお祖父さんは生まれた子供に対して強い発言力・影響力を持つこととなった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約