NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第5回 平城京の時代

問題 解答
Q1 奈良時代の支配体制や社会について述べた文のうち、誤っているものはどれか。
  • 相次ぐ反乱や飢饉・疫病の流行によって社会は動揺し、聖武天皇は国ごとに国分寺・国分尼寺を建立する命令を発した。
  • 聖武天皇は鎮護国家の思想のもと、大仏造立の詔を発し、752年の大仏開眼の儀式には諸外国をも含む一万を超える僧が参列したと伝えられる。
  • 律令国家が完成して社会が安定してくると、貴族・庶民を問わず唐風の衣装が流行し、華美な服装が当時の農民たちの間にも広まっていった。
Q2 奈良時代の土地制度の変遷について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 口分田の不足を補うため、政府は墾田永年私財法を出して開墾を奨励したが、開墾された田の私有期限が近づくと荒廃したため、さらに三世一身法を発した。
  • 墾田の私有を認めたことは必ずしも公地公民の矛盾ではなく、天皇がより広い土地を支配できるようになるなど、律令国家建設の過程であったと最近では考えられている。
  • 土地も民も天皇のものである、いわゆる公地公民の原則は、政府が土地私有を認めたことにより律令制ともども完全に崩壊したと最近では考えられている。
Q3 奈良時代の国際関係、当時の史料について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 遣唐使のみならず日本は新羅や渤海とも外交関係を結んでおり、使節の交換もさかんに行われていた。
  • 遣唐使は日本が唐の臣下として朝貢する形式で行われ、新羅や渤海とも日本が相手国の臣下になるという立場で外交関係を結んでいた。
  • 平城京跡から発掘される「かわらけ」と呼ばれる土器片は、地方から租税を送る時の荷札として使われ、当時の人々の生の声を現代に伝える貴重な史料である。
Q1
奈良時代の支配体制や社会について述べた文のうち、誤っているものはどれか。
  • 相次ぐ反乱や飢饉・疫病の流行によって社会は動揺し、聖武天皇は国ごとに国分寺・国分尼寺を建立する命令を発した。
  • 聖武天皇は鎮護国家の思想のもと、大仏造立の詔を発し、752年の大仏開眼の儀式には諸外国をも含む一万を超える僧が参列したと伝えられる。
  • 律令国家が完成して社会が安定してくると、貴族・庶民を問わず唐風の衣装が流行し、華美な服装が当時の農民たちの間にも広まっていった。
Q2
奈良時代の土地制度の変遷について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 口分田の不足を補うため、政府は墾田永年私財法を出して開墾を奨励したが、開墾された田の私有期限が近づくと荒廃したため、さらに三世一身法を発した。
  • 墾田の私有を認めたことは必ずしも公地公民の矛盾ではなく、天皇がより広い土地を支配できるようになるなど、律令国家建設の過程であったと最近では考えられている。
  • 土地も民も天皇のものである、いわゆる公地公民の原則は、政府が土地私有を認めたことにより律令制ともども完全に崩壊したと最近では考えられている。
Q3
奈良時代の国際関係、当時の史料について述べた文のうち、正しいものはどれか。
  • 遣唐使のみならず日本は新羅や渤海とも外交関係を結んでおり、使節の交換もさかんに行われていた。
  • 遣唐使は日本が唐の臣下として朝貢する形式で行われ、新羅や渤海とも日本が相手国の臣下になるという立場で外交関係を結んでいた。
  • 平城京跡から発掘される「かわらけ」と呼ばれる土器片は、地方から租税を送る時の荷札として使われ、当時の人々の生の声を現代に伝える貴重な史料である。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約