NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第2回 弥生文化と小国家の形成

問題 解答
Q1 縄文文化から弥生文化への移行には当時の環境的要因も深く関わっている。その説明として正しいものはどれか。
  • 気候の寒冷化によりゾウなどの大型動物が絶滅し、農耕社会が各地に定着していった。
  • 気候の温暖化により森の恵みも豊かとなり、農耕を営む社会が発生していった。
  • 気候の寒冷化により森の豊かな恵みが次第に失われ、農耕社会を受容する下地がもたらされた。
Q2 稲作の開始は当時の社会に大きな変化をもたらした。その説明として正しいものはどれか。
  • 食糧生産は人々の生活を安定させ、身分差のない平等な社会が成立した。
  • 食糧の余剰により蓄積が可能となると、人々の間に貧富の差、身分の区別が起こるようになった。
  • 食糧生産は人々の生活を安定させ、争いのない平和な社会が長く続いた。
Q3 弥生時代、鏡はとても貴重なものであったと考えられる。その用途としてどのようなことが推察されるか。
  • 太陽信仰との関係が想像され、太陽の光を反射させ、有力者の権威の象徴として使われていたとも考えられる。
  • 邪馬台国の支配者が女王であったように、もっぱら上位に立つ女性の美貌と権威を保つためのみに使用されたと考えられる。
  • 魏志倭人伝には女王卑弥呼が魏の皇帝に「銅鏡百枚」を与えたとあり、鏡が外交にも使われるほど大きな意味を持つものであったと考えられる。
Q1
縄文文化から弥生文化への移行には当時の環境的要因も深く関わっている。その説明として正しいものはどれか。
  • 気候の寒冷化によりゾウなどの大型動物が絶滅し、農耕社会が各地に定着していった。
  • 気候の温暖化により森の恵みも豊かとなり、農耕を営む社会が発生していった。
  • 気候の寒冷化により森の豊かな恵みが次第に失われ、農耕社会を受容する下地がもたらされた。
Q2
稲作の開始は当時の社会に大きな変化をもたらした。その説明として正しいものはどれか。
  • 食糧生産は人々の生活を安定させ、身分差のない平等な社会が成立した。
  • 食糧の余剰により蓄積が可能となると、人々の間に貧富の差、身分の区別が起こるようになった。
  • 食糧生産は人々の生活を安定させ、争いのない平和な社会が長く続いた。
Q3
弥生時代、鏡はとても貴重なものであったと考えられる。その用途としてどのようなことが推察されるか。
  • 太陽信仰との関係が想像され、太陽の光を反射させ、有力者の権威の象徴として使われていたとも考えられる。
  • 邪馬台国の支配者が女王であったように、もっぱら上位に立つ女性の美貌と権威を保つためのみに使用されたと考えられる。
  • 魏志倭人伝には女王卑弥呼が魏の皇帝に「銅鏡百枚」を与えたとあり、鏡が外交にも使われるほど大きな意味を持つものであったと考えられる。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約