NHK高校講座

国語表現

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:10〜2:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

国語表現

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:10〜2:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第12回 川柳を作ろう

問題 解答
Q1 川柳についての説明として適切なものを、次の中からひとつ選びなさい。
  • 五・七・五・七・七の五句三十一音から成る、和歌の形式のひとつ。人生や恋愛の機微(きび)などについて自由に詠み、風流、優雅な趣が重視される。
  • 五・七・五の三句十七音を基本形とした短詩。主に自然の情景や風物について一定のルールにもとづいて詠み、感動をストレートに表現する。
  • 五・七・五の十七音による定型詩。人間・世相・風俗などを自由に詠むことができ、内容にはユーモア、風刺などの知的さが求められる。
Q2 川柳を創作する際の留意点として適切でないものを、次の中からひとつ選びなさい。
  • 季語や切れ字を用い、情緒を生み出すようにする。
  • 説明的にならないようにし、単純明快を心がける。
  • 定型を守り、使う言葉を十分に吟味し選ぶ。
Q3 「(    )になつて出てゆく雨やどり」(古川柳)の、(  )に適する語を次の中からひとつ選びなさい。
  • 本降り
  • 晴天
  • 霧雨
Q1
川柳についての説明として適切なものを、次の中からひとつ選びなさい。
  • 五・七・五・七・七の五句三十一音から成る、和歌の形式のひとつ。人生や恋愛の機微(きび)などについて自由に詠み、風流、優雅な趣が重視される。
  • 五・七・五の三句十七音を基本形とした短詩。主に自然の情景や風物について一定のルールにもとづいて詠み、感動をストレートに表現する。
  • 五・七・五の十七音による定型詩。人間・世相・風俗などを自由に詠むことができ、内容にはユーモア、風刺などの知的さが求められる。
Q2
川柳を創作する際の留意点として適切でないものを、次の中からひとつ選びなさい。
  • 季語や切れ字を用い、情緒を生み出すようにする。
  • 説明的にならないようにし、単純明快を心がける。
  • 定型を守り、使う言葉を十分に吟味し選ぶ。
Q3
「(    )になつて出てゆく雨やどり」(古川柳)の、(  )に適する語を次の中からひとつ選びなさい。
  • 本降り
  • 晴天
  • 霧雨
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約