NHK高校講座

国語表現

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:10〜2:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

国語表現

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:10〜2:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第7回 文字による表現の効果を考える

問題 解答
Q1 日本語の表記において、「ローマ字」はどのような場合に使われるか。次の中から適切なものをひとつ選びなさい。
  • 助詞や助動詞、動詞の活用語尾など。
  • 外来語や外国の地名、擬声語など。
  • 略字や略号、外国の言葉など。
Q2 ひらがな表記とカタカナ表記、それぞれの効果についての説明として適切なものをひとつ選びなさい。
  • ひらがなは状況を客観的に伝え、カタカナは状況を主観的に伝える効果がある。
  • ひらがなは情報を正確に伝え、カタカナは情報を誇張して伝える効果がある。
  • ひらがなは気持ちをやさしく伝え、カタカナは気持ちを強調して伝える効果がある。
Q3 ピクトグラム(絵文字)の表現効果についての説明として適切なものを、次の中からひとつ選びなさい。
  • 情報を一目で直感的に伝えることができる。
  • 感情や心理の細部を正確に伝えることができる。
  • テーマを遠回しに柔らかく伝えることができる。
Q1
日本語の表記において、「ローマ字」はどのような場合に使われるか。次の中から適切なものをひとつ選びなさい。
  • 助詞や助動詞、動詞の活用語尾など。
  • 外来語や外国の地名、擬声語など。
  • 略字や略号、外国の言葉など。
Q2
ひらがな表記とカタカナ表記、それぞれの効果についての説明として適切なものをひとつ選びなさい。
  • ひらがなは状況を客観的に伝え、カタカナは状況を主観的に伝える効果がある。
  • ひらがなは情報を正確に伝え、カタカナは情報を誇張して伝える効果がある。
  • ひらがなは気持ちをやさしく伝え、カタカナは気持ちを強調して伝える効果がある。
Q3
ピクトグラム(絵文字)の表現効果についての説明として適切なものを、次の中からひとつ選びなさい。
  • 情報を一目で直感的に伝えることができる。
  • 感情や心理の細部を正確に伝えることができる。
  • テーマを遠回しに柔らかく伝えることができる。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約