NHK高校講座

家庭総合

Eテレ 毎週 木曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

家庭総合

Eテレ 毎週 木曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第29回 これからの食生活 〜食料自給率を考える〜

問題 解答
Q1 日本の食料自給率はカロリーベースで38%。次の食材の自給率はどれくらい?(A)〜(C)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものを1つ選びなさい。
    
パンなどに使われる小麦は(A)%、飼料も日本のものとすると肉類は(B)%、大豆(C)%である。
  • (A) 12  (B) 60  (C) 98
  • (A) 12  (B) 16  (C) 27
  • (A) 27  (B) 60  (C) 98
Q2 大量の食材を外国からの輸入に頼ることでおきる問題やリスクとは?次の中で正しいものを1つ選びなさい。
  • 大量の食料を長い道のりを経て輸送することでフードマイレージは高くなり、環境に与える負荷は減少する。
  • 冷夏・干ばつなどによる不作や戦争・紛争などで、外国側からの輸出が制限される場合がある。
  • BSEや鳥インフルエンザなど安全性の問題があっても日本の側で輸入制限を行うことはない。
Q3 私たちができる食料自給のための活動、「地産地消」とは?次の中で正しくないものを1つ選びなさい。
  • 地産地消とは、地元で生産された食料を、その地域以外で消費することをいう。
  • 新鮮な食材の魅力により地元農水産物の消費が拡大し、農水産業者の後継者育成にもつながる。
  • 生産者、消費者、直売所や飲食店、行政などが行動を起こし、地域の活性化も目指す活動である。
Q1
日本の食料自給率はカロリーベースで38%。次の食材の自給率はどれくらい?(A)〜(C)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものを1つ選びなさい。
    
パンなどに使われる小麦は(A)%、飼料も日本のものとすると肉類は(B)%、大豆(C)%である。
  • (A) 12  (B) 60  (C) 98
  • (A) 12  (B) 16  (C) 27
  • (A) 27  (B) 60  (C) 98
Q2
大量の食材を外国からの輸入に頼ることでおきる問題やリスクとは?次の中で正しいものを1つ選びなさい。
  • 大量の食料を長い道のりを経て輸送することでフードマイレージは高くなり、環境に与える負荷は減少する。
  • 冷夏・干ばつなどによる不作や戦争・紛争などで、外国側からの輸出が制限される場合がある。
  • BSEや鳥インフルエンザなど安全性の問題があっても日本の側で輸入制限を行うことはない。
Q3
私たちができる食料自給のための活動、「地産地消」とは?次の中で正しくないものを1つ選びなさい。
  • 地産地消とは、地元で生産された食料を、その地域以外で消費することをいう。
  • 新鮮な食材の魅力により地元農水産物の消費が拡大し、農水産業者の後継者育成にもつながる。
  • 生産者、消費者、直売所や飲食店、行政などが行動を起こし、地域の活性化も目指す活動である。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約