NHK高校講座

科学と人間生活

Eテレ 隔週 木曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

科学と人間生活

Eテレ 隔週 木曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第5回 人間生活における科学

問題 解答
Q1 遺伝による影響をほとんど受けないのは、次のうちどれか。
  • お酒の強さ
  • けが
  • アレルギー
Q2 次のうち、誤りはどれか。
  • ほとんどの遺伝子は、単独で体に影響を及ぼす。
  • 私たちの体を構成する細胞の核の中には、23組46本の染色体がある。
  • DNA配列は、たった4種類の物質が連なって構成されている。
Q3 次のうち、正しいのはどれか。
  • ほとんどの病気や体質は、遺伝の影響のみで決まる。
  • 遺伝子の検査は、一度受けたらその結果は一生変わらない。
  • 遺伝子のレベルで難病の原因が明らかになっても、それを治療に役立てることはできない。
Q1
遺伝による影響をほとんど受けないのは、次のうちどれか。
  • お酒の強さ
  • けが
  • アレルギー
Q2
次のうち、誤りはどれか。
  • ほとんどの遺伝子は、単独で体に影響を及ぼす。
  • 私たちの体を構成する細胞の核の中には、23組46本の染色体がある。
  • DNA配列は、たった4種類の物質が連なって構成されている。
Q3
次のうち、正しいのはどれか。
  • ほとんどの病気や体質は、遺伝の影響のみで決まる。
  • 遺伝子の検査は、一度受けたらその結果は一生変わらない。
  • 遺伝子のレベルで難病の原因が明らかになっても、それを治療に役立てることはできない。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約