NHK高校講座

科学と人間生活

Eテレ 隔週 木曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

科学と人間生活

Eテレ 隔週 木曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

光と色の科学

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(26秒)
  • 光と色の意外な関係に注目!(3分31秒)
  • 炎色反応と金属元素(2分23秒)
  • 光の色(2分10秒)
  • <科学の現場>花火の色、陶磁器の色(4分23秒)
  • 見えない光を利用する(1分9秒)
  • <科学の現場>赤外線で宇宙観測(1)(1分59秒)
  • <科学の現場>赤外線で宇宙観測(2)(2分56秒)
  • まとめ(1分0秒)
  • 1/9
    オープニング(26秒)
  • 2/9
    光と色の意外な関係に注目!(3分31秒)
  • 3/9
    炎色反応と金属元素(2分23秒)
  • 4/9
    光の色(2分10秒)
  • 5/9
    <科学の現場>花火の色、陶磁器の色(4分23秒)
  • 6/9
    見えない光を利用する(1分9秒)
  • 7/9
    <科学の現場>赤外線で宇宙観測(1)(1分59秒)
  • 8/9
    <科学の現場>赤外線で宇宙観測(2)(2分56秒)
  • 9/9
    まとめ(1分0秒)

電磁波私たちが普段「光」と呼んでいる可視光線は、電磁波の一部です。「電磁波」については物理分野で学習しましょう。基本的には、波の長さ「波長」によって分類されています。波長が短いほうからγ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波、電波などと呼ばれています。私たちはおよそ400〜800 nmの範囲にある波長の電磁波(可視光線)を「色」として認識しています。

光で物を見るヒトの目で感じることができる光を可視光線といいます。可視光線の中で、最も波長が長いのもが「赤色」それに対して、最も波長が短いものが「紫色」に見えます。それ以外の波長はどうなっているのかも含めて学習していきましょう。

  • 科学と人間生活監修:筑波大学附属駒場高等学校教諭 吉田 哲也
    科学と人間生活監修:東京都立八王子東高等学校教諭 水間 武彦
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約