NHK高校講座

化学基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

化学基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

原子量・分子量・式量

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(32秒)
  • イントロ「何を基準に考える?」(1分57秒)
  • 原子の質量を簡単に表すには?(1分8秒)
  • 米と小豆と大豆の質量(3分55秒)
  • 炭素を基準にした相対質量(2分23秒)
  • 同位体の原子量は?(2分15秒)
  • 実験により原子量を求める(3分53秒)
  • 分子量・式量を求める(2分33秒)
  • まとめ(1分21秒)
  • 1/9
    オープニング(32秒)
  • 2/9
    イントロ「何を基準に考える?」(1分57秒)
  • 3/9
    原子の質量を簡単に表すには?(1分8秒)
  • 4/9
    米と小豆と大豆の質量(3分55秒)
  • 5/9
    炭素を基準にした相対質量(2分23秒)
  • 6/9
    同位体の原子量は?(2分15秒)
  • 7/9
    実験により原子量を求める(3分53秒)
  • 8/9
    分子量・式量を求める(2分33秒)
  • 9/9
    まとめ(1分21秒)

原子1個の質量は、非常に小さく、扱いにくい数値です。そこで、原子の質量を表すには、基準として決めた、ある原子の質量と比較した相対値である原子の相対質量が用いられます。天然には、同じ元素の原子でも互いに質量の異なる同位体が存在しています。そこで、それぞれの元素を構成する同位体の相対質量とその存在比から求めた平均値が使われます。これが原子量です。この原子量を用いて、分子式や組成式で表される物質などの質量を表してみましょう。

  • 化学基礎監修:神奈川大学附属中・高等学校教諭 小柳 めぐみ
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約