NHK高校講座

現代の国語

Eテレ 隔週 月曜日 午前10:00〜10:20
※この番組は、2022年度の新番組です。

現代の国語

Eテレ 隔週 月曜日 午前10:00〜10:20
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第5回 オンラインコミュニケーション

問題 解答
Q1 オンラインコミュニケーションとはどのようなものですか。
  • 直接会って対面で行うコミュニケーション。
  • インターネット上で行うコミュニケーション。
  • 手紙のやり取りや電話での通話で行うコミュニケーション。
Q2 番組の中ではコミュニケーションを行う上での「空気感(雰囲気)」について、どのような考え方が示されていますか。
  • 同じ時間に同じ空間で行うオフラインの方が誰にとっても「空気感(雰囲気)」を感じやすい。
  • インターネットでのやり取りに慣れればオンラインの方が「空気感(雰囲気)」を感じやすい。
  • オフラインとオンライン、どちらが「空気感(雰囲気)」を感じやすいかは人によって異なる場合がある。
Q3 オンラインとオフライン、これらのコミュニケーションはどのように使っていくのが良いと考えられますか。
  • 立場によって長所と短所が違うこともあるため、話し合いながら選択し使い分けていくのが良い。
  • 誰もが意見を言いやすいオンラインコミュニケーションを積極的に使うべきである。
  • できる限り直接話し合えるオフラインコミュニケーションでやり取りをするべきである。
Q1
オンラインコミュニケーションとはどのようなものですか。
  • 直接会って対面で行うコミュニケーション。
  • インターネット上で行うコミュニケーション。
  • 手紙のやり取りや電話での通話で行うコミュニケーション。
Q2
番組の中ではコミュニケーションを行う上での「空気感(雰囲気)」について、どのような考え方が示されていますか。
  • 同じ時間に同じ空間で行うオフラインの方が誰にとっても「空気感(雰囲気)」を感じやすい。
  • インターネットでのやり取りに慣れればオンラインの方が「空気感(雰囲気)」を感じやすい。
  • オフラインとオンライン、どちらが「空気感(雰囲気)」を感じやすいかは人によって異なる場合がある。
Q3
オンラインとオフライン、これらのコミュニケーションはどのように使っていくのが良いと考えられますか。
  • 立場によって長所と短所が違うこともあるため、話し合いながら選択し使い分けていくのが良い。
  • 誰もが意見を言いやすいオンラインコミュニケーションを積極的に使うべきである。
  • できる限り直接話し合えるオフラインコミュニケーションでやり取りをするべきである。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約