NHK高校講座

コミュニケーション英語T

Eテレ 毎週 月曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

コミュニケーション英語T

Eテレ 毎週 月曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

第25回 Lesson 7

「今までずっと〜している」と伝えよう

  • 英語監修:文教大学教授 阿野 幸一
学習ポイント学習ポイント

「今までずっと〜している」と伝えよう

「今までずっと〜している」と伝えよう
  • 斎藤さん
  • たかしさん

未来のある日。場所はHOTEL TRENDY。
大きなあくびをしているオーナー(トレンディエンジェル・斎藤司)に執事のたかしさん(トレンディエンジェル)が声をかけました。

たかし「どうしたんですか、オーナー!あくびなんかしちゃって。」
オーナー「ごめん、ごめん。実はずっと欲しかった幻のスニーカーがネットオークションで出るって聞いて、テンションが上がって眠れなくなっちゃってさ。」
たかし「ダメじゃないですか!仕事に支障をきたしたらどうするんです?オーナーとしてちゃんとしてくださいよ。」
オーナー「大丈夫。さっき、ちょうど落札したところでさ。I'm happy! なのさ。」
たかし「それで、いつから欲しいと思ってたんですか?」
オーナー「ちょうど1週間前に雑誌で見つけてさ。ずっと欲しかったんだよね。」
たかし「まあ、ホテルもここ1週間ずっとヒマだったから、大丈夫でしたね〜。」
オーナー「そっか、それならよかっ…よくないじゃないかよ!おまえ、お客さんつかまえてこい!」
オーナーは、たかしさんと頭をこすり合わせて、たかしさんを過去へと送り込みました。

ご先祖様の宿「鳥縁屋」
  • Franzと彼女のNina
  • 清治さんと健

板前の清治さん(小倉功)の片づけを支配人の山下健くん(狩野見恭兵)が手伝っています。
その様子を撮影しているFranzと彼女のNina。
Franz「Thank you for accepting our request.
健「No problem. So what do you think?
Nina「Well... Seiji used everything. He used the fish heads, the fish bones, the leaves of the radishes, and even the pumpkin seeds. He didn't waste a thing. That was amazing.
健「(清治さんに向かって)清治さんは、魚の頭とかカボチャの種とか、素材を一つも無駄にしないことに驚いたって。」
清治「Thank you. 食べ物は自然の恵みだからね。使えるものはなるべく使うようにしてるんだ。」
健「He says all these things come from nature. So he tries to use everything.
Franz「I respect that.
Nina「That's why his dishes are so good!
健「(清治さんに向かって)尊敬するって。だから清治さんの料理はおいしいんだねって!」
清治「Yes!

  • サキさんと結衣
  • 燃えるゴミに、ペットボトルが混ざってる!

健の祖母・サキさん(服部妙子)と幼なじみの木村結衣ちゃん(犬塚しおり)がごみの分別をしています。
そこへゴミ袋を持った健がやってきました。
健「あれ、どうしたの?」
結衣「燃えるゴミに、ペットボトルが混ざってるの。」
サキ「ここ何日か続いてるから、新しく宿泊しているお客様かもね。」
健「チェックインのときに伝えてるけどなぁ。」
結衣「国によっては、リサイクルの意識が低いところもあるからね。もう一度ちゃんと伝えよう。」

  • 部屋の中にきちんと分別されたゴミ
  • ペットボトルを捨てたのはFranzとNinaではないと確信した健と結衣

健と結衣がFranzとNinaの部屋をたずねました。
健「Excuse me. Can I talk to you guys?
Franz「Sure.
健「Ah...
そのとき、結衣の目に留まったのは、部屋の中にきちんと分別されたゴミ。
結衣「(健に向かってこっそりと)健、あれ。」
健「(Franzに向かって)Did you do that?
Franz「Yes, we have separated our trash. I think it's more eco-friendly this way.
Nina「We have always done it like this.
ペットボトルを捨てたのはFranzとNinaではないと確信した健と結衣。
結衣「That's good.
Franz「So what do you want to talk to us about?
健「Well... Never mind. Have a nice day.

  • 清治さん
  • 健と結衣

健と結衣が振り返ると、庭でペットボトルのお茶を飲んでいる清治さんが見えました。
健「清治さん!」
清治「おぉ、健坊、結衣ちゃん。どうした?」
結衣「そのお茶…」
清治「おお、これか。魚屋のおやじが余っちゃったからって、ケースごとくれたんだよ。ペットボトルのお茶なんて初めて飲んだけど、案外いけるもんだな。」
健「あぁ、清治さんだったのか。。。」

この、ちょっと “トレンディー”でない状況にショックを受けつつ、たかしさんは未来へと戻っていきました。
自分の手で頭をこすって。。。

eco-friendlyな生活(未来のホテル!HOTEL TRENDY)
  • 清治さんと健、結衣
  • 振り返ってみよう!

過去から連れてこられた健と結衣。ところが、今回はなんと清治さんも!
清治「健坊、ここはいったいどこなんです?」
健「信じてもらえないと思うんだけど…未来の鳥縁屋…なんだよね。」
清治「またまた〜!冗談ばっかり!」

  • ペットボトルの分別ができていなかったのは誰?
  • 清治さん

それでは、なぜ清治さんはHOTEL TRENDYに来てしまったのか、先ほどの鳥縁屋での会話を思い出してみましょう。
どうやら、ペットボトルの分別ができていなかったのは、お客様ではなく清治さんだったようです。
これは、 “トレンディー”ではありませんね。。。

  • 清治さんと結衣
  • トレンディエンジェル

清治「ペットボトルって、飲んだらゴミじゃないんだね。」
健「ゴミなんだけど、リサイクルして使えるから、他のゴミと分けるんだよね。」
清治「リサイクル?」
健「このペットボトルを原料にして、新しい製品を作るんだ。」
Joann「清治さんが食材を無駄なく使いきるのだって、とってもeco-friendryだよ。」
清治「eco-friendry…って結衣ちゃん、何?」
結衣「環境にやさしいってことだよ。」
オーナー「そうやって、先人たちがゴミを減らす努力をしてきたから、未来のこの時代になっても、地球はゴミに埋もれずに済んでるんだね。」
たかし「たまにはまともなことを言うんだね!」
オーナー「当たり前だよ!誰だと思っているんだよ。斎…」
たかし「話を続けましょう。」
オーナー「…そうしましょう。」

  • Joann
  • 現在完了

Joann「ところで、健が『Did you do that?』って聞いたとき、お客様は何て答えてた?」
健「たしか…『Yes, we have separated our trash.』だったかな。」
Joann「うん、これも前回学んだ現在完了形なんだけど、結衣ちゃん、この意味わかるかな?」
結衣「『自分たちのゴミは分け終わった』かな。でも、前回学んだ経験を表す現在完了とはちょっと違う気が…」
Joann「That's right. 現在完了形は、経験のほかに完了の意味を表すこともあるんだよ。『〜し終わっている』というように、動作が完了していることを表すの。だから、justを使って『We've just separated our trash.』って言えば、『ちょうどゴミを分別し終えたところです』という意味になり、たった今やり終えたということを強調できるの。」
オーナー「じゃあ、『清治さんはさっきHOTEL TRENDYに到着したところ』と言うには…」
健「Seiji has just arrived at the Hotel Trendy.
Joann「そうだね!清治さんが(主語)だから、hasをちゃんと使って言えたね!清治さん、You have just arrived at the Hotel Trendy.
清治「I have just arrived at the Hotel Trendy.
Joann「Good job!

ペットボトルリサイクル工場
  • They have already cleaned these flakes.
  • 清治さん

神奈川県にあるペットボトルのリサイクル工場を訪れた清治さん!
この工場でリサイクルするペットボトルは、首都圏の家庭から出たもので、1日に40トン以上。
工場内で最初に行うのは、選別作業です。
リサイクルできない金属やガラスなど、他の材質のものを機械と手作業で取り除いていきます。
They have removed materials that cannot be recycled.

続いて、ペットボトルを細かく粉砕し、再生可能な「フレーク」と呼ばれる状態にした後、ラベルやキャップを分離し、きれいに洗浄します。
They have already cleaned these flakes.

このフレークが、卵パックや詰め替え用洗剤の容器、ボールペン、そしてペットボトルなどに生まれ変わるんです。

ペットボトルのリサイクルで大事なことは次の3つ!
(1)自治体のルールを守って出す
(2)ラベルとキャップを外して、中を軽くすすぐ
(3)ボトルの中にゴミを入れない


清治「ゴミもこうやって有効活用すれば、資源に生まれ変わるんですね。Recycling will save the earth!

Today’s Mission!「○○からの手紙『地球温暖化を止めて!』」
  • たかしとJoann
  • 手紙を書いてもらいます

地球温暖化に苦しむ動物になったつもりで、人間に宛てて“地球温暖化の防止策を訴える手紙”を書いてもらいます。
例えば、以下はペンギンからの手紙です。
Dear Humans,
Please stop global warming!
Don't use air conditioners too much.
Turn off lights when you go out.
Penguins

このように、それぞれ“して欲しくないこと”と“して欲しいこと”を書き、最後に訴えている動物の名前を入れて手紙にしてみましょう。

  • ホッキョクグマ
  • たかしさんとJoann

最初は、結衣ちゃんがホッキョクグマになったつもりで手紙を書きました。
Dear Humans,
Please stop global warming!
Don't cut wood.
Please increase the plants.
Polar bears


Joann「Yui, good job. すごくよかったよ。でもね、木が切られて木材になった状態をwood っていうの。木を切らないでって言いたいときは、wood じゃなくてtreeを使って、Don't cut down trees. って言ったほうがいいんだよね。そして結衣ちゃんは、植物をもっと増やしてって言いたかったんだよね?森とか植物を増やしてください、という意味で、plant more trees 。このplant は“植える”という動詞だからね。」
結衣「Don't cut down trees. Please plant more trees.
Joann「Perfect.

  • 健
  • Joann

次に、健くんがコウテイペンギンになったつもりで手紙を書きました。
Dear Humans,
Please stop global warming!
Don't use a car when you move near.
Please walk if you can go near.
Emperor penguins


Joann「Good job, Ken. 近所や近いところに行くときは、車を使わないでって言いたかったんだよね?」
健「そうそう。」
Joann「そういう時は、Don't use a car when you go to a place near your house. のほうがわかりやすいかな。」
健「Don't use a car when you go to a place near your house.
Joann「後半部分の、 Please walk if you can go near. なんだけど、シンプルにPlease walk if you can. って言えばいいと思うよ。」
健「Please walk if you can.
たかし「オーナーもコウテイペンギンのためになんかやってくださいよ。」
オーナー「はい、あしたから電車通勤します。」

  • たかしさんとJoann
  • 斎藤さん

最後に、オーナーがウミガメになったつもりで手紙を書きました。
Dear Humans,
Please stop global warming!
Don't use too much shampoo.
Dry your hair with a towel.
Please live an eco-friendly life like Mr. Saito.
Sea turtles


オーナー「どうだ、オレはちゃんと実践してるぜ。」
たかし「その頭じゃ必要ねぇからだろ〜?」
オーナー「くぅ〜(泣)」

  • 清治さん
  • 清治さんを過去へと帰すオーナー

清治「せっかくだからオレにも言わせてください。
Dear Humans,
Please stop global warming!

ペットボトルは、きちんとリサイクルしよう。ちゃんとキャップとラベルはとって分別しよう。そしてeco-friendlyな人間になろう、以上。鳥縁屋 板前、清治!」
オーナー「清治さん、ホテル・トレンディーに来て成長しましたね!」
清治「いやいや、おかげさまで。」
オーナーが清治さんのおでこをこすって、清治さんを過去へと帰しました。

阿野先生のワンポイントLesson☆
  • 阿野先生
  • Mr. Saito has lived in Tokyo for 10 years.

夜も更けたHOTEL TRENDYでは大人の時間が流れています。
たかし「先生、きょうは清治さんまでホテルに来ちゃって、みんなで現在完了形の“完了”について学びましたよね。」
オーナー「先週やった“経験”に加えて、“完了”も伝えられるってことですよね。」
先生「そうですね。でも実は現在完了形にはもうひとつ、“継続”という使い方もあるんですよね。
斎藤さんは東京に住んでどのくらいになるんですか?」
オーナー「そうですね、10年ぐらい経ちますかね。」

過去形を使って
Mr. Saito moved to Tokyo 10 years ago.
というと、10年前に引っ越して来たという過去の事実だけを言うことになります。
この場合、斎藤さんは今も東京に住んでるかもしれないし、すでにどこか他の場所に引っ越しているかもしれません。
しかし、現在完了形を使って
Mr. Saito has lived in Tokyo for 10 years.
と言うと、10年前に引っ越して、斎藤さんは東京に10年間住んでいる状況を、現在も“抱えている(have)”ということになります。
つまり、東京に住んで10年になるということなので、“継続”を現在完了形で表せるということですね。

それでは次回もお楽しみに!

科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約