NHK高校講座

地理総合

Eテレ 隔週 水曜日 午前10:00〜10:20
※この番組は、2022年度の新番組です。

地理総合

Eテレ 隔週 水曜日 午前10:00〜10:20
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第13回 エネルギーをどう使えば持続可能? 〜エネルギー問題〜

問題 解答
Q1 「大規模集中型」の発電について説明した文章として間違っているのは次のうちどれか?
  • 原子力発電のメリットは、燃料の重さに対する発電量が火力よりも非常に大きいことや発電時に二酸化炭素を排出しないことである。このようなメリットがあるため、ドイツでは原子力発電の割合が高くなっている。
  • 火力発電は、日本をはじめ、たくさんの国でもっとも多く用いられている発電方法であり、化石燃料を燃焼するため安定した大きな電力が得られ、出力調整もしやすいというメリットがある。
  • 水力発電は、発電時に二酸化炭素を排出せず維持コストが低い一方で、降水量によって発電量が左右される場合がある。
Q2 再生可能エネルギーを利用した発電方法について説明した文章として間違っているのは次のうちどれか?
  • 風力発電は、環境負荷が少なくてエネルギー変換効率が高いうえに、夜間でも発電できるという利点がある。
  • 太陽光発電は、太陽の光エネルギーを半導体のはたらきで直接電力に変換する発電方法なので、天候に左右され発電量が安定しなかったり、夜は発電ができなかったりするデメリットがある。
  • バイオマス発電とは、動植物などから生まれた生物資源から作るエネルギーのことであり、バイオマスに含まれる炭素は燃やすと化石燃料よりも二酸化炭素を排出する。
Q3 エネルギー問題解決に向けての取り組みについて説明した文章として間違っているのは次のうちどれか?
  • 「小規模分散型」発電とは、屋根で太陽光発電をして、使わない分は電気自動車に貯めて、雨の日や夜は、この電気自動車から電気を供給するように、住宅やオフィスなど必要なところで電力を作る発電方法のことである。
  • 各家庭や施設で発電し、余った電気と足りない電気をコンピュータ制御で融通しあい、町ぐるみで電気を自給し合う方法をスマートグリッドとよび、この方法で都市部と農村部とをつなげることで、都市部の余った電気を農村部に回すことができる。
  • 小水力発電とは、自然にある地形の高低差を利用して、水が落ちるエネルギーで発電する方法である。
Q1
「大規模集中型」の発電について説明した文章として間違っているのは次のうちどれか?
  • 原子力発電のメリットは、燃料の重さに対する発電量が火力よりも非常に大きいことや発電時に二酸化炭素を排出しないことである。このようなメリットがあるため、ドイツでは原子力発電の割合が高くなっている。
  • 火力発電は、日本をはじめ、たくさんの国でもっとも多く用いられている発電方法であり、化石燃料を燃焼するため安定した大きな電力が得られ、出力調整もしやすいというメリットがある。
  • 水力発電は、発電時に二酸化炭素を排出せず維持コストが低い一方で、降水量によって発電量が左右される場合がある。
Q2
再生可能エネルギーを利用した発電方法について説明した文章として間違っているのは次のうちどれか?
  • 風力発電は、環境負荷が少なくてエネルギー変換効率が高いうえに、夜間でも発電できるという利点がある。
  • 太陽光発電は、太陽の光エネルギーを半導体のはたらきで直接電力に変換する発電方法なので、天候に左右され発電量が安定しなかったり、夜は発電ができなかったりするデメリットがある。
  • バイオマス発電とは、動植物などから生まれた生物資源から作るエネルギーのことであり、バイオマスに含まれる炭素は燃やすと化石燃料よりも二酸化炭素を排出する。
Q3
エネルギー問題解決に向けての取り組みについて説明した文章として間違っているのは次のうちどれか?
  • 「小規模分散型」発電とは、屋根で太陽光発電をして、使わない分は電気自動車に貯めて、雨の日や夜は、この電気自動車から電気を供給するように、住宅やオフィスなど必要なところで電力を作る発電方法のことである。
  • 各家庭や施設で発電し、余った電気と足りない電気をコンピュータ制御で融通しあい、町ぐるみで電気を自給し合う方法をスマートグリッドとよび、この方法で都市部と農村部とをつなげることで、都市部の余った電気を農村部に回すことができる。
  • 小水力発電とは、自然にある地形の高低差を利用して、水が落ちるエネルギーで発電する方法である。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約