NHK高校講座

地理

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 地理
  • >> 第13回 現代世界の系統地理的考察 【資源と産業】編 水から世界を考える

地理

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

水から世界を考える

Adobe Flash Player を取得
  • タイトル(20秒)
  • 地球の水循環(1分17秒)
  • 世界の飲料水事情(1分8秒)
  • 世界の水問題(1)(2分53秒)
  • 日本人の水使用量(1分31秒)
  • バーチャルウォーター(2分47秒)
  • 世界の水問題(2)(1分30秒)
  • 高校生にできること(1分3秒)
  • 日本の水問題への取り組み(2分16秒)
  • 海水淡水化装置を検証(3分30秒)
  • エンディング(37秒)
  • 今日のまとめ(1分0秒)
  • 1/12
    タイトル(20秒)
  • 2/12
    地球の水循環(1分17秒)
  • 3/12
    世界の飲料水事情(1分8秒)
  • 4/12
    世界の水問題(1)(2分53秒)
  • 5/12
    日本人の水使用量(1分31秒)
  • 6/12
    バーチャルウォーター(2分47秒)
  • 7/12
    世界の水問題(2)(1分30秒)
  • 8/12
    高校生にできること(1分3秒)
  • 9/12
    日本の水問題への取り組み(2分16秒)
  • 10/12
    海水淡水化装置を検証(3分30秒)
  • 11/12
    エンディング(37秒)
  • 12/12
    今日のまとめ(1分0秒)

地球は水の惑星と呼ばれることがあるが、その内訳をみると、97.5%は海水で、淡水は2.5%しかない。しかも、私たちが実際に利用することができる水は地球全体の水のわずか0.01%にすぎない。水の利用方法は、農業用水・工業用水・生活用水の3つに分けられるが、このうち7割が農業用水で、私たちが毎日食べる食料は、膨大な量の水を使って生産されている。実は、日本は「隠れた水輸入大国」とも言われ、バーチャルウォーターを通して間接的に水を輸入している。世界と日本のさまざまな水問題について考える。

  • 地理監修:首都大学東京 名誉教授 三上 岳彦
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約