NHK高校講座

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、前年度の再放送です。

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第29回 管楽器の音を調べる 〜気柱の共鳴〜

問題 解答
Q1 閉管と開管について、(ア)(イ)に入る語句の組み合わせとして適切なものはどれでしょうか。

気柱を振動させたとき、閉管の閉じた端は固定端反射をするため、
定常波の(ア)となる。開管は自由端反射をするので、定常波の(イ)となる。
  • (ア)腹 (イ)節
  • (ア)節 (イ)腹
  • (ア)腹 (イ)腹
Q2 閉管の気柱にスピーカーから音を出して振動を与えたとき、基本振動が生じた。
この基本振動の振動数は100Hzであった。さらに振動数を大きくしたとき、閉管に3倍振動が生じた。このときの振動数は何Hzでしょうか。
  • 100 Hz
  • 300 Hz
  • 500 Hz
Q3 長さ0.32mの開管に、スピーカーから音を出して振動を与えると、基本振動が生じた。
このときの定常波の波長は何mでしょうか。
  • 0.16m
  • 0.32m
  • 0.64m
Q1
閉管と開管について、(ア)(イ)に入る語句の組み合わせとして適切なものはどれでしょうか。

気柱を振動させたとき、閉管の閉じた端は固定端反射をするため、
定常波の(ア)となる。開管は自由端反射をするので、定常波の(イ)となる。
  • (ア)腹 (イ)節
  • (ア)節 (イ)腹
  • (ア)腹 (イ)腹
Q2
閉管の気柱にスピーカーから音を出して振動を与えたとき、基本振動が生じた。
この基本振動の振動数は100Hzであった。さらに振動数を大きくしたとき、閉管に3倍振動が生じた。このときの振動数は何Hzでしょうか。
  • 100 Hz
  • 300 Hz
  • 500 Hz
Q3
長さ0.32mの開管に、スピーカーから音を出して振動を与えると、基本振動が生じた。
このときの定常波の波長は何mでしょうか。
  • 0.16m
  • 0.32m
  • 0.64m
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約