NHK高校講座

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、2017年度の新作です。

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、2017年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第13回 運動を妨げる力 〜摩擦力と空気抵抗〜

問題 解答
Q1 水平面上に物体を静止させ、この物体に水平方向の力を加えて動かそうとした。引く力が小さいうちは物体は動かず静止したままであるが、さらに引く力を大きくしていくとやがて物体は動き出した。この、物体が動き出す直前の摩擦力のことを何というでしょうか。
  • 静止摩擦力
  • 最大摩擦力
  • 動摩擦力
Q2 水平面上に質量2.0sの物体が置かれている。この物体が一定の速さで運動しているときの動摩擦力の大きさは何Nでしょうか。ただし、動摩擦係数を0.50、重力加速度を9.8 m/s²とする。
  • 1.0N
  • 4.9N
  • 9.8N
Q3 終端速度の説明として適切ではないものはどれでしょうか。
  • 同じ大きさで異なる質量の2つの物体を同時に落下させると、質量が小さい方が先に着地する。
  • 落下していき、あるところから空気抵抗と重力とがつりあい、等速直線運動をする。
  • 形や大きさが同じとき、物体の質量が大きいものほど終端速度が大きくなる。
Q1
水平面上に物体を静止させ、この物体に水平方向の力を加えて動かそうとした。引く力が小さいうちは物体は動かず静止したままであるが、さらに引く力を大きくしていくとやがて物体は動き出した。この、物体が動き出す直前の摩擦力のことを何というでしょうか。
  • 静止摩擦力
  • 最大摩擦力
  • 動摩擦力
Q2
水平面上に質量2.0sの物体が置かれている。この物体が一定の速さで運動しているときの動摩擦力の大きさは何Nでしょうか。ただし、動摩擦係数を0.50、重力加速度を9.8 m/s²とする。
  • 1.0N
  • 4.9N
  • 9.8N
Q3
終端速度の説明として適切ではないものはどれでしょうか。
  • 同じ大きさで異なる質量の2つの物体を同時に落下させると、質量が小さい方が先に着地する。
  • 落下していき、あるところから空気抵抗と重力とがつりあい、等速直線運動をする。
  • 形や大きさが同じとき、物体の質量が大きいものほど終端速度が大きくなる。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約