NHK高校講座

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、2017年度の新作です。

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、2017年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第7回 投げられた物の運動 〜放物運動〜

問題 解答
Q1 同じ大きさ、重さの2つのボールのうち、1つは静かに下に落とし、もう1つは水平に打ち出しました。この2つのボールの着地について述べた文章のうち、適切なものはどれでしょうか。
  • 静かに落としたボールが先に着地する。
  • 水平に打ち出したボールが先に着地する。
  • 2つのボールが同時に着地する。
Q2 物体を鉛直上向きに初速度 29.4 m/s で投げ上げました。
2.0 s 後のボールの速度は何 m/s でしょうか。
ただし、重力加速度は 9.8 m/s² とします。
  • −9.8 m/s
  • 9.8 m/s
  • 19.6 m/s
Q3 物体を斜め上向きに投げました。鉛直方向と水平方向とに分けて運動を考えたとき、運動の説明が適切なものはどれでしょうか。
  • 鉛直方向には等加速度直線運動をして、水平方向には等速直線運動をする。
  • 鉛直方向には等速直線運動をして、水平方向には等加速度直線運動をする。
  • 鉛直方向にも、水平方向にも、等加速度直線運動をする。
Q1
同じ大きさ、重さの2つのボールのうち、1つは静かに下に落とし、もう1つは水平に打ち出しました。この2つのボールの着地について述べた文章のうち、適切なものはどれでしょうか。
  • 静かに落としたボールが先に着地する。
  • 水平に打ち出したボールが先に着地する。
  • 2つのボールが同時に着地する。
Q2
物体を鉛直上向きに初速度 29.4 m/s で投げ上げました。
2.0 s 後のボールの速度は何 m/s でしょうか。
ただし、重力加速度は 9.8 m/s² とします。
  • −9.8 m/s
  • 9.8 m/s
  • 19.6 m/s
Q3
物体を斜め上向きに投げました。鉛直方向と水平方向とに分けて運動を考えたとき、運動の説明が適切なものはどれでしょうか。
  • 鉛直方向には等加速度直線運動をして、水平方向には等速直線運動をする。
  • 鉛直方向には等速直線運動をして、水平方向には等加速度直線運動をする。
  • 鉛直方向にも、水平方向にも、等加速度直線運動をする。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約