NHK高校講座

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、前年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 物理基礎
  • >> 第11回 第1編 物体の運動とエネルギー 力と運動の関係を考える 〜慣性の法則〜

物理基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

力と運動の関係を考える 〜慣性の法則〜

Adobe Flash Player を取得
  • タイトルCG(28秒)
  • 力と運動の関係を考える(2分13秒)
  • 生活の中での慣性の法則(2分12秒)
  • いつまでもどこまでも(2分56秒)
  • 宇宙ステーションで慣性の法則実験(53秒)
  • 慣性を体感しよう(3分17秒)
  • 慣性の法則クイズ(4分18秒)
  • 慣性の法則で遊ぼう(2分39秒)
  • まとめ(1分0秒)
  • 1/9
    タイトルCG(28秒)
  • 2/9
    力と運動の関係を考える(2分13秒)
  • 3/9
    生活の中での慣性の法則(2分12秒)
  • 4/9
    いつまでもどこまでも(2分56秒)
  • 5/9
    宇宙ステーションで慣性の法則実験(53秒)
  • 6/9
    慣性を体感しよう(3分17秒)
  • 7/9
    慣性の法則クイズ(4分18秒)
  • 8/9
    慣性の法則で遊ぼう(2分39秒)
  • 9/9
    まとめ(1分0秒)

物体に力がはたらかないとき,または力がはたらいてもつり合っているとき,静止している物体は静止し続け,運動している物体は等速直線運動を続けます。これ を慣性の法則といいます。たとえば,テーブルクロスの上に水の入ったコップを置 いて,素早くテーブルクロスを引くと,コップは倒れずにその場からほとんど動き ません。また,国際宇宙ステーションの中で球を弾くと,球は一定の速さで真っ直 ぐ動き続けます。このように,物体には,そのままの運動状態を続けようとする慣 性という性質があります。今回は慣性による現象を観察して,その性質を学習します。

  • 物理基礎監修:筑波大学附属高等学校教諭 小沢 啓
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約