NHK高校講座

簿記

Eテレ 夏・冬期特別講座放送
※この番組は、前年度の再放送です。

簿記

Eテレ 夏・冬期特別講座放送
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

第18回 決算

決算整理欄のある精算表 〜8桁精算表〜

  • 簿記監修:城西大学経営学部客員教授 粕谷 和生
学習ポイント学習ポイント

決算整理欄のある精算表〜8桁精算表〜

決算整理欄のある精算表〜8桁精算表〜
  • 祥伍くんと莉奈ちゃん
  • 酒井瞳さん

今日も絶好調!オーナー店長のさかっち(酒井瞳さん)。
そして、アルバイト従業員の莉奈ちゃん(松田莉奈さん)と祥伍くん(石井祥伍くん)。
今回も、3人と一緒に簿記を学んでいきましょう☆

  • わたび〜
  • 6桁精算表

今回、決算整理欄のある精算表について教えてくれるのは、公認会計士でお笑い芸人のわたび〜さん。

精算表には、勘定科目残高試算表、損益計算書、貸借対照表の3つの項目がありましたね。
金額を書く場所が6か所あるので、これを6桁精算表といいます。

  • 「整理記入」欄は残高試算表と損益計算書の間
  • 8桁精算表

そして、決算整理欄のある精算表は、6桁精算表に決算整理仕訳を記入するための「整理記入」欄を追加した精算表です。
「整理記入」欄は残高試算表と損益計算書の間に設けます。
金額を書く場所が8か所になったので、これを8桁精算表といいます。

簿記マスター演習〜8桁精算表の作成〜
  • 8桁精算表の作成に挑戦
  • 借方・貸方の各合計額が一致することを確認して締め切る

8桁精算表の作成に挑戦してみましょう☆

(手順1)総勘定元帳の各勘定残高を残高試算表欄に記入し、借方・貸方の各合計額が一致することを確認して締め切る

今回使用する精算表には、すでに残高試算表欄に総勘定元帳の勘定残高が記入されています。
合計金額が一致していることを確認して、合計金額の下に2本線を引いて締め切りましょう。

  • 決算整理事項
  • 「し・くり・くり・し」をを思い出して、決算整理仕訳をしよう

(手順2)決算整理仕訳を整理記入欄に記入する

決算整理事項には4つの項目があります。
(a)期末商品棚卸高 ¥300,000
(b)貸倒見積高
  売掛金残高の3%と見積もり、貸倒引当金を設定する。
(c)備品減価償却高
  取得原価¥400,000、残存価額は零(0)、耐用年数は5年とし、定額法による。
(d)引出金勘定の¥100,000は整理する


最初に
(a)期末商品棚卸高 ¥300,000
を考えていきましょう。
前回学んだ「し・くり・くり・し」を思い出して、決算整理仕訳をしてください。

  • 祥伍くんと莉奈ちゃん
  • 精算表に記入

繰越商品の金額は200,000円になっています。これが期首商品棚卸高です。
そして、期末商品棚卸高の金額は300,000円なので、仕訳は以下のようになります。
(借)仕  入 200,000  (貸)繰越商品 200,000
(借)繰越商品 300,000  (貸)仕  入 300,000


これを精算表に記入すると、
仕入の借方に金額(200,000)を、繰越商品の貸方に金額(200,000)を、
繰越商品の借方に金額(300,000)を、仕入の貸方に金額(300,000)を記入

となります。

  • 貸倒見積額=売掛金の期末残高×貸倒見積率
  • 差額補充法

次に
(b)貸倒見積高
  売掛金残高の3%と見積もり、貸倒引当金を設定する。

を考えてみましょう!

貸倒見積額=売掛金の期末残高×貸倒見積率で求められることは前回学習しましたね!
あてはめて計算すると、
500,000円×0.03=15,000円
ここで、貸倒引当金勘定に残高10,000円があるので、貸倒見積額は、
15,000円−10,000円=5,000円
となります。

このように、貸倒引当金勘定に残高がある場合には、貸倒見積額からその残高を差し引いた金額で仕訳をします。
これを差額補充法といいます。

  • 精算表に記入
  • 精算表に記入

このとき、仕訳は以下のようになります。
(借)貸倒引当金繰入 5,000  (貸)貸倒引当金 5,000

これを精算表に記入すると、
貸倒引当金繰入の借方に金額(5,000)を、貸倒引当金の貸方に金額(5,000)を記入
となります。

  • 精算表に記入
  • 精算表に記入

次に
(c)備品減価償却高
  取得原価¥400,000、残存価額は零(0)、耐用年数は5年とし、定額法による。

を考えてみましょう!

減価償却費=(取得原価−残存価額)/耐用年数で求められることは前回学習しましたね!
あてはめて計算すると、減価償却費は以下のように求められます。
400,000円÷5年=80,000円
減価償却費は備品勘定から直接減額するので、仕訳は以下のようになります。
(借)減価償却費 80,000  (貸)備品 80,000

これを精算表に記入すると、
減価償却費の借方に金額(80,000)を、備品の貸方に金額(80,000)を記入
となります。

  • 祥伍くん
  • 精算表に記入

次に
(d)引出金勘定の¥100,000は整理する
を考えてみましょう!

資本金勘定の分身だった引出金勘定の残高を資本金勘定に振り替える、ということですから、仕訳は以下のようになります。
(借)資本金 100,000  (貸)引出金 100,000

これを精算表に記入すると、
資本金の借方に金額(100,000)を、引出金の貸方に金額(100,000)を記入
となります。

決算整理仕訳の記入が終わったら、整理記入欄の借方・貸方の合計金額をそれぞれ計算して締め切りましょう!

  • 貸借同じ側のときは加算し、反対側のときは差し引いて貸借対照表欄に記入
  • 莉奈ちゃん

(手順3)資産・負債・資本の各勘定のうち、整理記入が行われた勘定については、残高試算表欄と整理記入欄の金額が貸借同じ側のときは加算し、反対側のときは差し引いて貸借対照表欄に記入する

資産・負債・資本の勘定科目は現金、売掛金、貸倒引当金、繰越商品、備品、買掛金、資本金です。

今回の例では、
貸倒引当金については、残高試算表の貸方に10,000円、整理記入欄の貸方に5,000円なので、合計した15,000円を貸借対照表欄の貸方に記入します。
繰越商品については、残高試算表の借方に200,000円、整理記入欄の借方に300,000円、貸方に20,000円となっています。
このような場合には、同じサイドはたして反対サイドは引きましょう。
ですから、差額の300,000円を貸借対照表欄の借方に記入します。
備品については、残高試算表の借方に400,000円、整理記入欄の貸方に80,000円なので、差し引いた320,000円を貸借対照表欄の借方に記入します。
資本金については、残高試算表の貸方に990,000円、整理記入欄の借方に100,000円なので、差し引いた890,000円を貸借対照表欄の貸方に記入します。
引出金については、残高試算表の借方に100,000円、整理記入欄の貸方に100,000円なので、差し引くと0円となるので記入の必要はありません。

  • さかっちとわたび〜
  • 同じサイドはたし算、逆サイドは引き算をして損益計算書欄に記入

(手順4)収益・費用の各勘定のうち、整理記入が行われた勘定については、同じサイドはたし算逆サイドは引き算をして損益計算書欄に記入する

収益・費用の勘定科目は売上、仕入、給料、雑費、貸倒引当金繰入、減価償却費です。

今回の例では、
仕入については、残高試算表の借方に800,000円、整理記入欄の借方に200,000円、貸方に300,000円なので、損益計算書欄の借方に700,000円と記入します。
同様にして、貸倒引当金繰入の借方に5,000円、減価償却費の借方に80,000円と記入しましょう。

  • 祥伍くんと莉奈ちゃん
  • さかっちとわたび〜

(手順5)整理記入欄に記入のない勘定については、残高試算表欄の金額を貸借対照表欄または損益計算書欄にそのまま記入する

資産・負債・資本は貸借対照表、収益・費用は損益計算書を使うことは以前学習しましたね!
ですから、
現金については、貸借対照表の借方に300,000円、
売掛金については、貸借対照表の借方に500,000円、
買掛金については、貸借対照表の貸方に400,000円、
売上については、損益計算書の貸方に1,400,000円、
仕入については、損益計算書の借方に300,000円、
雑費については、損益計算書の借方に200,000円、
となります。

  • 損益計算書
  • 貸借対照表

(手順6)損益計算書欄と貸借対照表欄の借方・貸方の金額をそれぞれ合計し、その差額を当期純利益として、金額の少ない側に記入する

今回の例では、
損益計算書の借方の合計は1,285,000円、貸方の合計は1,400,000円です。
差額の115,000円を当期純利益として借方に記入しましょう。
貸借対照表の借方の合計は1,420,000円、貸方の合計は1,305,000円です。
差額の115,000円を当期純利益として貸方に記入しましょう。

  • 借方・貸方の各合計額が一致
  • 8桁精算表の完成

(手順7)締め切りをしていないすべての欄の借方・貸方の各合計額が一致することを確認して締め切る

これで、8桁精算表の完成です☆

簿記の“キモ”
  • 粕谷和生先生
  • 次回もお楽しみに〜!

最後に、簿記を教えて38年!粕谷和生先生に簿記のキモを教えてもらいましょう!

今回は8桁精算表について学びました。
残高試算表の金額を損益計算書または貸借対照表にスライドさせる手順がありましたね。
ポイントは同じサイドの金額はたし算逆サイドの金額は引き算です!
実は以前にも出てきた内容でしたが、みなさん覚えていましたか?

それでは次回もお楽しみに〜☆

科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約