NHK高校講座

簿記

Eテレ 夏・冬期特別講座放送
※この番組は、前年度の再放送です。

簿記

Eテレ 夏・冬期特別講座放送
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

第11回 取引の記帳

残高が少ない時でも… 〜当座借越〜

  • 簿記監修:城西大学経営学部客員教授 粕谷 和生
学習ポイント学習ポイント

残高が少ない時でも…〜当座借越〜

  • 酒井瞳さん
  • 祥伍くんと莉奈ちゃん

今日も絶好調!オーナー店長のさかっち(酒井瞳さん)。
そして、アルバイト従業員の莉奈ちゃん(松田莉奈さん)と祥伍くん(石井祥伍くん)。
今回も、3人と一緒に簿記を学んでいきましょう☆

不渡りってなに?
  • わたび〜
  • さかっちと祥伍くん莉奈ちゃん

今回「不渡り」について教えてくれるのは、公認会計士でお笑い芸人のわたび〜さん。
さて、小切手の金額は振り出した人の当座預金から支払われます。
当座預金の残高より小切手の金額が大きいと、銀行が小切手の支払いを拒絶することがあります。
これが不渡りです。
不渡りを出さないためには、当座預金の残高をいつも確かめておく必要があります。
でも“うっかり…”ということもあるかもしれませんよね。
そんなときに備えて、当座預金の残高を超える小切手を振り出しても、一定の限度額まで自動的に借入できる仕組みが当座借越です。

社会で簿記ing
  • 当座勘定貸越約定書
  • 銀行を訪れたさかっち店長

さかっち店長、さっそく当座借越の契約をするため、銀行に行ってきました☆
さて、当座借越は借入金の一種ですから、銀行に信頼できると判断された場合のみ契約ができます。
窓口に行くときには、損益計算書や貸借対照表を持参すると良いですね!
ちなみに、銀行の窓口で渡される書類には「当座勘定貸越約定書」と書かれています。
銀行側から見ると“お金を貸す”ことになるので、貸越となるのです。
当座貸越契約を結んでいる会社は信頼できる会社といえそうですね☆

当座借越の記帳
  • 当座借越勘定
  • 70,000円が当座借越

それでは、当座借越契約を結んだ場合の記帳方法を学びましょう!
使うのは当座借越勘定です。
当座借越は借入金の一種なので、負債グループの勘定です。

次の例で考えてみましょう。
6月12日 買掛金250,000円の支払いとして小切手を振り出した
当座預金残高は180,000円

さかっち商店は銀行と200,000円を借越限度額とする当座借越契約を結んでいるとします。

残高が180,000円の口座から250,000円を支払おうとしているので70,000円足りません。
この70,000円が当座借越となります。
仕訳は以下のようになります。
6/12 (借)買掛金 250,000  (貸)当座預金 180,000
                     (貸)当座借越  70,000

  • 最終的に当座預金の残高は80,000円
  • 当座借越は使わないに越したことはない!

次の取引です。
6月15日
売掛金150,000円を得意先振り出しの小切手で受け取り、ただちに当座預金に預け入れた


6月12日の取引が終わった時点で当座預金の残高は−70,000円。
つまり当座借越高70,000円ということです。
ここで売掛金の回収として受け取った150,000円の小切手を当座預金に預け入れたのですから、最終的に当座預金の残高は80,000円になりますね。
仕訳は以下のようになります。
6/15 (借)当座借越 70,000  (貸)売掛金 150,000
     (借)当座預金 80,000 


当座借越の契約をしていても、当座預金の残高をきちんと把握しておくことはとても重要です。
そして、当座借越は使わないに越したことはないのです。
忘れないようにしましょう☆

当座預金出納帳
  • 当座預金出納帳
  • 残高は借方にあるのが普通

当座預金に関する取引の明細を記録するための帳簿が当座預金出納帳です。
小切手を振り出したときには、小切手番号も忘れずに記入しましょう。
そして当座預金出納帳には「借または貸」という欄があります。
これは、残高が借方にあるか貸方にあるかを表しています。
当座預金は資産ですから、残高は借方にあるのが普通です。
貸方にあるということは残高がマイナスになっている。つまり当座借越になっているということです。

主要簿と補助簿
  • 仕訳帳と総勘定元帳の2つが主要簿
  • さかっち

簿記にはたくさんの帳簿がありますが、仕訳帳と総勘定元帳の2つを主要簿といいます。
仕訳帳と総勘定元帳にはすべての取引が記録されます。
それに対して、現金出納帳、当座預金出納帳、仕入帳、売上帳、商品有高帳などは、
取引の明細を記録して主要簿の記録を補助する役割があるので補助簿といいます。
次回以降もさまざまな補助簿が出てくるのでお楽しみに☆

簿記の“キモ”
  • 粕谷和生先生
  • 次回もお楽しみに〜!

最後に、簿記を教えて38年!粕谷和生先生に簿記のキモを教えてもらいましょう!

みなさんが持っている預金口座は普通預金が多いと思いますが、会社や商店では当座預金がよく使われます。
他にも定期預金や通知預金などがあります。

それでは次回もお楽しみに〜☆

科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約