NHK高校講座

美術T

Eテレ 隔週 木曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

美術T

Eテレ 隔週 木曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第11回 錯覚を楽しむ美術 〜だまされて“見る”楽しみ〜

問題 解答
Q1 番組の中でとりあげた「錯覚」の例として、正しいものはどれでしょうか。
  • 2つの同じ大きさのものは、どちらも同じ大きさに見える。
  • 2つの違う大きさのものは、もちろん違う大きさに見える。
  • 2つの同じ大きさのものでも、どちらかが大きく見えてしまうことがある。
Q2 番組の中でとりあげた「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の作者は、次のうち誰でしょうか。
  • 東洲斎写楽
  • 葛飾北斎
  • 歌川国芳
Q3 番組の中でとりあげた「道に描かれた、立体的に見えるブロック」の効果の説明として、正しいものはどれでし ょうか。
  • 道に段差があるように錯覚させることで、速度超過を防ぐのが目的。
  • 立体的に見える錯覚によって、運転する者の混乱をはかるのが目的。
  • 運転よりも、錯覚を楽しむことに集中してもらうのが目的。
Q1
番組の中でとりあげた「錯覚」の例として、正しいものはどれでしょうか。
  • 2つの同じ大きさのものは、どちらも同じ大きさに見える。
  • 2つの違う大きさのものは、もちろん違う大きさに見える。
  • 2つの同じ大きさのものでも、どちらかが大きく見えてしまうことがある。
Q2
番組の中でとりあげた「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の作者は、次のうち誰でしょうか。
  • 東洲斎写楽
  • 葛飾北斎
  • 歌川国芳
Q3
番組の中でとりあげた「道に描かれた、立体的に見えるブロック」の効果の説明として、正しいものはどれでし ょうか。
  • 道に段差があるように錯覚させることで、速度超過を防ぐのが目的。
  • 立体的に見える錯覚によって、運転する者の混乱をはかるのが目的。
  • 運転よりも、錯覚を楽しむことに集中してもらうのが目的。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約