NHK高校講座

ベーシックサイエンス

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:30〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

ベーシックサイエンス

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第36回 浮いたり 沈んだり 〜浮力と水深〜

問題 解答
Q1 空気の入った試験管を、水の入った容器に入れ、容器の口をゴムのふたで閉じた。ゴムのふたを押すと、試験管はどうなるか。
  • 変化なし
  • 沈む
  • 倒れる
Q2 水中の物体に、重力とは反対の向きにはたらく力を何というか。
  • 水圧
  • 斥力
  • 浮力
Q3 番組内で、1と同様の実験を深さ1mの容器で行った。ゴムのふたを押すと試験管は沈んだが、放しても試験管は浮いてこなかった。これはなぜか。
  • 水圧によって試験管内の空気が押され、空気が縮んだから
  • 50cm以上の深さになると、浮力は働かないから
  • 水深1mでは、浮力が水圧によって打ち消されるから
Q1
空気の入った試験管を、水の入った容器に入れ、容器の口をゴムのふたで閉じた。ゴムのふたを押すと、試験管はどうなるか。
  • 変化なし
  • 沈む
  • 倒れる
Q2
水中の物体に、重力とは反対の向きにはたらく力を何というか。
  • 水圧
  • 斥力
  • 浮力
Q3
番組内で、1と同様の実験を深さ1mの容器で行った。ゴムのふたを押すと試験管は沈んだが、放しても試験管は浮いてこなかった。これはなぜか。
  • 水圧によって試験管内の空気が押され、空気が縮んだから
  • 50cm以上の深さになると、浮力は働かないから
  • 水深1mでは、浮力が水圧によって打ち消されるから
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約