NHK高校講座

ベーシックサイエンス

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:30〜2:40
※この番組は、昨年度の再放送です。

ベーシックサイエンス

今回の学習

熱気球を飛ばそう! 〜空気と温度〜

Adobe Flash Player を取得
  • オープニング(20秒)
  • 今回のテーマ(40秒)
  • 空気は温めるとどうなる?(2分47秒)
  • 太陽の熱だけで気球は浮く?(2分10秒)
  • どれくらいの重さが浮く?(3分37秒)
  • エンディング(24秒)
  • 1/6
    オープニング(20秒)
  • 2/6
    今回のテーマ(40秒)
  • 3/6
    空気は温めるとどうなる?(2分47秒)
  • 4/6
    太陽の熱だけで気球は浮く?(2分10秒)
  • 5/6
    どれくらいの重さが浮く?(3分37秒)
  • 6/6
    エンディング(24秒)

今回学ぶこと
熱気球はバーナーで作った熱い空気を気球にためることで浮かぶことができる。空気は温めると軽くなるからだ。ではなぜ空気は温めると軽くなるのだろうか? また、熱気球のようにバーナーで熱い空気を作らなくても、黒いビニールシートで中の空気を温めて熱気球を作ることができる。その熱気球がどれくらいの物を持ち上げることができるか、実験で確かめてみよう。

  • 科学監修:東京理科大学教授 川村 康文
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約