NHK高校講座

現代社会

ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代社会

ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第31回 国際社会の成り立ち

問題 解答
Q1 主権国家体制について、正しいものは次のうちどれか。
  • 国家同士は対等なので、各国の主権に属することに干渉することは許されない
  • 人口が多い国は、人口が少ない国の内政に干渉できる
  • 主権国家体制は、第二次世界大戦後に確立した
Q2 主権国家の関係について、正しいものは次のうちどれか。
  • 国際社会では、外交使節による二国間外交しか方法がない
  • 現在では、日常的に多国間外交が展開されている
  • 地域機構を作る試みはされているが、実現していない
Q3 国家間の関係を律する決まりについて、正しいものは次のうちどれか。
  • 条約は、国際法にはならない
  • 国際法に違反した場合、その違反した国に国際法を強制できる
  • 国際法には、合意がなくても多くの国々が従う慣行としての国際慣習法が認められている
Q1
主権国家体制について、正しいものは次のうちどれか。
  • 国家同士は対等なので、各国の主権に属することに干渉することは許されない
  • 人口が多い国は、人口が少ない国の内政に干渉できる
  • 主権国家体制は、第二次世界大戦後に確立した
Q2
主権国家の関係について、正しいものは次のうちどれか。
  • 国際社会では、外交使節による二国間外交しか方法がない
  • 現在では、日常的に多国間外交が展開されている
  • 地域機構を作る試みはされているが、実現していない
Q3
国家間の関係を律する決まりについて、正しいものは次のうちどれか。
  • 条約は、国際法にはならない
  • 国際法に違反した場合、その違反した国に国際法を強制できる
  • 国際法には、合意がなくても多くの国々が従う慣行としての国際慣習法が認められている
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約