NHK高校講座

現代社会

ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代社会

ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第26回 自立した消費者への道

問題 解答
Q1 消費者主権について間違っているものは、次のうちどれか。
  • 消費者主権とは、市場経済で企業が何をどれだけ生産すべきか、消費者が最終的に決定する権利を持っていること。
  • 情報の非対称性は、消費者にとってのぞましいものである。
  • 消費者が商品について正確な情報を知って、計画を立てて、消費を実行することが大切である。
Q2 消費者行政と法制について、正しいものは次のうちどれか。
  • 一定期間内であれば、無条件に撤回や解約ができる「クーリングオフ制度」がある。
  • 製造物責任法では、製造物の欠陥による被害に対しては、消費者に過失があるか、ないかにかかわらず、損害賠償責任を負うことが定められている。
  • 消費者が自主的・合理的に行動できることを促す自立支援という観点から、消費者基本法が2004年に消費者保護基本法に改正されている。
Q3 消費者の権利を守るために大切なことは、次のうちどれか。
  • 商品の産地偽装問題、消費期限切れの商品の流通経路などを明らかにする「トレーサビリティ制度」を廃止すること。
  • 消費にかかわることでおかしいと思ったら、国民生活センターや消費生活センターにすぐに相談することが大切。
  • 商品の情報は、悪用される恐れがあるので消費者には開示しないこと。
Q1
消費者主権について間違っているものは、次のうちどれか。
  • 消費者主権とは、市場経済で企業が何をどれだけ生産すべきか、消費者が最終的に決定する権利を持っていること。
  • 情報の非対称性は、消費者にとってのぞましいものである。
  • 消費者が商品について正確な情報を知って、計画を立てて、消費を実行することが大切である。
Q2
消費者行政と法制について、正しいものは次のうちどれか。
  • 一定期間内であれば、無条件に撤回や解約ができる「クーリングオフ制度」がある。
  • 製造物責任法では、製造物の欠陥による被害に対しては、消費者に過失があるか、ないかにかかわらず、損害賠償責任を負うことが定められている。
  • 消費者が自主的・合理的に行動できることを促す自立支援という観点から、消費者基本法が2004年に消費者保護基本法に改正されている。
Q3
消費者の権利を守るために大切なことは、次のうちどれか。
  • 商品の産地偽装問題、消費期限切れの商品の流通経路などを明らかにする「トレーサビリティ制度」を廃止すること。
  • 消費にかかわることでおかしいと思ったら、国民生活センターや消費生活センターにすぐに相談することが大切。
  • 商品の情報は、悪用される恐れがあるので消費者には開示しないこと。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約